2007/12/7

葛飾ビラ配布弾圧事件・判決  ]平和
 ■ 葛飾ビラ配布弾圧事件・判決

 いよいよ判決!
 07年12月11日(火)午後1時30分〜 東京高裁102号法廷

 午後1時10分までに正面玄関向かって右手の3番交付所にお集まりください。傍聴券が発行されます。
         ※その後、抽選で傍聴者が決まります。

 ★12月27日判決報告集会  午後6時半から葛飾亀有地区センター

 第3回公判(10/30) 公判報告
 ■ 完全なる勝利を!

主任弁護人 中村欧介
1 控訴審での主張・反論
 控訴審は、第1審判決の当否を判断する「事後審」と呼ばれる手続です。昨年8月28日の画期的無罪判決に対し、検察官は、@刑法130条前段の解釈に「社会通念」という曖昧な概念を持ち込んだ法令適用の誤り、Aビラ配布目的での立ち入りが犯罪と見なされる「社会通念」は確立していないとした事実誤認、B条文上要求されていない立入禁止意思の外部への表示を要求した法令適用の誤り、C本件マンションでは立入禁止意思が外部に表示されていないとした事実誤認、という4つの「誤り」があると主張しました。
   これに対し、弁護側は、@一般国民に適用される刑法解釈に「社会通念」が関係するのは当然である、A日常的に行われているビラ配布が犯罪視されていないのは当然である、B本来処罰されない行為の例外的処罰要件であれば外部への表示が要求されるのは当然である、C本件マンションの管理状況等から立入禁止意思が表示されていないのは明らかである、と反論したのです。

2007/12/7

石原フランス語侮辱発言訴訟  Y暴走する都教委
 ■ 石原フランス語侮辱発言訴訟・判決

 「私はフランス語昔やりましたが、数勘定できない言葉ですからね、これはやっぱり国際語として失格しているのもむべなるかなという気がする…」(2004/10/19)


 2007年12月14日(金) 13:15〜
 東京地方裁判所627号法廷にて、本件の判決が下されます。


賛同者の皆さまへ

 2005年7月13日、私たちが最初の訴えを東京地裁に起こしてか ら2年半の月日が流れました。提訴は、当時、マスコミでも大きく報じられ、東京都知事がフランス語という言語、フランスの国、そして すべてのフランス語使用者たちに対して行った、不当、愚昧、かつ無責任な発言の所在を広く知らしめることができました。
 その後、さまざま予想外の展開もありましたこの訴訟をつうじて、私たちを支え、勇気づけてくださった数多くの賛同者の皆さまに、今、心からお礼申し上げます。皆さま、すでにご承知のとおり、来る12月14日、東京地裁で判決が言い渡されることになっており、私たちの闘いは終点に到達します。
 この長い闘いを締めくくるに際して、来る14日、皆さまと共に、勝利を祝うにせよ、敗北と絶望の涙を分かち合うにせよ、多くの方々に傍聴席に足を運んでいただきたく、ここに最後のお願いを申し上げる次第です。
 判決の中身如何にかかわらず、お一人でも多くの方の傍聴が、私たちにとって、貴重な精神的支えとなります。なにとぞよろしくお願い申し上げます。
石原都知事のフランス語発言に抗議する会
代表 マリック・ベルカンヌ


タグ: 再雇用廃止


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ