2008/7/22

【控訴審判決文全文1〜9】総目次  W板橋高校卒業式
 《 都立板橋高校卒業式「君が代」刑事弾圧事件 控訴審 》
 ◎ 須田まさる裁判長 判決文全文 総目次


クリックすると元のサイズで表示します
「シマフクロウ」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》

◎ 判決文<1> p1〜p6

 主文
 理由
 第一 事実誤認の主張について
  1.コピー配布制止、呼びかけ制止行為はなかったとする主張について
    (1) (2) (3)ア、イ、ウ、エ、オ
http://wind.ap.teacup.com/people/2440.html

◎ 判決文<2> P6〜P13
    (4)ア(ア)(イ)、イ(ア)(イ)、ウ、エ
http://wind.ap.teacup.com/people/2459.html

◎ 判決文<3> P13〜P19
    (5)ア、イ、ウ、エ、オ (6)ア(ア)(イ)(ウ)(エ)、イ(ア)(イ)
http://wind.ap.teacup.com/people/2462.html

◎ 判決文<4> P19〜P26
     (ウ)(エ)(オ)、ウ、エ、オ、 (7) (8)
http://wind.ap.teacup.com/people/2464.html

続きを読む
タグ: 板橋高校

2008/7/22

教職腐敗 (中)  ]平和
 = 教職腐敗 (中) =
 ■ 異動で贈り物日常化
  大分教育界 幹部にも"以心伝心"


 大分県佐伯市宇目の「ととろ」地区に立つロッジ風の建物。山里に清流のせせらぎが響く。同県の教育関係者の間では「上司への接待場」と呼ばれていた。建物は、県教委義務教育課の元参事矢野哲郎容疑者(52)=贈賄容疑で再逮捕、懲戒免職=の自宅敷地内にある。
 二〇〇七年度の小学校教員採用試験で長女に便宜を図ってもらった見返りに、同江藤勝由容疑者(52)=収賄容疑で再逮捕、同=ら二人に各百万円分の商品券を夫婦で渡した疑いがもたれている。
 室内には、この建物を訪れた県庁や教育界の幹部らの写真が飾られ、壁面の陳列台にはワインが並ぶ。矢野容疑者の趣味は狩猟。冬場にはイノシシ鍋が振る舞われたという。
 ある小学校幹部は、矢野容疑者から人事権を持つ県教委の幹部に近づく極意を指導されたことがあった。「必ず年賀状を送れ」「お中元とお歳暮を欠かすな」
 矢野容疑者は今春、児童生徒数が六人しかいない離島の小中学校校長から、県教委中枢に抜てきされた。周囲は「県教委幹部とのパイプの太さ」を見せつけられたと感じた。

■   ■

 玄関に、お中元の山ができた。

 約五年前まで同県教委の幹部を務めていた男性も県教委中枢の権限と地位の大きさをこう振り返る。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ