2007/8/26

8/27都教委包囲アクション  ]平和
  ☆ 8/27 都庁包囲アクション ☆
 処分処分と暴走する都教委を止めよう!


 日時 2007年8月27日(月)午後4時〜6時
 場所 都庁前に集まれ(都庁通り・第二庁舎前)
 内容 要請・抗議行動 その後集会(6時半〜)
     参院選挙後の情勢下で、私と私たちに求らられる闘い


■安倍内閣は「戦後レジュームからの脱却」を言って、教育基本法と教育関連3法を改悪した。改憲のための「国民投票法」を成立させた。安倍は戦前への回帰をめざしている。
■「日の丸・君が代」を強制し、愛国心教育と競争原理と能力主義=学力至上主義をもって平和教育、人権教育を後ろに追いやり、戦後民主教育をファッショ的教育に変えようとしている。
■副校長、主幹、指導教諭を置き、学校を上命下服のピラミッド型の管理・統制の場にしょうとしている。
■教員免許更新制を導入して、教員を差別・選別し、権力に都合の悪い教職員を「不適格教員」として免状ごと学校現場から排除しようとしている。
■文部科学大臣の権限を「教科」から「教育課程」に拡大し、「是正指導だ」といって教育活動に全面的に介入できるようにしょうとしている。
■これら国がやろうとしていることは、すでに「東京都の教育」が先行実施していることだ。
■いま東京都は「統括校長」と「主任職」の導入を決めた。東京都の学校は6段階の職務職階制になり、その上、「C、D評価」で実際にはもっと細分化された支配の網がかけられる。教職員の対等な協力・協働体制による教育は破壊される。
■都教委の行っている処分・処分・処分は教育とは無縁である。都教委の暴走は子どもたちを権力の前にひざまづかせようとするものでもある。

2007/8/26

学校ユニオン都教委要請  \増田の部屋
こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です! 重複・長文、ご容赦を。

 さて、8月27日に行われる都教委包囲アクションで、東京都学校ユニオンとして、都教委要請を行うことになりましたので、以下の「要請文」を考えて見ました。

東京都教育委員会
 木村 孟 委員長殿
 中村正彦 教育長殿
2007年8月27日

要 請 書

全労協・東京都学校ユニオン
委員長 増田都子

 以下について、8月27日の要請を行う際、必ず、担当課・担当課長名を明記した文書で、かつ当該課長同席の上での回答を求める。

1、本年5月31日付「新しい歴史教科書をつくる会」会長声明によれば、扶桑社自身が、扶桑社「つくる会」教科書は「各地の教育委員会の評価は低く、内容が右寄り過ぎて採択が取れない」ということを認めている。
 版元の扶桑社自身が現行の「つくる会」教科書(扶桑社版)は『右より過ぎ』ダメ教科書だと主張しているにもかかわらず、貴教委は7月26日、6人の教育委員の満場一致で、何一つ論議せず、08年度の都立中高一貫校5校に採択する、という暴挙(愚挙)を行ったが、扶桑社自身が『右より過ぎ』すなわち『右翼偏向』と認める教科書を、「最も適切な教科書」と判断した理由を明らかにされたい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ