2007/12/28

増田の近現代史講座の感想&次回  \増田の部屋
こんにちは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! 重複・長文、ご容赦を!
 以下、熱心な受講者の方の感想&次回ご案内です。「教師冥利に尽きる」!という言葉を思います。

 <増田先生の社会科授業第7回 「民族独立運動と大正デモクラシー」 感想(1)>

 次回は2008年1月26日(土)東我孫子のこもれび近隣センタ―にて。(いつもと違う会場ですのでご注意ください!)
 テーマは「映画『ガンジー』鑑賞&明治〜大正を振り返って」です。


● 東京市電労働者千人ストの真っ最中に明けた1912年。大逆事件で幸徳秋水ら12名が刑死させられた時代の暗雲を突き破るがごとき民衆の台頭!大正はこの年に始まり、治安維持法と普通選挙法制定の翌年に終りました。これらが象徴するとおり、大正時代は民衆と支配者の激しいせめぎあいの時代でした。なぜ民衆は敗れたのか。そのことを突き詰めていけば、今日なお有意義な教訓が得られるに違いありません。大正時代はもはや現代の入り口そのものなのだから、忘却は身の破滅なのだから、私たちはしっかり学んで伝え合っていかなければと思いを新たにするものです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ