2009/4/21

   『ほっととーく 76』より
 ◆ 3・28デモ行動から校門闘争へ!(2)

 ◆ 校門闘争

 4月6日より,校門に立ち始めました。4月1日,校長が教員に停職処分を告げたそうです。4月3日,職員打ち合わせの前の時間外に私は一言挨拶しました。門前でのビラの受けとりはよく,前回より余程表情が柔わらいでいるとビラまきにきてくれた人は一様に言います。私が5年目になることもさることながら,ことあるごとに校門でビラをまいてきた効果(?)でしょうか。ビラを受けとってもらえることは嬉しいかぎりです。
 7日の入学式の日は大きい日の丸が2本,門柱からつき出され.旗の真下に置かれた「入学式」の看板前で写真を取って入る親子が沢山いました。
 校門闘争は,月,火,水の週3日,8時から10時まで立つことにしました。それでも4月6日,7日,8日,毎日ビラを替え,印刷し,朝早く門前にもっていき,2時間立ってまき,夕刻には会議に行くとまだ3日目なのにもう疲れ果てました。
 毎週水曜日には夕方5時30分から1時聞,西武線練馬駅でビラ情宜します。8日は清掃労組や北部共闘の方たち3人が来てくださいました。トラメガを肩に大声を出したら,のどがバリバリになりまし為美声が……。上記以外の時間には地域の団体をまわろうと考えていますが,この調子ではとても手がまわりません。皆さん,助けてください。

 ◆ 卒業式のことなど
 3月23日(月)は中学部の卒業式でした。(養護学校は殆どの学校で2回,卒業式があります。北養は2年前から自分の所属学部のみ出席すればよいことになり,また45周年行事も,全国研究発表会になったので,助かりました。)
 卒業生が入場し,副校長がわざわざ壇上に上がって開会の辞をのべると,ただちに「国歌斉唱」「前奏に続いて御唱和ください」と司会が言いました。

2009/4/21

3・28集会と王子デモ  X日の丸・君が代関連ニュース
   「日の丸・君が代」の強制と処分を許さない
 ◎ 3・28集会とデモに参加して

RM(HOWS)

 集会当事者の渡辺さんは,我が家にも「集会裏方を手伝える人は,早めに来て!」というFAXを送ったそうだか,私は呑気に集会開始時間の11時ぎりぎりに会場に着いた。(あいにくFAC受信機に紙が入っていなかったのだ)。
 まだ集会は始まっていないというのに,すでに会場は満杯状態であった。「どれだけの参加者が来てくれるか……」と,渡辺さんは不安を募らせていたのに,すごい!が,そんなものじゃない。その後も参加者が増え,会場の後ろの方は,通勤電車並に身動きが出来状態になってしまった。
 私も後ろに立って「よかった,よかった」と思っていると「デモのアナウンス嬢をお願いね」と,これまた突然に言われ,大あわてで(やはりFAXで頼んだとのこと〉チラシ等を参考にしながら「アナウンス原稿」を考えることになってしまった。
 アナウンス内容は主に「都教委の『日の丸・君が代』強制と処分は許さない」(集会内容そのまま)だったが,後から思うと,渡辺さんが働く「北特別支授学校(養護学校)での卒業式のあり方の問題について,いかに子どもたちの人権が無視されているか」という内容も,盛り込むべきだった。
 学校近くの住民や商店街の人々,公園でお花見をしていた人たちは,養護学校内で日常,そして卒業式にどのような事が行われているのかなど,ほとんど知らないのではないか。今回のデモは,ほんの少しでも聞いてもらえるチャンスだったのにと,私は一人反省している。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ