2007/4/16

ブラウス裁判支援集会  
 ◎ 4.21市民集会に集まろう! ◎

  ★ 4月21日(土)18:30〜21:00 ★

    東京芸術劇場・中会議室(池袋駅徒歩2分)
   ●山田昭次さん「日の丸・君が代」の現在的意味
   ●北村小夜さん戦後教育における「日の丸・君が代」


 4月21日,夕方18時30分から,東京芸術劇場(中会議室)において,「処分撤回,最高裁で勝利するぞ・市民集会」を開きます。
 ぜひともご都合をつけ,参加してください。今回は二重の意味で重要な集会となります。
 一つは,大泉ブラウス裁判が最高裁での闘いに移り,限局された中での精一杯の取り組みをするためにどうすればよいか,みなさんと共に考え歩み出す出発の集会であるということです。ぜひアイディアを持ち寄ってください。
 もう一つは,07年3月22日卒業式での不起立によって,渡辺さんは3月30日「停職1か月」の処分を受けており,北養護学校校門へ出勤闘争をしている渦中の集会であるということです。
 彼女の不服従の闘いを支えていくために校門出勤闘争の報告を聞くとともに,いかなる支援をしていけるのか考えあいましょう。
 そのような重要な支援集会となります。こうした大きな意味をもつ本集会だからこそ「日の丸・君が代」問題の根源的な意味をとらえかえすために山田昭次さん,北村小夜さんをお招きしました。
 山田昭次さんは,金子文子の研究で有名ですが,ハンセン氏病療養所「全生園」に聞き取り調査を長年継続されていること,徐兄弟の救援活動でも地道で誠実な取り組みをされたことなども広く知れ渡っています。日本の侵略,戦争責任の問題に誠実に向き合ってこられました。
 渡辺さんは山田昭次さんに「日の丸・君が代の歴史の現在的意味」について意見書をお願いしています。昨年は,日の丸・君が代強制を憂慮する会を立ち上げ,民が代通信を発行し闘ってくださっています。
 北村小夜さんは,「障がい児を普通学校へ全国連」の世話人として活躍され,80歳を過ぎてなおかくしゃくとあらゆる裁判,抗議行動に駆けつけてくださっています。

2007/4/16

国会速報No.28  ]平和
憲法審議ってば、今どうなってるの?
(以下、ぜひ転送お願いします)

----------------------------------------------------------------------
憲法審議ってば、今どうなってるの?国会速報No.28(07/04/16)
 <国民不在の国民投票法(憲法改正手続法)>〜 弁護士 猿田佐世 〜
----------------------------------------------------------------------

★★★★★★★★
 ●参議院、4月16日で本会議で趣旨説明、委員会開始
 ●郵政でひっくり返せて憲法でひっくり返せないわけはない!
 ●日弁連のイベントも来てね!(4月21日(土)1時〜5時・東京霞ヶ関)
                            ★★★★★★★★

●速報
 参議院の理事懇が、4月13日午後開催され、今後の予定が一部決定された。
 4月16日(月曜)11時から参議院本会議で法案趣旨説明(傍聴希望は下記↓)。午後、委員会開催予定。
 憲法特委の関谷委員長(自民)が繰り返し「慎重審議を約束する」と述べている状況で、16日に開かれる委員会では、まだ具体的な法案の内容には入らない予定ではあるが、18日(水)には、実質審議に入りそうな見込み。詳細は、16日の委員会の後に開かれる理事懇にかかっている。
 そもそも、憲法調査会で国民投票法の話が少しなされていた衆議院と違って、参議院でこの法案の話がされるのは、ほぼ全く今回が初めてである。ゼロからの議論スタート。これは、根本的に衆議院と参議院は異なる。
 にもかかわらず、連日の委員会開催で5月3日までに成立とかふざけた報道もなされているが(そんな報道してないで「最低投票率がなくていいのか?」とか報道してくれ)、連日の審議開催なんて、そもそも慎重審議の姿勢を欠いている。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ