2007/8/12

葛飾ビラ配布事件  ]平和
 ★ 葛飾ビラ配布事件 ★
 東京高裁第6刑事部 池田修裁判長 102号法廷
 第2回2007年9月11日(火)午前10時開廷
  検察側証人調 マンション設計士
  ※傍聴券なし、直接法廷前に並んでください。


◆ 闘いは第2ラウンドへ
                     主任弁護人 中村欧介

 2006年8月28日,東京地方裁判所刑事第12部は荒川庸生さんに対して,「無罪」判決を言い渡しました。当然の結論であるとはいえ,板橋事件や国公法堀越事件と不当判決が続く中にあって,画期的な判決であったといえます。しかし,何としてでも自由なビラ配布を許さすことなく取り締まりを強め,政府に対する批判的言論に圧力をかけ続けたいと考える検察官は,9月1日に控訴しました。東京高等裁判所に舞台を移して闘いは続くことになりました。
 今回の無罪判決は,@平穏な内容のビラをドアポストへ投函する目的で昼間の時間帯に共用廊下等に立ち入ることは,プライバシー保護や防犯意識の高まりを前提としても,刑事処罰の対象とする違法行為であると見るような社会通念は確立しておらず,A荒川さんの行為は「正当な理由がないのに」住居に侵入したとは言えないので,住居侵入罪が成立せず無罪である,と結論づけています。裁判所が,このようにマンション居住者側の事情にも配慮しつつ極めて常識的な判断に至ったのは,「ビラ配布の自由を守る」ために傍聴席を埋め尽くし,裁判所へ署名や手紙を送り続けた皆さんによって,「世の中の常識」が裁判所に伝わった成果に他なりません。

2007/8/12

国公法弾圧堀越裁判  ]平和
 ★ 国公法弾圧堀越裁判 ★
  いよいよ闘いは高裁の場へ
  高裁での第1回公判は10月10日に決まる


 6月27日に開かれた進行協議(裁判所、弁護団、高検の3者が出席)で、第1回公判は10月10日(水)午後1時15分、東京高裁102号法廷(裁判の傍聴券はありません)。弁護団の控訴趣意書陳述と堀越さんの陳述。

 2回目以降は公判日程も含めて正式決定は第1回公判になりますが、第2回12月12日(水)、長岡徹(関西学院大学教授・憲法・120分)、第3回2月6日(水)、山瀬徳雪行(国公労連副委員長・120分)、第4回3月26日(水)、岡田正則・早稲田大学教授・行政法・120分)の予定です。その後の公判は未定。

  ★ 守る会第4回定例総会 ★の日程決まる
  9月27日午後6時30分から 全労連会館2階ホールにて開催決定。

  高裁での第1回公判10月10日を2週間後に控えた日になります。
  高裁で逆転勝利の判決勝ち取る為に、守る会会員拡大、署名・カンパの推進など運動の高揚の中で第4回総会を成功させたいと思っています。
  多くの皆さんのご協力をお願いすると共に、総会への参加をお願い致します。
  まだ、守る会会員になっていない方も参加いただきたいと思います。守る会会員入会の受付は会場でも行っています。


◆「守る会ニュース bR5」から


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ