2009/4/5

高校屋上に携帯基地局  ]W電磁波と基地局
 ◆ 高校屋上に携帯基地局
   都教委が許可 電磁波影響は?


 東京都教育委員会が都立豊多摩高校(杉並区)の校舎屋上に、都立校では初めて、携帯電話の中継基地局(アンテナ)設置を許可していたことが分かった。ほかの都立校でも申請があれば原則、許可する方針。ただ、自治体によっては、児童生徒の健康への影響などを懸念して学校への設置を認めていないところもあり、専門家からは疑問の声も出ている。

 都教委や同校によると、設置するのはNTTドコモの基地局で、高さ約八メートル。昨年四月に同社の申請があり、同七月に屋上使用を許可。先月末から工事が始まった。
 教育施設の目的外使用に当たるが、都教委は▽携帯電話の公益性▽学校運営上の支障の有無−などを検討して許可したという。
 今後も「防災上など特別の事情がなければ許可する」(都立学校教育部)としている。
 同社側から「影響する電波は国の電波防護基準の百万分の一」との説明を受け、「健康への影響は問題ない」と判断。保護者への説明はしていないという。

 一方、横浜市では一九九七年、市立小中学校六十八校に、携帯電話よりも電波が微弱なPHSの基地局設置を許可したが、その後市議会で問題化し、撤去。市教委は「子どもの健康に影響を与える恐れがないとはいえない」(施設管理課)として、その後は高校を含む市立学校への携帯電話・PHS基地局設置は認めていない。要綱で「不許可」を明文化することも検討中という。

2009/4/5

2009年春の闘い(28)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「千葉高教組」・「新芽ML」。の渡部です。

 G20は、世界の指導者(資本主義制度の代表)たちが、制度を守るために、<表面的には妥協>しました。
 そして、@「大規模な財政出動」とA「金融規制」を確認しました。

 しかし、@は信用の拡大から起きてきた過剰生産恐慌をまたしても<信用で覆い隠す>ものです。そのつけは、いずれ一般大衆に降りかかり(増税)、一般大衆のさらなる貧困化(市場の狭隘化)となります。
 結局のところ、危機の先送りです。
 Aは特にフランス、ドイツなどが強く求めていたものですが、新自由主義政策をとるアメリカ、イギリスなどは強く反対し、<緩やかな規制>になりました。
 ということは、再び同じようなことが起きて来る可能性の温存ということです。

 また、「保護主義阻止」がうたわれましたが、すでに昨年11月のG20で合意しているのに約束違反が相次いでいると言われています。
 現在、世界同時不況は各国で多くの失業者を生み出しつつあり、さらに深刻化しつつあります。
 したがって、今回のG20の<表面的には妥協>は、極めて不安定なものとなるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ところで、「2009年春の闘い」はまだ続きます。

2009/4/5

『森田健作を告発する会』の立ち上げ集会のご案内  \増田の部屋
 ◆ FW: 『森田健作を告発する会』の立ち上げ集会のご案内と告発ご参加のお願い

 こんにちは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。「転送歓迎」となっていますので、既にご存知の方は重複・長文、ご容赦を。
 千葉県知事に森田健作が当選してしまったことを残念に思ってらっしゃる皆様は、千葉県民でなくとも大丈夫ですので、ぜひ、ご参加お願いします!

◆ 森田健作氏の団体、献金違法受領か 2年間計980万円
『asahi.com』(2009年4月3日22時13分)
http://www.asahi.com/politics/update/0403/TKY200904030314.html

◆ 森田健作氏に違法政治資金、献金禁止企業から1010万円
『読売新聞』(4月3日11時19分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090403-00000398-yom-pol

◆ 企業献金にまみれた自民党議員たち
『きっこのブログ』(2009.04.04)
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/04/post-cba3.html
◆ お礼と報告です。
『きっこのブログ』(2009.04.05)
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/04/post-89c4.html

◆ 千葉県知事選:森田健作は公職選挙法違反「虚偽事項の公表罪」に問われるべき
『カナダde日本語』(2009.03.31 (Tue))
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1498.html


………………………………………………
皆さまへ・・・(転送歓迎)

 森田健作の公職選挙法違反および政治資金規正法違反が新聞報道等でも次ぎ次ぎと明らかになっています。「森田健作の不公正な選挙を許さないぞ!」という社会正義心で具体的な取り組みを行います。
 皆さまの積極的なご参加をお願いします。

2009/4/5

月末恒例3月の都庁第2庁舎前ビラ撒き  \増田の部屋
 ▲ 月末恒例3月の都庁第2庁舎前ビラ撒き

 3月31日(火)咲きかけた桜の開花がストップする花冷えのなか、解雇(分限免職)から3周年のこの日定例ビラ撒きを行った。ビラは、増田元教諭の個人情報漏洩問題に関し、都議会で都教委が追及されたことがメインテーマだった。
クリックすると元のサイズで表示します

 この個人情報漏洩問題は、2008年6月最高裁で増田さんの勝訴が確定している。12月に増田元教諭は、鎌田慧さんを筆頭請願人に「都教委の謝罪」「都の個人情報保護決議」「三都議(土屋たかゆき・古賀俊昭・田代ひろし都議)の謝罪」を求める3本の請願を提出し、2月末に文教委員会、3月末に本会議で審議された。
 議会答弁で都教委は「三都議の教唆扇動はなく、あくまでも『自らの裁量権』において三都議に個人情報を違法に提供した」と説明した。しかし都教委が東京地裁に提出した文書によれば、当時の管理課長は「平成11年(1999年)11月20日前後に、田代都議からの電話で、増田教諭の研修の実施状況を、土屋都議事務所へファクシミリ送付するよう求められました。また指導企画課長は、平成12年3月に、土屋都議からの電話で、増田教諭の研修の実施状況を、土屋都議事務所へファクシミリ送付するよう求められました」と書いている。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ