2007/8/25

人事委員会審理傍聴者の声 その(32)―2  X日の丸・君が代関連ニュース
★8.23 人事委員会傍聴者の声 その(32)―2

*「齋藤光一校長の証言について。
 被処分者が体調を壊したり、病気になったりしていることをどう思うかとの質問に、『職務を行っただけで・・・』と答えていましたね。
 こういう返答をしたのは齋藤校長だけでなく、今までの人事委員会審査で何人もの校長が同様の質問に同様な回答をしていたように記憶しています。
 結果責任に対する倫理性の欠如というか、想定される事態への責任意識の放棄というか、校長といわれる人の人間性への不信感は強まるばかりです。
 証言後、齋藤校長は休憩所で休んでいました。二三言、言葉を交わしましたが、悪びれている様子は全くありませんでした。人事委員会審査は裁判の一形態ですから、良いか悪いかを決める場ですよね。校長の結果責任についてはもっと追求した方が良いように思います。校長のおかげで何百人もの人が職を失い、体調を壊して病気になっているんですから・・・。
 校長だけが悪いなんて思ってもいませんから、校長には可哀そうですけれども、結果責任をとことん追求しないと校長の後ろに控えている都教委の姿が見えてこないんじゃないかと思います。
 酷暑の中、原告団はじめ皆さんのご奮闘に心から敬意を表します。」   (棚井行隆 元都立高校教員)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ