2008/7/18

7・26市民講演会  X日の丸・君が代関連ニュース
 市民講演会
 ◆ 国際条約と「日の丸・君が代」強制
 −学校での「日の丸・君が代」強制を国際法から検証する


 みなさん、東京都が10.23通達を出し「日の丸・君が代」強制を強めて5年、その間処分された教員は410名になりました。
 都立北養護学校教員・渡辺厚子さんは大泉ブラウス裁判、不起立裁判を闘い、いま、さらにその闘いを国連へと広げようとしています。
 人権に国境はありません。人類が多くの血を流して築き上げてきたものです。国際的に訴え、異様な東京都をかえていきましょう。

 講演・世取山洋介さん(新潟大学)
 日時・7月26日(土)
18時〜
 場所・ハイライフプラザいたばし
 (JR埼京線「板橋」1分、都営三田線「新板橋」2分、東武東上線「下板橋」7分)


主催:「良心・表現の自由を!」声をあげる市民の会
賛同団体:●アンポをつぶせ!ちょうちんデモの会●学校と地域をむすぶ板橋の会●「君が代」強制解雇裁判を共に進める会●出版労連・教材共闘会議●戦争への道を許さない北・板橋・豊島の女たちの会●千葉学校労働者合同組合●都労連交流会●練馬アクション●練馬教育問題交流会●練馬区職労●ねりま・人権センター●ねりま全労協●藤田先生を応援する会●部落解放同盟練馬支部●北部労働組合協議会●北部労働者共同闘争会議●連帯労働者組合●渡辺厚子さんを支援する北区民の会(50音順6・23現在)

 渡辺厚子さんへの「日の丸・君が代」減給・停職処分撤回!
 ◆ 7.26講演会のご参加を!


2008/7/18

連載:「国旗」をテサインしてみたら(1)  Z国際人権
 ☆ 「国旗」をデザインしてみたら(1)
遠藤 勝

 1999年2月28日広島県立世羅高校長の自死を口実に、野中官房長官(当時)は3月2日の記者会見で「内閣として法制化を検討する時期に来ている」と発言。その発言をきっかけに、「日の丸・君が代」に関する新聞やTVの報道が一挙に増大した。
 新年度4月。6年生最初の授業。「いま、国旗・国歌を法律で決めようという議論がおこっていますが、もし国旗のデザインが公募されたら、みなさんだったらどんなものにしますか?」と問いかけた。すると一瞬、子どもたちはとまどいのようすを示した。
 子どもたちのイメージを具体化するため、テレビ朝日の『ニュースステーション』で放映された「世界各国に見る『国旗と国歌』論 国旗と国歌お国の事情」の録画を見せた。
 そこには、オーストラリアで現在進行中の国旗公募のようすがわかりやすく報道されていた。

 子どもたちは、ビデオを見おわるとすぐに作品づくりに取りかった。図工室に常備してある図鑑やイラスト集などをめくる子。友だち同士で相談しあう子。図工室の中をうろうろと歩き回る子。友だちのやっているのをのぞき込む子。一人で黙々とアイディアをねる子。しばらくして突然「できた!と大きな声。その後、次々と作品が完成。
 「日本といえば富士山」「いいえ、桜よ」「いやいや、鶴だ」と、図工室中にぎやかになった。たった1回、90分間の授業だったが、子どもたちは色を塗ったり、色画用紙を切ったりはったりして、さまざまなデザインの「国旗」を仕上げた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ