2009/4/14

「主任」制度反対を貫こう!  Y暴走する都教委
 ◎ 「主任」制度反対を貫こう!

・制度に反対、が執行部の基本姿勢のはず

 昨秋、妥結を伝える本部委員会で配付された「都労連見解」では、「『新主任』にはあくまで反対であり、これを設置すべき理由を都教委は何も示せていない」と断じている。この点を質された執行委員は、「反対の気持ちは変わらない。断固反対の姿勢を貫いていく」と回答した。また、その次の本部委員会で質問を受けた委員長は、「主任が導入されたのは敗北である」と明確に総括している。
 これにもかかわらず、その後の執行部の取り組み姿勢は、「なるべく多くの人が受けること」にのみ集中しているようである。受ければ殆どの人が通る(少なくとも区分Iは)、あるいは、そうした状況が作れる可能性があるような発言もあった。しかし、今回の結果は高校においては4,202名の応募者のうち合格は2,916名、その半数に近い1,300名ほどが不合格とされている。「ユーシー」紙上では既に2000年に同様な制度が導入された英国でも、「応募すれば受かる」と言われていたのに現在は制限枠(クオータ)があるとして、最大の教員組織NUTが問題にしているという情報も伝えながら、「主任」の制度に懸念を示してきた。今回の結果は、この状況をいっそう意識させるものである。

・OJTの枠組みを突き崩すための情報も指針もきわめて不十分な執行部方針
 少なくとも、副委員長の答弁からは、きわめて不明な中で、事態に対処してきたとしか思えない。たとえば、3/6日付け人事部長名の「主任教諭制度の導入に当たって」という文書には、「主任教諭が若手教員一人一人のOJT責任者」として動くこと、自己申告において「後輩や若手教員の人材育成について具体的な内容」を明らかにすること等重大な記述がある。

2009/4/14

同僚って何ですか  Y暴走する都教委
 ◎ 同僚って何ですか
都立高校教員A

@人事考課の最終面接に校長室に行くと、校長はまず、今朝のこととして、朝の打ち合わせ時の分掌内での私の発言がすでに校長に伝わっていました。分掌の同僚しか知らないはずのこと、密告ですか、唖然としました。

A人事考課での業績評価が出て、不服だったので、説明を校長に求めたところ、あなたは授業進度が遅いと聞いている、「B」も考えたが、「学習指導」は「C」にしたとの校長の説明。校長の屁理屈はどうでもよかった。同じ教科内でのことが校長に伝わっている。同僚が話しているのがショックで、反論の意欲が萎えてしまった。この時同じ分掌からも勝手な情報が流されていた。一度も遅れたことなどないのだが。仕事に工夫が不足しているなどと。

B管理職などどうでもいい。同僚が私のことを話していることがショックだった。お前の同僚から情報は流れてきているんだよと愚かにも口にしてしまう校長には感謝すべきなのか。こんな同僚のいる職場には居たくない。担任が終わったら異動しよう、そう思った

Cしかしそこで思い出した。「主任教諭」が生まれたこと、「主幹」がいること、そしてOJT(On the Job Training)とかいう能力開発(?)を。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ