2008/7/31

カウンターレポート〜日の丸・君が代  Z国際人権
 ★ 日本の実情を伝える人権報告書
 自由権規約第5回日本政府報告に対する「カウンターレポート」

17.国旗(日の丸)・国歌(君が代)への崇拝の強制
 〜思想・良心の自由の侵害 (18条)
A 結論と提言

 東京都教育委員会及び各都立学校校長は、入学式・卒業式等の学校行事において、教職員に対し「国旗(日の丸)に向かって起立し、国歌(君が代)を斉唱せよ」、あるいは音楽教師には「国歌(君が代)をピアノ伴奏せよ」との職務命令を発令した。
 この職務命令に違反した教職員は懲戒処分を受け、また嘱託教員らは任用を取り消された。このような国旗国歌に対する起立斉唱の強制は、思想・良心の自由及び信仰の自由を侵害するものである。

B 自由権規約委員会の懸念事項・報告内容
 該当なし

C 政府の対応と第5回日本政府報告の記述
 該当なし

D 意見
1.日本における日の丸・君が代問題の歴史的背景

(1)戦前の歴史

 日本における国旗・国歌問題を検討するには、日本の近・現代史に関する知識が必要である。日本は1968 年の明治維新を経て近代国民国家化を進めることとなったが、1889 年に天皇によって制定された大日本帝国憲法下では、天皇を本源的な主権者であり、統治者とし「神聖不可侵」な存在とし、国民はその「臣民」とし天皇に従属すべきものとしていた。このような天皇の統治の象徴として、「日の丸」が国旗、「君が代」が国歌と扱われた。

2008/7/31

「君が代」懲罰研修で都教委、分限免職に言及  Y暴走する都教委
 ■ 「君が代」懲罰研修で都教委、分限免職に言及
永野厚男(教育ライター)

 卒業式等の「君が代」斉唱時に不起立を貫き、懲戒処分にした教員に、都教育委員会が強行した懲罰研修で、内心の吐露を強制したり、分限免職までチラつかせたりしたことが、明らかになった。

クリックすると元のサイズで表示します
「研修センター前抗議行動」 《撮影:平田 泉》

 都教委は7月23日、今春の卒業・入学式の被処分教員計22人のうち、退職者と停職処分者を除く14人に都教職員研修センター(以下、センター)で、服務事故再発防止研修を強行した。
 戒告(処分1回目)と減給(2・3回目)の教員合同の「講義」では、ここ数年、都教育長名で出している『教職員の服務の厳正について』と題する文書を、「講師」の都教委人事部職員課の磯崎美穂・副参事が棒読みし、「上司(校長)の職務命令に反する不起立は服務事故。地方公務員法の信用失墜行為だ」と繰り返した。「君が代強制の都教委の10・23通達と職務命令は違法、と断じた東京地裁判決(06年9月)を読んでいるのか」「思想・良心の自由を保障している憲法のもとで地方公務員法は作られたはず」という質問が出たが、磯崎氏は答えず立ち去った。

タグ: 再雇用廃止

2008/7/30

国際人権『民の声』大泉ブラウス事件  X日の丸・君が代関連ニュース
 ★ 国際人権活動日本委員会民の声レポート
 「日の丸・君が代」強制は表現の自由,思想良心の自由を抑圧している

クリックすると元のサイズで表示します
「7・26 human rights Mafiaを名乗る 世取山教授 市民学習会」 《撮影:平田 泉》

 都立大泉養護学校での絵ブラウス処分,不起立処分は,
 自由権規約19条,子どもの権利条約13条に違反している

東京都立北養護学校 渡辺厚子

手描き絵のブラウスを着たため「戒告処分」された

 2002年4月,東京都立大泉養護学校入学式,当時,この学校に勤務していた私は,校長の独断による「日の丸」掲揚,「君が代」斉唱強制に反対して,背中の面に,鎖に縛られたハート(ピンク色)模様,胸の方には,花,鳩や四角枠の中に小さな赤丸と斜線模様を描いた白ブラウスを着て式に参加した。
 これを見咎めた校長は,上着着用の職務命令を出した。そして事情聴取のために校長室へ来るよう何度も職務命令を出した。
 2002年11月,東京都教育委員会は職務命令違反を理由に,私に対し「戒告」処分(昇給延伸,ボーナス15%カット,履歴への記載)を下した。

処分は表現の自由,思想良心の自由を侵害している

 校長の出した上着着用命令は私の表現の自由の権利を侵すものである。

2008/7/29

都教委糾弾ビラまきに、ご参加を!  \増田の部屋
 ● 都教委糾弾ビラまきに、ご参加を!

 こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! 重複・長文ご容赦を。
 月末恒例『首切り記念日』都教委糾弾ビラまきを7月31日(木)8:00〜9:00まで都庁第2庁舎前で行います。ご都合の付きます方、どうぞ、ご参加協力お願いします。
 以下は、ビラの内容です。


<「7・15分限指針」、該当者は教育長だ!?
  増田都子教諭、不当「分限」免職を撤回せよ!>


●都教委は違法行為を繰り返しながら反省も改善もない


 元千代田区立九段中社会科教諭・増田都子さんの個人情報を都教委が土屋たかゆき、古賀俊昭、田代ひろしの3人の右翼都議に漏えいしたことにより、増田さんから都個人情報保護条例違反で告発されていた裁判について、本年6月10日、最高裁は都教委の上告を却下し「都教委の違法行為」による「賠償金22万円の支払い」命令が確定。また、07年7月20日は都障労組事件でも都教委(校長)の違法行為が確定。

 ところが、両事件とも「謝罪拒否」し、「金(都民の税金)は払う」が「関係者処分はしない」というのですから「今後も都教委は違法行為を繰り返すぞ」と宣言したのです。

2008/7/29

国連人権「民の声」レポート英文  W板橋高校卒業式
 ★ 国連人権理事会へ「民の声」レポート(英文)
 Criminal Punishment for objection to forced singing of the national anthem Kimigayo at Itabashi High School Graduation Ceremony

クリックすると元のサイズで表示します
「雨竜沼湿原」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》

[ Summarized facts ] ( Outline of the case )


 A criminal punishment was imposed on an ex-teacher for having expressed his opinion against forced singing of the national anthem Kimigayo at a public high school in Tokyo.
 On Oct.23, 2003, Tokyo Board of Education issued the Directive (called "10.23 Directive") which stipulates that "all teachers and staff at public schools in Tokyo should stand up towards the national flag Hinomaru and sing Kimigayao on school events such as graduation or entrance ceremony, and those who fail to do so shall be punished.

タグ: 板橋高校

2008/7/29

国連人権『民の声』板橋高校卒業式刑事弾圧事件  W板橋高校卒業式
 ★ 国連人権理事会へ「民の声」レポート
 板橋高校「君が代」強制反対刑事弾圧事件

クリックすると元のサイズで表示します
「雨竜沼の朝」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》

【事件の概要】


 「君が代強制」反対の意見表明に対して刑事罰が科された事件である。
 東京都教育委員会は、2003年10月23日、すべての教職員に対して卒業式や入学式などに際して、「国旗に向かって起立し、国歌を斉唱することを命じ、違反したものには服務上の責任を問う」という通達(「10・23通達」)を出した。
 戦前の国家主義・全体主義を彷彿とさせるこの「通達」には、教育現場や一般世論から批判や反発が相次ぎ大きな議論となった。
 板橋高校を2年前に退職した藤田勝久さんは、2004年3月11日同校の卒業式に来賓として招待されていた。開式の20分ほど前に、卒業生の入場を待つ保護者席に、「10・23通達」を批判した週刊誌記事のコピーを配り、起立斉唱の強制は思想良心に関わる重要な問題であるとして、理解と協力を求めた
 藤田さんは、校長から退出を命じられて、開式前に会場を後にした。その後、卒業式は何の影響も受けず、近年にない感動的なものとして行われた。それは、生徒が自分たちが主役との自覚が持てる卒業式だったからである。

タグ: 板橋高校

2008/7/28

処分撤回を求めて(84)  X日の丸・君が代関連ニュース
 東京・全国の仲間の皆さんへ。(転送・転載歓迎。重複はご容赦下さい。一部報道関係者にも送信しています。)
 被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ● 都教委の教員採用合否事前通知に抗議を!

■都教委は、卒・入学式で処分された教職員を対象に「再発防止研修」を強行実施するなど「日の丸・君が代」強制に反対する教職員に異常な「懲罰」を課しています。更に「分限事由に該当する可能性がある教職員に関する対応指針」(7月15日付・都教委教育長名)及び「『服務』及び『分限と懲戒』に関する資料」などで教職員を萎縮させ、「校門を入ったら憲法はない」学校現場を作り出しています。

■ところが朝日新聞も報じましたが、都教委は、7月24日、「教員採用選考及び昇任選考に関する点検結果について」なる文書を発表しました。それによると、何と都教委の部長や課長が教員採用試験の合否発表の一時間前に一部都議・国会議員に事前通知していました。

■以下の都教委発表文書の資料2に詳しく出ています。

●教員採用選考及び昇任選考に関する点検結果について(7月24日、都教委発表)
  ↓
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr080724s.htm

●(参考)東京都教育委員会ホームページ
  ↓
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/

◆◇東京都教育委員会に抗議・意見を寄せましょう!◇◆

2008/7/28

都教委幹部に厳正な処分を!  Y暴走する都教委
 毎日、教員採用試験の勉強に励んでいる青年を知る者として、今回の都教委幹部による議員らへの合格者事前通知については、激しい怒りを覚える。
 とても許されざる行為である。
 都教委は「不正はなかった」とするが、発表前に、都教委幹部から議員らに通知することが、「不正」そのものではないか。

 議員に頼む者は、何らかの「働きかけ」の期待を持ってこそ頼むのである。
 合否発表、約一時間前の「事前連絡」のためにのみ頼む者はいない
 これは、都教委幹部の「不正」によって、採用試験の公正さへの疑惑が長年にわたって醸成され、世間において、議員の力に縋れば有利になるのではないかと思わせるに至った結果である。
 議員に依頼するに手ぶらというわけにはいかない。
 結果として、「お礼」としての「金品」が行き交うこととなる。
 55人の受験生の保護者が、何らかの「お礼」をしたのである。

 都教委幹部の行為は、犯罪であるといって過言ではない。
 「今後は致しません」と言って、「厳重注意」でことをやりすごそうとしているようだが、とんでもない話である。
 議員に「特別の情報」を与え、議員がそれを持って「都教委幹部と通じ合う特別のコネを持っている」と振舞えるようにしたのである。
 真っ当に勉強している青年達に、教員採用試験への疑惑の念を起こさせただけでも罪は万死に値する。

タグ: 再雇用廃止

2008/7/28

東京都でも教員採用汚職  Y暴走する都教委
 上(局部長級)から下(部課長級)まで、「善悪の判断」をする「理性と良心」を奪われた教育者集団。権威を笠に着て乱用する倫理観欠如の政治家達。
 教えて下さい。教育者の《道徳》って、何なのか?
 「信用失墜行為」(地公法33条)に該当しませんか。
 「守秘義務違反」(地公法34条)に該当しませんか。
 『処分量定』では、「守秘義務違反」は「免職又は停職」となっていますが…
 ★『教職員の主な非行に対する標準的な処分量定』(リンク)平成20年3月1日教育長決定一部改正
 不適切な行為をしてしまったのだから、「再発防止研修」も絶対に必要でしょう。


 ■ 教員採用、都教委も事前通知 - 教員採用汚職

 東京都教育委員会は24日、部課長級職員6人が06〜07年度、教員採用試験の受験者約55人の合否を発表の約1時間前に都議や国会議員に知らせていた、と発表した。合否判定への働きかけなど不正はなかったとしている。
 都教委は、管理職ら130人を調査。昇任選考でも、部課長級職員2人が都議の依頼で8人ほどの選考結果を事前に知らせていた。都教委は「不適切だった。今後は事前通知はしない」という。

タグ: 再雇用廃止

2008/7/28

静岡県立高校で調査書偽装発覚  ]平和
 不正行為を命令した上司の方が「刑事告発」命令に逆らえなかった部下の方は「減給処分」
 上に厳しいのは当たり前で、静岡県教委はそうしたが、大分県教委ではどうか?


 ■ 調査書偽装で前校長告発
 =大学推薦入試で成績水増し−静岡県教委

 静岡県西部の県立高校で2006年、生徒の大学推薦入試の成績評定が水増しされた問題で、担任教諭らに調査書偽装を働き掛けたとして、県教育委員会は24日、虚偽公文書作成・同行使の容疑で、前校長の男性(60)を県警に告発した。
 『時事ドットコム』(2008/07/24-19:10)
URL:http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008072400916


 ■ 調査書改ざん:静岡県教委が前校長を告発 大学推薦入試で

 静岡県教育委員会は24日、浜松市の県立高校が06年秋、大学の推薦入試に提出する3年生2人の調査書を改ざんしていた問題で、改ざんをした教諭4人に働きかけたとして前校長(60)=今年3月に定年退職=を虚偽公文書作成と偽造公文書行使の容疑で告発した。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ