2009/4/7

藤田の日記  [藤田の部屋
 <板橋高校卒業式> 杜撰きわまりない高裁判決!
 ☆☆ 偽証を見抜けない高裁判事は辞職せよ! ☆☆
 ★ 1月26日最高裁に『上告趣意書』を提出。 ★

 ■ 「最高裁に公正な判決を求める署名用紙」ダウンロード ↓ (PDFファイル)
http://www.sirobara.jp/090303fujita-syomei.pdf


クリックすると元のサイズで表示します
「支笏湖」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》

 『藤田の日記』(「言葉」「敗亡」)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2009/04/02(木)     言葉
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 「あったりまえだの クラッカー」 と言ったら、何それと言われた。
 前田のクラッカーも遠くになりにけりだ。
 ところが今日、はるか昔の言い様を聞いた。
 初めて聞いた。
 昭和も遠くなりにけりである。

 あたりき しゃりきに
 あんまのりき
 たぬきに ぶりきに
 ちくおんき

 やなら よしゃがれ
 よしべの こになれ
 ぺんぺん ひきたきゃ
 げいしゃの こになれ


2009/4/7

処分撤回を求めて(105)  X日の丸・君が代関連ニュース
 東京・全国の仲間の皆さんへ。(転送・転載歓迎。重複はご容赦下さい。一部報道関係者にも送信しています。)
 被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

■ 4・25集会の成功を!

■明日は都立高校入学式です。

 明日(4月7日)、都立高校の入学式が行われます。
 処分を振りかざして「日の丸・君が代」を強制する10・23通達(03年)以来、6回目の入学式です。
 この間、子どもたちの門出と未来を祝福すべき卒業式・入学式が「強制」に変質して、心的な教職員にとっては、悩み多い憂鬱な日々になってしまいました。
 でも、私たちは、痛みを乗り越えて闘います。
 子どもたちが生き生きと活動できる教育(教育の自由)を都立高校に取り戻すために!

■4・25集会を成功させよう!
 昨年来、「東京・教育自由裁判すすめる会」なども参加する実行委員会でこの集会を準備してきましたが、いよいよ間近に迫りました。
 子どもを巡る教育の危機を突破するために共に力を合わせましょう!
 ノーベル物理学賞の益川敏英さんも駆け付けてくれます。
 九段会館(定員1300名)を一杯にして異常な東京の教育行政をチェンジする大きな一歩にしましょう。

 ★下記の集会に参加して下さい。集会の賛同者・賛同団体にになってください!
  *報道関係者の取材を歓迎します。

■□今こそ声をあげよう!
   教育を子どもたちのために4・25集会□■
ー愛国心のおしつけ・「日の丸・君が代」強制・教育の格差NO!ー




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ