2008/11/30

学校現場の現代版「御真影」  Y暴走する都教委
 ◆ 学校現場の現代版「御真影」に45万円の税金

 東京都教育委員会出身の校長主導で、学校の全普通教室に掲揚している現代版“御真影”に、四五万円近い税金が投じられていることが明らかになった。
 二〇〇七年四月新設の都立永福学園特別支援学校は、都教委指導部主任指導主事出身の小林進校長の決定で、「誠心誠意」という校訓や都旗(シンボル旗)と一緒に“日の丸”旗を入れたプレートを、全普通教室正面の壁に常時掲示している。
 これに疑問を持つ都民が、税金の使途を明らかにするよう求めた情報開示請求に、都教委は今年一〇月下旬と一一月上旬、契約書等を開示した。

 契約先の富士製旗株式会社(千代田区)との契約書(〇七年二月と三月)によると、「透明アクリル板と化粧ビス、三〇教室分の購入費が一般需用費で三五万一五四〇円」「取り付け工事費が役務費で九万三〇〇円」(いずれも税込)で、*計四四万一八四〇円もの税金が投じられている。
 同校の開設準備室のあった都立光明特別支援学校経営企画室が示した仕様書は、「アクリル板が縦20センチ、横90センチ。ビス6箇所」と明記し“日の丸”旗については「縦・横の長さは、本物の旗と比率を合わせる(日の丸の大きさも比率を合わせる)」と細かく指定している。

 保護者の一人は、「民主党の門脇文良都議は、今年九月二九日の都議会文教委で、

タグ: 再雇用廃止

2008/11/30

板垣竜太の「嫌韓流」の構造  ]平和
 11月7日東京しごとセンターで「言論状況を考える 韓流と嫌韓流のはざまで」(主催:平和力フォーラム)というセミナーが開催された。この日の講師は板垣竜太さんと米津篤八さんの2人。
 わたくしは、なぜこれほど「マンガ嫌韓流」が売れ、ネット上で「反日」「売国奴」「死ね死ね死ね」といった単語が飛び交うのかがよくわからない。この日セミナーに参加したのもその謎解きをしてもらえるかもしれないと考えたからだった。そこで、板垣さんの講演のなかの「嫌韓流」に関する部分を中心に紹介する。
クリックすると元のサイズで表示します

 ▲ 「嫌韓流」と「韓流」「親韓」に通底するもの
板垣竜太さん(同志社大学准教授)

 「嫌韓」が表現の場に蔓延している。いまや主流に近いところにまで入っていて、けして無視できない状況になっている。「嫌韓流」は、狭義には3冊合計で公称78万部を販売した山野車輪「マンガ嫌韓流」(晋遊舎2005.9、06.2、07.8)を指す。広義には2ちゃんねるをはじめとするネットやサブカルチャーに広がる「嫌韓流」現象のことである。この「嫌韓流」現象は朝鮮人へのバッシングであり、「拉致」問題や2002年のサッカーワールドカップ、2005年の「反日」デモ報道等を契機にエスカレートしてきた。
 「マンガ嫌韓流」の読者は男性66.6%、女性33.3%と男性が多く、年代では30〜49歳が42.4%、19〜29歳が37.5%と中心を占め、10代は3.6%に留まる。ネットのほうはもっと若い世代が多いと推測される。

2008/11/29

2009年「2・8総決起集会」へ(2)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「千葉高教組」・「新芽ML」の渡部です。

 本日(11月26日)、東京・中野ゼロ小ホールにて、<映画『あきらめない』と講演の夕べ>が開かれ200人が参加しました。
 主催は、「ビデオプレス」と、「河原井さん根津さんらの『君が代』解雇をさせない会」でした。

 最初に、映画『あきらめない―続・君が代不起立』が上映されました。
 試写会の時よりもバージョンアップされたもので、素晴らしいドキュメンタリー作品になっていました。
 2008年作品の平和協同ジャーナリスト基金奨励賞を頂いたということです。
 是非、多くの人々に見てもらいたいものだと思います。
 ここには、右傾化する現在の日本社会の中で、教師生命をかけて闘う教員たちと、それを支える人々の闘いがリアルに描かれています。
 映画の最後は、それまで根津さんに反抗的だった教え子達数人が、校門前で根津さんを囲み、「屈するな、根津先生!」という慣れないシュプレヒコールを上げるシーンでした。

 次に、一ツ橋大学の渡辺治さん『東京の教育はどうなるー曲がり角の構造改革と石原都教委』という講演がなされました。
 これも素晴らしいものでした。

2008/11/29

『非正規切り』3万人  ]U格差社会
 ◆ 『非正規切り』3万人
 景気後退でしわ寄せ 厚労省調査


 米国発の世界的な景気後退に伴う企業業績の悪化で雇用情勢の厳しさが増す中、少なくとも約三万人の非正規労働者が十月から来年三月までの間、契約の中途解除や契約期間満了後の雇い止め解雇などの雇用調整(予定を含む)をされていることが二十八日、厚生労働省の全国調査で分かった。(略)
 調査によると、雇い止めや契約の中途解除などをされた非正規労働者は三万六十七人(二十五日現在)。派遣労働者が三分の二の一万九千七百七十五人(65・8%)を占め、期間工などの有期契約労働者は五千七百八十七人(19・2%)、請負労働者は三千百九十一人(10・6%)だった。
 産業別では製造業が二万八千二百四十五人と93・9%を占めた。都道府県別では、トヨタ自動車など自動車関連企業が多い愛知県が最多の四千百四人(13・6%)。岐阜県千九百八十六人、栃木県千六百八十人と続き、長野、広島、大分、静岡、神奈川、宮城、東京が千人以上だった。

 ◆ 新卒者の内定331人取り消し
 来年三月卒業見込みの新卒者の採用内定を取り消した事業所は全国で八十七社、対象者は計三百三十一人(二十五日現在)に上ることが二十八日、厚生労働省のまとめで分かった。

2008/11/29

派遣法の抜本改正をめざす12・4集会  ]U格差社会
 まやかしの派遣法改定案国会上程弾劾!派遣労働者の雇い止めを許すな!
 改正どころか改悪も?見せかけの「改正」を通したら、安定雇用はますます遠のいていく。


 ▼ 労働者派遣法の抜本改正をめざす12・4野音集会の呼びかけ


労働者派遣法の抜本改正を呼びかける有識者会議
労働者派遣法の抜本改正をめざす共同行動
派遣法の抜本改正をめざす12.4日比谷集会実行委員会

 日時  2008年12月4日(木)18時30分〜
 場所  日比谷野外音楽堂


 いま、労働者派遣法の改正をめぐる攻防が正念場を迎えています。政府の労働政策審議会は10月29日、派遣法の改定法案要綱を「概ね妥当」と厚生労働大臣に答申しました。政府・与党は11月4日に労働者派遣法「改正」案を今国会に上程し、成立を狙っています。
 派遣法「改正」案や労政審の「建議」については、すでに学者、法律家、労働組合らから多くの問題点を指摘されています。「日雇い派遣」を禁止するといいながら、全面的に禁止するものではありません。30日以内の期限付雇用労働者の派遣を原則禁止するに止まり、政令で定める広範な例外業務を認めて日雇い派遣を公認しています。一方、派遣先と派遣元との契約では、日替わりで派遣先が変わる「日々派遣」は許され、安全対策や労働条件の確認などがおざなりになるおそれがあります。
 派遣労働者の不安定雇用と低賃金を解消するためには、仕事があるときだけ雇用契約を結ぶ「登録型」派遣を禁止、派遣マージン率の上限規制が不可欠ですが、そこには踏み込まない極めて不十分なものです。また、「偽装請負」、多重派遣、違法派遣が起きた場合の派遣先との「みなし雇用」既定などももりこまれていません。

2008/11/28

挙手・採決禁止でも言論の自由!?  Y暴走する都教委
【転送歓迎!】
 ★ 都教委宛:土肥・三鷹高校長との公開討論に応じてください
  署名第2次署名締め切り:12月7日:記者会見12月9日


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 下記の「賛同署名」は、第1次締切までに約2,000筆を頂きました。
 ご協力ありがとうございました。
 第2次締切りを★12/7とし、さらに「賛同署名」を集めることになりましたので、まだ「署名」をされていない方、ぜひご協力をお願いします。

===========================================================
 ★ インターネット署名
 PC用  http://form1.fc2.com/form/?id=358942
 ケイタイ用 http://k.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/towa10ron2ouzeyo/?pnum=0_0
 ※携帯電話メール対応の署名サイトも開設しました。
  携帯電話にも転送お願いします。
===========================================================


 ■ <東京都教委>校長に反省促す…挙手・採決の禁止撤廃主張で

 東京都教育委員会は27日の定例会で、都立学校の職員会議で挙手・採決を禁止した通知の撤回を求めている都立三鷹高(三鷹市)の土肥信雄校長(59)について「組織に敵対的な行動をし、都教委全体に対して都民の信頼を損ないかねない」などとして、反省を促す措置を講じる方針を決めた。
 定例会では、教育委員の竹花豊・元副知事が、メディアに登場したり市民団体と集会を開いたりした土肥校長の行動について「校長の対応としては由々しきこと」と発言。さらに「言論の自由が奪われている」と主張している土肥校長が具体的根拠を示していないとして「少し反省を促す方法があるか検討してほしい」と提案。他の委員も同調した。

 これに対し、土肥校長「私が間違っているかどうかは社会が決める問題だ。都教委はまず私と正々堂々と話し合うべきだ」と話している。
 通知を巡っては、都教委が三鷹高を除く都立学校260校321課程の校長・副校長を対象に調査を実施し、言論の自由について約95%が「影響ない」と回答した。都教委は「言論の自由を奪っている実態はない」と結論付けたが、土肥校長の主張に賛同する教育評論家の尾木直樹さんらは「管理職だけを対象にした調査は意味がない」と批判している。 【木村健二】

タグ: 再雇用廃止

2008/11/27

都教委糾弾裁判&ビラまきにご参加を!  \増田の部屋
 こんにちは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCで送信します。重複、長文、ご容赦を。

 12月1日(月)13:10〜17:00まで東京地裁631号法廷で「不当免職取り消し」都教委糾弾裁判の教え子と私の証人尋問
があります。ご都合の付く方は傍聴参加をお願いします!

 また、「首切り記念日」恒例!? の月末都教委糾弾ビラを11月28日(金)午前8時〜9時、都庁第二庁舎前でまきます。内容は以下です。ご都合のつく方は朝早くて恐縮ですが、ご参加をお願いします!

<<「侵略否定」発言の都議、それを擁護する都教委は田母神幕僚長と同罪
  増田都子教諭への不正・不当、違法な分限免職を撤回せよ!>>


●古賀都議発言や扶桑社教科書は、田母神論文と五十歩百歩
   それを批判した増田教諭の授業は全く正当で「適切」!


 増田教諭は社会科教員として「日本の侵略と植民地支配への反省」を掲げる政府見解(世界の常識!)にそった授業をしてきました。常識があれば、政府見解を否定する作文を発表して「不適切」と更迭された田母神・前空幕長と同じ見解に立ち、都議会で「侵略否定」発言をした古賀俊昭(自民党)妄言都議や扶桑社歴史教科書は当然、「歴史偽造」の「不適切」なもの、ということになるでしょう。

 ところが、その事実を千代田区立九段中学校の生徒に教えたことを「不適切」として、増田教諭は06年3月31日、都教委により「公務員としての資質に欠ける」と「分限免職」処分を受け、33年間の中学校教員の職を奪われました。

続きを読む

2008/11/27

渡辺厚子さん第2回長期休暇剥奪裁判  ]平和
 ◎ 12月5日(金)裁判傍聴を!
  = 第2回長期休暇剥奪裁判


 傍聴ありがとうございます。
 12月5日(金)もよろしくお願いします。
 <14:30〜723号法廷>


 10月29日、秋晴れ。行き止まりかと思った先に636号法廷はありました。加藤晋介弁護士と扉を開けると、たくさんの方が傍聴に来てくださっていました。忙い毎日の昼日中、本当にありがとうございました。
 少し待つと裁判長が大急ぎで入廷、「遅くなってすみません」と挨拶し、第1回弁論が始まりました。ブラウス裁判での三代川三千代裁判長は、遅れてもコウ然としていて、"すみません"など言った試しがありません。また今回は"起立"の号令もなく、普通の感覚で臨めました。

 主張は準備書面の通り、と言い交わしたのち(この簡略化にはなじめない)本人陳述をしました。"12月、金銭解決を申し出た校長に、不承不承私は同意したが、校長は都教委と相談し、またもや前言をひるがえした"と言った時、裁判長はよくきいてうなづいていました。
 陳述後、裁判長は、まだ先の話だが、和解を考えるということはないのか、と都教委に尋ねました。都の指定代理人は、今は全く考えていない、といささか語気を強めて答えていました。

2008/11/27

保坂のぶとスペシャルトークイベントinねりま  ]U格差社会
 ▲ 11.11大泉学園トークイベント

 11月11日(火)夜、大泉学園の練馬区立勤労福祉会館で「保坂のぶとスペシャルトークイベントinねりま」を開催した。テーマは「<格差> <貧困> <福祉切り捨て>私たちはどんな明日をえらぶ?」というもの。
 「自己責任」の小泉改革以来、社会保障関係費は年々削減され、ますます働く人の立場が弱くなりシングルマザーはいっそう不安定な生活を送らざるをえなくなっている。この社会を変えるには政治や政策が変わらないとどうにもならない。現場の声と社民党の保坂のぶとさんのお話を聞き、自分たち市民はどうすればよいのか考えようというのがこの日のイベントの趣旨である。
 平日夜の集まりなのに参加者は62人に上った。多くは地元練馬や西武池袋線沿線在住者だったが、川崎、仙台、神戸など遠方から来られた方もいた。コーヒー、紅茶にリンゴ、柿、ポテトチップス、オードブルが並び、ティーパーティのようにくつろいだ雰囲気だった。さらに1杯200円の赤ワイン、白ワイン、ビール、ブランデーとアルコール類までそろっていた。しかし「使い捨てですか?」の短冊がたくさん貼られた会場で聞くゲストの池田一慶さん、赤石千衣子さんの話は、冬の時代の厳しいものだった。ただ最後は、少し時代が変わりつつある、みんなで新しいセーフティネットをつくろうと、少し希望が見えるような結びとなった。
クリックすると元のサイズで表示します

 ▲ 池田一慶さん(ガテン系連帯共同代表)
 ガテン系連帯は、モノづくりの現場や土木・建築・運輸業で働く派遣・請負労働者のNPOである。

2008/11/26

「祈りの会」より:声明文が採択されました  X日の丸・君が代関連ニュース
聖公会平和ネットワークの皆さま
「祈りの会」にご賛同くださいました皆さま

 主の平和!

 11月24日に行われました日本聖公会東京教区第107(定期)教区会において、議案「『日の丸・君が代』強制の即時中止を求める声明文を採択し、教会に伝えて祈る件」が可決され、声明文が採択されました。
 感謝とともに、とりいそぎご報告いたします。

<添付ファイルは以下の二つです>
 ★採択された声明文(正式なものは後日東京教区から出されると思います)
 ★「第44回大韓聖公会ソウル教区教区会代議員一同」から出された宣言文

 ・日本聖公会東京教区人権委員会
   「日の丸・君が代」強制問題に取りくむ会
 ・聖公会平和ネットワーク




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ