2007/4/30

5・3憲法集会  ]平和
 ◆2007年 5・3憲法集会&パレード

 とき  ◆5月3日(木・休)12時開場、1時〜集会 *3時〜銀座パレード
 ところ ◆日比谷公会堂(都営地下鉄「内幸町」2分、日比谷公園内)
 スピーチ◆植野妙実子さん(中央大学教授・憲法学)浅井基文さん(広島平和研究所所長)福島みずほさん(社会民主党党首)志位和夫さん(日本共産党委員長)
 主催  ◆5・3集会実行委員会(tel.03-3221-4668)

◆5・3憲法集会実行委員会からのアピール
 「生かそう憲法、守ろう九条 改憲手続き法はいらない
  2007年5・3憲法集会&パレード」

 を共同の力で大きく成功させましょう


 今年の五月三日は憲法施行六〇周年です。「任期中の改憲」を公言する安倍内閣は、この日に向けて改憲手続き法を成立させようとする動きを強めています。世論の反対を無視し、米国のブッシュ大統領はイラクへの軍隊の増派を進め、いちはやくこれを支持した安倍内閣は、米国が要求する集団的自衛権の行使、「戦争のできる国」づくりをめざして、9条改憲をねらっています。

 私たちはこうした中で開催する「二〇〇七年憲法集会&パレード」を、多くの皆さんの協力で例年の集会を大きく上まわる一万人規模の取り組みとして成功させ、改憲の流れを跳ね返す契機にしたいと思います。

 「5・3憲法集会実行委員会」はこの六年余、各界のみなさんのご協力のもとに、文字通り「憲法改悪に反対する」という一致点を大切にし、思想・信条・立場の違いを超えた共同行動を作り、育ててきました。近年、全国各地でもこうした共同の流れが大きくなりつつあります。今こそ、こうした運動をさらに大きく発展させようではありませんか。

2007/4/30

4・22集会記事  X日の丸・君が代関連ニュース
 式での起立「不服従」が昨年上回る
  都教委包囲ネットが集会


 都教委包囲首都圏ネットワークは、卒・入学式闘争を総括し、教育3法を阻止する集会を、4月22日東京都内で120人が参加して開いた。
 集会は、@卒・入学式の闘いの総括、A教育三法との闘い、B改憲手続き法との闘いの3つの柱で行われた。

 卒・入学式については、被処分者の会の近藤徹事務局長から全体的な状況が報告された。「今年は卒業式での不起立35名(昨年33名)入学式での不起立6名(昨年5名)で昨年を上回る人びとが、”不起立”という形での抗議の意思表示をした。今回の被処分者の圧倒的多くの人たちは人事委員会に不服審査を申し立てることにしている」。
 そして、今回の被処分者が発言した。
 そのなかで根津公子さん(停職6ヵ月)は、「すでに学校では”少国民”が作られつつある。この間の情勢の変化は激しい。このままでは、子どもたちを戦場に送るようなことになる。自分は今度は免職になるかもしれない。こうした動きを食い止めるために、ぜひたさんの仲間が”不起立”で抗議の意思表示をしてもらいたい。そうすれば自分も免職にならないですむ」と語った。
 河原井純子さんは(停職3ヵ月)は、「停職中、全国行脚に出て行き、全国の仲間に今の異常な状況を訴えたい。たとえ少数の方々の集まりでも行きます。そのためにぜひ協力していただきたい」。
 渡辺厚子さん(停職1カ月)は、「門前登校をはじめたらいろいろな人が話しかけてきてくれる。何事もないかのように過ぎていく情勢と人びとの意識に対し、不起立をすることで問題を提起していきたい」と語った。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ