2007/7/30

藤田の日記  [藤田の部屋
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2007/07/18(水)     東京高裁、公判日程
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 板橋高校卒業式事件、控訴審

  第1回、10月2日(火曜)、13時30分〜15時30分、101号法廷

  第2回、11月20日(火曜)、13時30分〜16時30分、101号法廷

  第3回、12月6日(木曜)、13時30分〜16時30分、101号法廷

 東京高裁刑事10部、須田裁判長


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2007/05/23(水)     「お前の名前は何というのだ」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 検察がこんな証拠を出してくる、或いは出したと世間に言うことは罪となるのか。 裁判の公開が憲法によって保障されているということは、裁判は常に市民の監視下にあるということである。 ならば市民はその証拠を検討出来なければ意味がない。

2007/7/30

介護労働者  ]U格差社会
 ☆ 介護労働者 ☆
 制度矛盾 貧困しわ寄せ


 「この時間は、ヘルパーとして稼働していないんでしょ?」。訪問介護大手コムスンの事業所幹部だった高橋久子さん=仮名=は数年前、あるホームヘルパーの女性の残業代をカットするよう上司の地域統括担当者からそう迫られた。

 そのヘルパーは正社員でほぼ毎日、朝六時半から夜十時半まで約十六時間も働いていた。だが、そのうち昼食後から夕方までの三−四時間について、上司は勤務実態を疑っていた。

 事業所には他に時給制の日勤のヘルパーしかおらず、そのヘルパーが長時間労働を承知で早朝と深夜をほぼ一人でカバーしていた。高橋さんは「夕方からの仕事に備えて休むのに必要な時間です」と抵抗、上司の要求を押し返した。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ