2007/8/30

人事委員会審理傍聴者の声 その(33)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ★ 05年処分撤回請求 人事委員会審理傍聴者の声 その(33)【2007・8・28】
 保護者や元PTA会長の尋問は憲法・人権に基づき素晴らしいものでした!
 ★ 8・28入学式Bグループ第3回


 証人尋問:橋本三男(多摩工業高校校長):清原敬一(羽村高校校長)処分時


*「保護者や元PTA会長が尋問する審理をはじめて傍聴した。参加され、尋問されたことに心より敬意を表する。この国歌強制問題は、教職員だけの問題ではなく、実は一番影響を受けるのは生徒であり、国民なのであるから、保護者、PTAの発言、意見表明が行われたことは大変素晴らしいことであると思う。このことは多くの人に知らせたいと思う。元校長はもっと勇気を持って都教委の強制の実態を明らかにして欲しいものである。この元校長は、決して都教委のやり方に納得しているわけではない事は、言葉の端はしに、にじみ出ていた。一般にも理解できるような、『都教委の不当介入』を証言して欲しかった。校長も歪められた教育行政の犠牲者という面もあるのだから。」
     (平松辰雄 嘱託解雇裁判原告)

*「保護者のSさんの質問により、校長にとっては、通達の完全実施が、自分自身の教育理念に優先するということが明らかになった。『尊敬できるのではないか』という校長の背信を目にする事になってしまった、Sさんの無念さがよく理解できる。
 教職員を苛酷に処分し続けるまで『君が代』起立・斉唱を徹底させなければならないとする、都教委の教育理念を明らかにして欲しい。都教委の茶番がなければ本日尋問の、二人の校長とも、『ちょっとイイ先生』でいられたであろうに...。都教委は、全く許せない。」
     (納村万智栄 府中「君が代」処分を考える会)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ