2008/12/31

教科書検定制度・採択システム  Z国際人権
 ▲ 小石川メール通信08.12月号(2008年12月19日発行)

 ▲ 総会・公開学習会報告
 「教科書検定制度・採択システム―現状と問題点―
 」

 有志の会設立以来、3回目となる総会と公閥学習会が、2008年11月29日(度)に法政大学富士見校舎にて行われました。
 公開学習会は、こどもと教科書全国ネット21事務局長の俵義文さんを講師にお願いし白鴎・両国・都立大附の有志の会の共催で行われ、各校のOBも多く参加され、俵さんのお話に熱心に耳を傾けました。

▲ 1.教科書が子どもたちにわたるまで
○検定申請まで(期間は1〜3年)
 教科書の出版企面が開始されてから、検定申請図書(いわゆる白表紙本)が完成し検定申請に付される。
○検定の経過(期間は4月から翌年の4〜5月まで約1年)
 白表紙本が検定意見を受け修正を加えられ、検定合格すると、見本本が文科省に提出される.
○採択と供給(期間は約1年)
 見本本が各教育委員会に送付され、採択が行われ、供給本が印刷され教科書供給所、教科書取次店を経て学校・子どもの手にわたる。
 この間に見つかった誤記・誤植や資料の更新は、教科書会社が「訂正E申請」すると文科省の承認で訂正することができる。
 先の沖縄戦記述の修正はこの訂正申請のかたちをとって行われた。

2008/12/31

学習指導要領改訂案にパブコメを  ]平和
 ■ 高校の学習指導要領改訂案から
  国家主義イデオロギーの記述を削るよう、文科省にパブコメを

永野厚男(教育ライター)

 文科省は2008年12月23日〜2009年1月21日(水)〆切で、高校の学習指導要領改訂案に関し、パブリックコメントを募集しています。文科省が執拗に盛った国家主義イデオロギーの記述を削るよう、同省にパブコメを寄せましょう(多くのマスコミは「英語の授業は英語で」という問題ばかり報じていますが・・・)。
        ↓
 文科省の指定する様式は、最初に「初等中等教育局教育課程課・教育課程企画室(御中)/件名:高校学習指導要領改訂案について」と書き、「氏名・性別」「住所・電話番号」、「年齢・職業」を明記した上で、意見を書く(意見が千字を超える場合、千字以内で要旨も書く)。/送付方法は次の3つがあります。
       ↓
◇ 電子メールの人は → メールアドレス:kyokyo@mext.go.jp
 ※ 「コンピュータウィルス対策のため、添付ファイルは不可」とのことです。
◇ FAXの人は → (03) 6734−3734
◇ 郵送の人は → 〒100−8959 千代田区霞ヶ関3−2−2、文科省教育課程課・教育課程企画室

       ↓
 パブコメの意見は、以下の囲みを参考にして頂ければ、幸いです(高校の指導要領改訂案全文は、文科省のHPに出ています)

2008/12/30

12.30イスラエル大使館前  [藤田の部屋
 ■ 日本イスラエル大使館前 2008年12月30日17時 (撮影 K・F)

   《ガザ空爆》
          選ばれし 民は殺され
          月日経て 今隣人を 空より殺す

          戦争は 大なる儲け
          来る年も 戦火は続く 愚や如何にせん

                                (K・F)


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

【東京】12/30緊急NGO共同・イスラエル大使館前行動 ─パレスチナ・ガザ地区への空爆に抗議する申し入れ─

2008/12/30

ビデオカメラが映し出す平壌市民  ]平和
 ▲ ビデオカメラが映し出す平壌市民

 12月の冷たい雨が降る日曜の午後、千石図書館2階のアカデミー千石で開かれたハンクネットの「ほんものの和解を――人道支援と戦後補償、そして日朝国交樹立」という集会に参加した。
 ハンクネットは1999年に食糧難の北朝鮮への人道支援を民間で始めた団体で、2000年4月に第1次粉ミルク360缶を送付し、今年8月第17次粉ミルク支援2560缶を成功させた。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は前田朗さん

 まずハンクネット共同代表・米津篤八さんから現地でのビデオ記録を放映ながら訪朝報告があった。
 8月20日から25日に訪朝した。往路は大連、瀋陽経由で空路平壌を訪れた。粉ミルクは新潟港から船便で発送した。平壌は以前より自動車が増えており、女性警官が交通整理していた。
 21日午前、育児園(日本の孤児院)でエビオス20キロ缶を手渡した。年齢別のクラス編成で、3歳くらいの子どもたちが歓迎してくれた。ハンクネットの粉ミルクは状態の悪い乳児に与えているが4−5か月しかもたないそうだ。その後は豆乳や豆乳ヨーグルトにしているとのことだった。午後訪れた小学校では合奏で歓迎された。日本ではいまは珍しくなったアコーディオンの名手の女の子がいた。ウォンサン(元山)のカンウォン道育児院やテガン共同農場を訪問し、帰りは鉄道に乗り瀋陽、大連経由で帰国した。

2008/12/30

立教女学院争議  ]U格差社会
 【年が越せない!】 「雇い止めは違法」元派遣女性に東京地裁が画期的な判決
田中龍作

 東京の立教女学院を相手取って雇い止めの無効を訴えていた元派遣の女性に、東京地裁は12月25日、ほぼ全面勝訴となる判決を言い渡した。

 私立学校への派遣スタッフから嘱託職員になった女性が3年目の更新を目前に雇い止めになったのは労基法違反に当たり、正規職員以上の働きをしていたのに賃金が低かったとして学校を相手取って地位確認と賃金差額分の支払いを求めていた訴訟で、東京地裁松本真裁判官は12月25日午後2時半、原告の主張をほぼ全面的に認める原告勝訴の判決を言い渡した。
 この訴訟は東京都杉並区の清野三恵子さん(39)が同区の学校法人「立教女学院」を相手取って起こしていた。
 判決は清野さんの職員としての地位を確認し、被告の学院側に解雇以降の未払い賃金の支払いと判決確定までの将来賃金分の支払いを命じた。清野さんが求めた正当な賃金との「差額分」支払いだけは認めなかった。
 国内では派遣など非正規労働者の雇い止めや新卒内定者の採用取消し、正規社員のリストラまで進んでいる「雇用大恐慌」の中での画期的な判決。支援者は地裁構内で口々に「これで良い正月を迎えられる」などと驚喜していた。

 この日、事前に原告敗訴は確実と見られていたためか、法廷内外に大手メディアの姿はなかった。

2008/12/30

12.23麻生邸拝見やりなおしツアー  ]U格差社会
 ◆ 「麻生邸拝見」やりなおしツアー、過剰警備で中止
Esaman

 警視庁の公安警察による「不当逮捕」の一部始終がJANJANなどインターネット上に公表されて大きな反響を呼んだ「麻生邸拝見」の「やりなおしツアー」が、RTBの呼びかけで23日正午、渋谷・ハチ公前集合で行われました。
 会場には100人ほどが参加し、雨宮処凛さんをはじめ、佐高信、金石範、鎌田慧、大田昌国氏ら応援の文化人も駆けつけました。午後零時40分過ぎに麻生邸に向かって出発しましたが、信号を渡った50mほどの所で引き上げ、ツアーは中止されました。
 主催者側の発表では、制・私服の出動警察官150人と前回よりも警備が厳しく、参加者の安全確保のため中止した、とのことでした。

『JANJAN』(2008/12/23)
http://www.news.janjan.jp/living/0812/0812234050/1.php

◆ ゆでだこデカは「栢木國廣(かやき・くにひろ)」という名前だった!
『麻生でてこい!!リアリティツアー救援会ブログ』
http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/
◆ 『リアリティーツアー2.5 62億ってどんなだよ?渋谷ミステリーツアー』<YouTube 動画リンク>

2008/12/29

藤田の日記  [藤田の部屋
 <板橋高校卒業式> 杜撰きわまりない高裁判決!
 ☆☆ 偽証を見抜けない高裁判事は辞職せよ! ☆☆


 『藤田の日記』 (四季情況歌)
クリックすると元のサイズで表示します
「エゾリス」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/06/01(日)     君が代
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            君が代を 声高らかに 歌いたる 校長今日も 教員を苛む

                            12,23 記

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/06/03(火)     君が代
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            君が代を 声高らかに 歌う者 挽歌なること 知る由もなし

                                 12,23 記

2008/12/29

葛飾ビラ配布事件  ]平和
 ▼ 葛飾ビラ配布事件 最高裁判決に向け 集い
三上英次

 12月19日(金)午後6時半より「かめありリリオホール」にて〈葛飾ビラ配布弾圧事件 最高裁勝利をめざす大集会〉が、「ビラ配布の自由を守る会」主催で開かれた。

 事件は、4年前にさかのぼる。

 2004年12月23日、午後2時過ぎ、オートロックの設置されていない葛飾区のマンションのドアポストに、区内在住の男性(荒川庸生氏)が共産党区議団だより、都議団ニュース、区民アンケート及び返信用封筒、計4種のチラシを配布していたところ、ある住民からの110番通報により住居侵入罪で逮捕される。

 その後、男性は、正月をはさむ23日間の拘留ののち起訴。2006年8月、東京地裁(大島隆明裁判長)は、「犯罪などの不法行為が目的ではなくマンションに昼間、7〜8分入ること」について「許容されないとの社会的合意はない」と指摘、「どのようなときに許されるかは社会通念を基に、立ち入りの目的やマンションの形態などで判断するほかない」とし、当該事例に関して「立ち入り拒否の掲示は商業ビラの配布を禁止する趣旨にも読み取れ、掲示も見えにくい」などの理由により、住居侵入罪は成立せず無罪判決を下した。

2008/12/28

東京「君が代」裁判(1次)・傍聴者の声  X日の丸・君が代関連ニュース
 ★ 東京「君が代」裁判(1次)・第10回最終口頭弁論 傍聴者の声【2008.12.25】
 教師として、人間として譲ることのできない思いを訴えました!


クリックすると元のサイズで表示します
「報告集会」 《撮影:平田 泉》

 【最終意見陳述の順番と内容】
 @星野直之 原告(処分時・保谷高校/原告団および被処分者の会・共同代表)
         …原告の思いと「10・23通達」による教育現場の荒廃について
 A尾山 宏 弁護士(弁護団団長・第1部「本件事件はどういう事件なのか」担当)
         …本訴訟の意義について
 B青木 護 弁護士(第6部「教育の自由」担当)
         …卒業式・入学式等儀式的行事の教育的意義について
 C雪竹奈緒 弁護士(第5部「原告らの思い」担当)
         …原告らが起立およびピアノ伴奏ができなかった理由と思い
 D金 哲敏 弁護士(第6部「教育の自由」担当)
         …被告らの行為は、憲法13条、23条、26条から保障される「教育の自由」を侵害し違憲違法であること

2008/12/28

CANON また違法・脱法まがい  ]U格差社会
 ◆ キヤノン 求人票 労組加入を制限
   厚労省指示で削除


 大分キヤノン(大分県国東市)が人員削減に伴いハローワークで公開した期間従業員の求人票に、労組加入禁止とも受け取れる記載があり、厚生労働省の指示で削除されたことが26日、分かった。
 大分労働局によると、求人票は同社の依頼でハローワーク別府(同県別府市)が作成、1日から公開された。期間従業員について「労働組合は加入対象となりません」との記載があった。

 キヤノン広報部によると、ハローワークに「正社員でつくる組合には自動加入できない」との趣旨を伝え、ハローワークの担当者が記載の表現を考えたという。同社は「行き違いで誤解を生む表現になった。組合加入を否定するつもりはない」としている。
 衆院予算委員会で5日、保坂展人氏(社民党)不当労働行為を助長すると誤解されかねない」と指摘。同日、厚労省が「不適切な表現」としてハローワークに削除を指示した。
 求人は「人員が確保できた」(同社)として8日に取り消されている。
 (共同)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ