2009/4/8

処分撤回を求めて(106)  X日の丸・君が代関連ニュース
 東京・全国の仲間の皆さんへ。(転送・転載歓迎。重複はご容赦下さい。一部報道関係者にも送信しています。)
 被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。連日お騒がせします。

 ■ 高裁での勝訴を目指し本日控訴!

◆◇<報告>東京「君が代」裁判一次訴訟
   3・26不当判決に負けず、本日控訴◇◆


 3月26日、東京地裁民事19部(中西裁判長)は、東京「君が代」裁判(一次訴訟、原告172名)の判決において、10・23通達と校長の職務命令に基づく戒告・減給の懲戒処分は、「違憲・違法とは言えない」という都教委追随の不当判決を出しました。
 しかし原告団は、本日、逆転勝訴・処分撤回を目指して東京高裁に控訴しました。
 不当判決に対する原告の怒りも強く、地裁での172名の原告の内、最終的に169名が控訴に加わりました。
 高裁・控訴審では、3・26判決が認定した都教委側の主張の矛盾・虚偽、10・23通達の違憲違法性を逐一明らかにして、懲戒処分取消・損害賠償を目指して、(最高裁を視野に入れて)逆転勝訴の日まで闘い抜きます、
 最後までのご支援をよろしくお願い致します。

■卒業式処分・都人事委不服審査請求へ!

 3月31日、都教委は卒業式における不起立・ピアノ不伴奏を理由に教職員12名(高校7名、特別支援学校4名、中学校1名)の懲戒処分を強行しました。
 これで10・23通達に基づく処分者数は延べ422名となりました。
 都立高校・特別支援学校の卒業式被処分者の大半は、処分取消を求めて都人事委員会に不服審査請求を行います。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ