2008/6/30

【判決文検分14】  W板橋高校卒業式
 「板橋高校『君が代』刑事弾圧裁判」最高裁勝利に向けて
 ☆★☆ 君が代強制に刑事罰!!不当判決抗議集会 ☆★☆
  7月4日(金)
18:00〜  グリーンホール701
  (東上線大山駅、三田線板橋区役所前駅)
  ★鎌田慧さんのお話し、★弁護団の解説、☆「判決文全文」を資料として配付!


クリックすると元のサイズで表示します
「津別峠の夜明」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》

 ◎ ICレコーダーなるもの!

 都教育庁、指導主事・鯨岡は都立高校の卒業式の監視の任を帯び、服に録音機を忍ばせて、密かに録音する。
 このICレコーダーには、都立杉並高校の卒業式もまた録音されている。
 これは、「盗聴」ではないのか。

 「盗聴」した物を、警視庁公安二課に差し出す。
 いつから教育庁の指導主事は、公安の手先と化したのか。

 このICレコーダーは編集が自在である。
 音声を大きくしたり小さくしたり、カットしたり入れ替えたり何でも出来る。
 そしてまた、デジタル録音においてはその編集の顛末を証明することは至難である。

続きを読む
タグ: 板橋高校

2008/6/29

都教委糾弾ビラまきに、ご参加を!  \増田の部屋
 ● 都教委糾弾ビラまきに、ご参加を!

こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! 重複・長文ご容赦を。
 毎月末恒例の都教委糾弾ビラまきを、今月は30日(月)8:00〜9:00都庁第二庁舎前で行います。ご都合のつく方は、参加ご協力お願いします。以下は、ビラの内容です。

 「東京都教育委員会、違法」と確定!
 都教委はコンプライアンス精神ゼロ、規範意識ゼロ!?

●増田都子さんの個人情報漏えい糾弾裁判、最高裁で勝利!

 本年6月10日、元千代田区立九段中社会科教諭・増田都子さんの個人情報を都教委が土屋たかゆき、古賀俊昭、田代ひろしの3人の右翼都議に漏えいしたことにより、増田さんが都個人情報保護条例違反で告発していた裁判について、最高裁は都教委の上告を却下し「都教委の違法行為」による「賠償金22万円の支払い」命令が確定しました。

2008/6/29

モラルハザード都教委  \増田の部屋
 ● モラルハザード都教委チビ官僚!?

こんばんは犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です!
 先日ご報告しました6月20日の都教委要請行動に初参加の練馬の方から、以下のような感想が送られてきました。許可を得ましたので、ご紹介します。

 やはり、「通常の規範意識」の持ち主には、違法行為を犯し最高裁でそれが確定しても「カネは払うが謝罪はしない」などという東京都教育委員会のチビ官僚たちのモラル・ハザードは、理解できませんよね? なんとか、この実態を広く都民に知らせたいのですけど・・・

●増田様
 当日は、八ッ場ダム裁判証人喚問の傍聴を途中退席し参加しまたので、途中からとなり失礼致しました。都教委・黒田情報課長と増田さんとの、やり取りを聞いていて収まらずつい手を挙げ発言してしまいました。(静かに聞きに行った筈なのに)

2008/6/29

嘱託採用拒否撤回裁判  X日の丸・君が代関連ニュース
 《 嘱託採用拒否撤回裁判 》
 ▲ 控訴審 第1回口頭弁論(6月5日)報告
 いよいよ控訴審始まる!
 "一回結審"をさせず。次回以降大法廷を要望


 6月5日、地裁判決(2月7日)を受けて原告・被告双方が控訴した「嘱託採用拒否裁判控訴審」の第1回の口頭弁論が、東京高裁で開かれました(※原告とは一審原告の私たち、被告は一審被告の都側)。
 東京「君が代」裁判の口頭弁論があったばかりのお忙しい中、41人しか入れない狭い法廷に90人以上もの方々が傍聴支援に駆けつけてくださり、いつもながら感謝の念に堪えません。当初、20〜30分位で終わる予定でしたが、意外にも裁判長からの質問が長引き、傍聴抽籔に外れた方々に報告集会まで長くお待たせすることになり申し訳ありませんでした。

 この控訴審を担当する稲田裁判長と右陪席の足立主任裁判官は、今年3月の国立二小ピースリボン裁判の判決で、まったく行政側に立って原告を敗訴させた"最悪"のスタッフです。「とぼけた中に狡猾さの見え隠れする裁判長」という声もきかれました。その裁判長から質問の多発ではありましたが、1回でいきなり結審という最悪の事態だけはとりあえず免れ、ほっとした幕開けでした。

 この日の口頭弁論は、初めに原告のH(元日野高校)とA(元小松川高校)の二人が、それぞれ7分ずつ意見陳述をし、秋山弁護士が7分の弁論陳述をしました。
 例によって都側からの陳述はなく、予定ではここで終わるはずでしたが、裁判長から原告側に「憲法19条の主張と教育基本法10条の主張はどういう関係か」「校長に裁量がないと言うが、どのことを言っているのか。例えば,教科書を一切使わない裁量はないだろう。学習指導要領を全く無視して良い裁量はないだろう」といった質問がなされました。


2008/6/29

軍事費と税金  Z国際人権
 ★ 憲法第9条(平和)が脅かされると、第25条(生存権)も危ない!
 社会保障費削減・増税分が、米軍支援と軍事費に回る!

クリックすると元のサイズで表示します

 2008年度予算案の軍事費は、前年比でわずかO.8%減の総額約4兆7426億円。だが、頭金だけ払ってツケを残す後年度負担額は逆に1.9%増加して1兆8330億円にも達し、主に海外派兵型の高額な最新兵器の購入にあてられる。
 さらに、本当に必要があるのかどうか、あるいは実用化できるのかどうかもわからないミサイル防衛関連費に1338億2700万円も投入した。
 これとは別に、思いやり予算2083億円基地周辺対策費1174億円など、総額で4544億円もの世界でも例がないほど高負担の米軍駐留関連費が計上されている。

 日本には、世界で第4位の規模の軍事費だけでは足りず、「史上最強の軍事大国」にこれだけの額を投じて「守って」もらわねばならないほどの「脅威」が存在するのか。
 それは、財政破綻状態の中で年間2200億円もの社会保障費を削減して軍事費を捻出せねばならないほど、深刻なのか。

2008/6/28

田畑裁判 弁論再開を!  ]平和
 <田畑先生の再雇用拒否の真相を究明する会>
 ◎ ミニニュース 新28号 08.6.19

●控訴審第1回で結審の暴挙!

 5/28控訴審開始、最悪の予想がズバリ。結審と判決日が宣告されました。こんなこともあろうかと「公正な審理を求める要請署名」を提出しておいたたのですが無視され、皆様にご協力いただいたのに本当に申し訳なく、情けなく思います。
 五人の証人申請が却下され、代理人の「裁判官忌避」の発言も裁判長の「却下します。」一言で片づけられ、どんな理不尽なことも「訴訟指揮」の名の下に許されるとは!
 裁判官に良心や公正さが失われた今日、今の裁判制度を変えねばならないと思います。

●弁論再開の要請書提出中
 皆様からの要請署名を集約し裁判所へ届けています。6/19現在高裁から何の連絡もありません。これからも集まり次第持参しますが、5/28に裁判長が口走った判決日をお伝えします。

●抗議の意味を込め、傍聴席を満席に!
 ウイークデーの昼間ですが、集まれる方は是非!
 判決 6月30日(月) PM1時15分
 東京高裁808号法廷
 (霞ヶ関A1出口)



 《 元豊島区立千川中学校教諭田畑和子さん
 中神嘉治校長による都教委再雇用拒否理由の握造事件 》
 控訴審第1回で結審 三審制を自ら否定する暴挙!
 東京高裁第15民事部藤村啓裁判長は、弁論を再開し真実に基づく徹底審理を!

2008/6/28

増田近現代史講座案内  \増田の部屋
 ◆ 人が人として成長するのに必要なものは? 

 おはようございます。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です!
以前もご案内しましたが、近づいてきましたので、再度、 第13回 近現代史講座 をご案内させていただきます。
 ●6月29日(日)14:00〜
 ●湖北台近隣センター(湖北駅南口徒歩5分)
 ●テーマは「大日本帝国の敗北」 

  原爆記録映画『予言』(50分)を見て、原爆は避け得ないものだったのか考えながら、1945年8月15日に至る史実を、昭和天皇&軍部、政治家の言動を中心に見ていきます。
 ご都合のつく方は、どうぞ、おいでください。

●以下は、参加者の方と私との往復メールです。

○○さんから

 私は64歳ですが、物心つき始めた5〜10歳ころの間に「中国大陸での日本軍の加害行為・・・…妊婦のお腹をさく、強姦をする、火をつける・・の映像を町の映画館で見たことが、今の私の原点なのです。
当時は当たり前にそういう映像が、ニュースなどで流れていたと思います。子どもの私は、その映像を見て、「戦争とは何か、多くの大人は、なぜ、かくも残酷なことを平気でなしえるのか」心の底で考え始めました。
 そしてそのとき私が決めた結論は、「あのような戦争をした大人の言うことは信用できない。とにかく何事も自分で考えよう。特に常識とか、道徳とかを。」でした。当時のことはほとんど思い出すこともないのですが、それらの映像は片時も忘却されず、心にあります。

2008/6/27

《連載》卒業式刑事弾圧事件判決文(9)  W板橋高校卒業式
  「板橋高校『君が代』刑事弾圧裁判」最高裁勝利に向けて
 ☆★☆ 君が代強制に刑事罰!!不当判決抗議集会 ☆★☆
  7月4日(金)18:00〜  グリーンホール701

  (東上線大山駅、三田線板橋区役所前駅)


 ◎ 判決文(9) P46〜P53 (完)
クリックすると元のサイズで表示します
「星・双子・羊蹄」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》


イ 呼びかけは正当防衛に該当するとの主張について
 所論は,被告人の保護者に対する呼びかけは,「教職員及び保護者の思想良心の自由を,都教委及び北爪らによる侵害行為から防衛するためになされたもの」である旨主張する。しかし,まず,「保護者の思想良心の自由」について検討すると,そもそも保護者は,本件卒業式の国歌斉唱時において,起立・斉唱することを,「都教委及び北爪ら」から,法的にはもとより事実上も,強制されるような関係にはなく,保護者が,自らの思想良心に従って起立・斉唱しなかったとしても,「都教委及び北爪ら」から,法律上はもとより事実上も,いかなる意味でも不利益等を受けることは一切あり得ないのであるから,「保護者の思想良心の自由」に対して,所論が主張するような「都教委及び北爪らによる侵害行為」は全く存在しないというほかない。
タグ: 板橋高校

2008/6/27

米国による最高裁への介入  Z国際人権
 ◆ 砂川事件で新資料 日米安保の黒い霧
 機密文書が物語る歪められた戦後史


 このほど機密指定解除された外交文書で明らかになった、米国による最高裁の違憲審査への"介入"は、あらためて戦後の対米従属構造の恐るべき根深さと歪みを示していた。
 それをもたらした根本原因こそ、戦犯ら旧勢力を道具として使った米占領軍の支配政策にあった。

 ◆ 新原昭治さんインタビュー

−−今回、新原さんが米国立公文書館で入手された米政府の解禁文書で、伊達判決(東京地裁判決)後の米国による日本の司法への介入が明らかになりました。この文書は、初めから狙いを定めていたのですか。

 いや、まったく偶然です。一九五七年のジラード事件関係の秘密文書を調べていて、見つかった。
 米国立公文書館では、公開された政府秘密文書の原文多数が入ったファイルボックスを渡されます。その中に、たまたま問題の文書があったのです。

−−内容は、とても衝撃的ですね。

 見つけた時は、本当にびっくりしました。
 伊達判決が出た五九年三月は日米安保条約の改定交渉中ですから、「安保条約は憲法違反」と断定され米国にとっては飛び上がるほどの衝撃だったと思います。

2008/6/26

《連載》卒業式刑事弾圧事件判決文(8)  W板橋高校卒業式
  「板橋高校『君が代』刑事弾圧裁判」最高裁勝利に向けて
 ☆★☆ 君が代強制に刑事罰!!不当判決抗議集会 ☆★☆
  7月4日(金)18:00〜  グリーンホール701

  (東上線大山駅、三田線板橋区役所前駅)


 ◎ 判決文(8) P42〜P46
クリックすると元のサイズで表示します
「南空星」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》


2 違法性阻却事由に関する主張について


(1) 論旨は,要するに,原判決が認定した被告人の本件行為(保護者への呼びかけ,北爪らへの抗議)が,仮に威力業務妨害罪の構成要件に該当するとしても,卒業式等に出席する教員らを,正面壁面に貼り付けた日の丸に正対させて座らせ,君が代斉唱時には全員が起立して歌うよう,校長より職務命令を発し,違反者を懲戒に付すことを骨子とする10.23通達は,教職員の思想良心の自由を侵害する違憲・違法な行政行為であり,また,仮に客観的法規範のレベルで違憲・違法とまで断定できないとしても,その政策的妥当性に重大な疑問を抱かざるを得ない高度に不当な行政行為であるから,そのような10.23通達の違憲・違法・高度の不当性の下では,被告人の本件行為は,以下に述べるように,刑法上の正当行為ないし正当防衛に該当するので,これら違法性阻却事由の判断を誤った原判決には,判決に影響を及ぼすことの明らかな法令適用の誤りがある,というのである。

タグ: 板橋高校


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ