2007/8/31

田畑裁判ミニニュース  ]平和
◎次回13回裁判一証人採用など審理傍聴よろしく!
 9/25(火) 11時〜11時半東京地裁627法廷


 <田畑先生の再雇用拒否の真相を究明する会>
 ◎ミニニュース 新19号 07.8.18

 7/24の尋問 満員の傍聴席の中で
 またまたウソを重ねた 中神校長!


●「今度の証言が本当です」と、先行訴訟の証言を否定
 中神は、新しい陳述書で作り上げたウソをペラペラ喋り、田畑さんの代理人に矛盾を指摘されると「お陰様で思い出しました。今回が正しい記憶です。」と誤魔化しました。
 前回は「7年前のことですから記憶をたどっても分からない」と言っていたのに、今回は、12年前のことを、事細かに田畑さんが如何にひどい教師であったかを述べました。

●田畑さんは、新証拠を提出〜中神動揺
 田畑さんは、貴重な次の証拠を提出することができました。
 ◇中神が、教頭時代に一般教員になりすまして自分をほめた情報を発信した事実を書いた陳述書
 ◇答辞を読んだ生徒が、初めから他の教師に指導されたという事実を書いた陳述書。〔中神は、先行訴訟で田畑さんが答辞担当だったのに仕事をせず、学年の教師に負担がかかった」と虚偽を述べて非難。〕

2007/8/31

厳しい介護労働  ]U格差社会
 ◆ 介護の現場から見えてくるもの
 「介護は信頼関係」と言うが人間性のかけらもない業務


 ◆ 誰も看取らずに亡くなる


 63歳の女性Aさんは喘息が持病であった。要介護1、1週間に2回(身体、家事含めて2時間)だったが、それは介護制度が変更される前だから、現在ならば家事1時間身体30分と区分されるだろう。
 生活保護を受けていて、ケア内容は近くのスーパーへ買物、掃除(部屋2、台所、トイレ、風呂)、洗濯、蒲団干しなど、ガスは止められていたので調理をすることはできなかった。
 食事は朝がパンー枚、レタスにコーヒー、昼は外食していたが、歩行困難となり配達の弁当に変える(昼半分、夜半分)。アパート代が3万5000円、光熱費1万円、食費、通院、薬代、日用品などで5万円。
 Aさんの所に訪問しはじめて間もなく、なかなかせきが止まらず微熱が続くので入浴はなしになり、清拭する。しかし、きれい好きなので、頭が洗いたいときには、浴室で洗髪する。

 ◆ 喘息でなく肺癌

 近所の主治医に症状を伝えると、薬を変えるだけなので、本人も不安になり病院に連れて行ってほしいと頼まれる。この旨を事業所に伝えると、自分の車は使わずタクシ!で行くようにと言われた。このことを言うと、タクシー代もないと言う。
 仕方なく自分の車で病院に連れて行きレントゲン検査をした。その結果は、末期の肺ガン。家族に伝えようとしたら、兄はいるが病気ということだった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ