2007/4/11

処分撤回を求めて(35)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。(転送・転載歓迎。重複はご容赦下さい。一部報道関係者にも送信しています。)
被処分者の会近藤です。

「処分撤回を求めて(35):入学式でも不服従の抵抗継続」を配信します。

■都立高校入学式でも不服従の抵抗継続

●4月8日の都知事選では、石原が三選されるという残念な結果に終わりました。
 「日の丸・君が代」強制の問題が、争点の一つに浮上していただけに、10・23通達が象徴する都教委の教育破壊の暴圧がますます強くなることを懸念しています。東京都が、9・21東京地裁判決に対する高裁控訴を「取り下げる」ことはないので、不当処分撤回のためには、これからの各裁判・人事委員会審理を勝ち抜いて行かねばならないと決意を新たにしています。
●一方で政府・与党は「改憲手続法案(国民投票法案)」の今国会での強行成立を狙って急ピッチで(強引に)国会審議を進めようとしています。

●さて、都知事選翌日の4月9日、都立高校の入学式がほぼ終了しました。
●「いかなる処分もしてはならない」とする9・21判決に対する様々な「逆流」の中でも、都立高校の入学式では、自らの「思想・良心」に従って不服従(不起立など)を貫いて抵抗した仲間が出ています。
●例年の日程では、都教委は、5月24日(木)の定例会で入学式の処分を決定し、5月25日(金)に処分発令を強行することが予想されます。

●都教委が、9・21判決を無視して、卒業式に続いて入学式の処分を強行するなら、被処分者の会は、断固たる抗議行動を展開します。

■こうした情勢の中で、以下の裁判・人事委員会審理が「反転攻勢」の場として重要になっています。多くの傍聴・支援をお願いいたします。

2007/4/11

上田知事発言  
知事への提言 これは上田知事の行政私物化
Date: Sat, 7 Apr 2007 06:35:47

弁護士等どなたか教えてください。 石垣

埼玉県上田清司知事発言
>自衛官の人は大変ですよ。平和を守るために人殺しの練習をしているんですよ、

この発言に対し、メールで抗議したら県の広報課から下記弁明のメールが返送されました。
このように県の広報課を使って知事発言の弁明文を流す、「県の職員に仕事をやらせる」ことは知事の行政の私物化と思いますが。どなたか法的なこと、わかりませんか。
知事が弁明し、それをマスコミが報道する、または知事が職員を使わず、上田清司個人が抗議してきた方に返事を出す、ということなら理解できますが。

---------------------------------------------------------------------------

 メールありがとうございました。
 この件に関しては、4月3日の定例記者会見で不適切な発言であったことをお詫びし、その発言の真意を御説明しました。
 御参考のために、4月2日の新規採用職員就任式での私の発言と4月3日の定例記者会見での私のコメントを送らせていただきます。
 また、私の発言に対する久間防衛大臣の記者会見の要旨を併せてお送りいたします。
 今後、発言に当たりましては、誤解を生じることのないよう十分注意してまいりたいと思います。
 引き続き、御意見御提言をいただきますようよろしくお願いします。
 平成19年4月6日
                       埼玉県知事 上田 清司
---------------------------------------------------------------------------
平成19年度 新規採用職員就任式における知事あいさつ(抜粋)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ