2009/4/20

藤田の日記  [藤田の部屋
 <板橋高校卒業式> 杜撰きわまりない高裁判決!
 ☆☆ 偽証を見抜けない高裁判事は辞職せよ! ☆☆
 ★ 最高裁に『上告趣意書』を提出。 ★

 ■ 「最高裁に公正な判決を求める署名用紙」ダウンロード ↓ (PDFファイル)
http://www.sirobara.jp/090303fujita-syomei.pdf


クリックすると元のサイズで表示します
「オオハクチョウ」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》

 『藤田の日記』 (大野昭之 「自主独立」「民主集中」の虚構)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/11/09(日)     大野昭之 「自主独立」 「民主集中」の虚構 1
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (新宿模索舎にて販売中、
  {ひらく}連載  編集部、酒井雅巳、g95@peachi.ocn.ne.jp)
 一学生、一教員の目に映った占領下から60年安保までの日本共産党史の一断面

* 60年安保と私

1、 私はどうして党をやめたか?


 中学教師に

 私は1951年3月、東大農学部農業経済学科を卒業した。
 50年1月にコミンフォルムが行った日本共産党批判によって、徳田球一ら多数派(所感派)と、国際批判を全面的に承認する志賀義雄、宮本顕治、春日庄次郎ら国際派に分裂し、その一環として、東大細胞も解散(全員除名)の処分を受けた。

続きを読む

2009/4/20

高麗博物館講座『在日の今を語る』報告  \増田の部屋
 ◆ 高麗博物館講座『在日の今を語る』報告

皆様
 こんにちは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複・長文ご容赦を。

 昨日(09年4月18日)は高麗博物館連続講座2009「在日の今を語る」第1回、梁 澄子(ヤン・チンジャ)さん「私をつき動かすもの」に参加しました。
 ゆとりを持って行き、展示でも見てから講師のお話を聞こうなどと思いながら、やっぱり新大久保の博物館に着いたのは定刻10分前の17:20。狭い会場は、もう、席にそんなにゆとりはありません。定刻には博物館会員の方を中心にぎっしりとなりました。60名ぐらいの参加者でしょうか。最初に名誉館長であり、「日韓100年市民ネットワーク」の共同代表である宋富子(ソン・プジャ)さんからご挨拶がありました。この講座は、もう4年目に入るそうです。
 講師の梁 澄子さんは「人生を50年生きて」と語られましたから、50歳でいらっしゃるかな? 小学校から高校まで朝鮮学校に通い、明治大学文学部を卒業、朝鮮語教師、通訳・翻訳業をしながら、在日の「慰安婦」被害者・宋神道さんの支援に関わり、現在、ソウルの「戦争と女性の人権博物館(WHR)日本建設委員会」代表として、たいへん多方面にご活躍中です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ