2009/4/22

教育を子どもたちのために 4・25集会  X日の丸・君が代関連ニュース
 ★ 愛国心のおしつけ・「日の丸・君が代」強制・教育の格差 NO! ★
 今こそ声をあげよう! 教育を子どもたちのために 4・25集会
 4月25日(土)
 1:30開場 2:00開会
 九段会館

  ●地下鉄東西線・新宿線・半蔵門線(九段下駅)A4出口1分
  ●JR総武線(飯田橋駅)10分
 資料代800円 高校生以下は無料

 ★オープニンゲ 和太鼓演奏《荒馬座》
 ★特別講演  教育と自由一私の研究生活から一 益川敏英さん
  (2008年度ノーべ物理学賞を受賞。教育・平和問題にも鋭い発言。「九条科学者の会」呼びかけ人。)
 ★現場からの報告
 ★パネルディスカッション コーディネーター
 小森陽一さん 木附千晶さん 藤田英典さん 本田由紀さん

 ☆ 子どもを救おう!
   4・25集会の成功へ

東京大学 小森陽一
(東京・教育の自由裁判をすすめる会 共同代表)

 「百年に一度の危機」がマス・メディアで声高に叫ばれている中で、絶対に崩してはならない安全網は、生活と医療と教育である。

 「生活」に関しては、二〇〇七年に湯浅誠さん(NPO法入もやい)たちの努力で、「反貧困ネットワーク」が結成された。全国キャラバンから〇八年末の「日比谷派遣村」にいたるとり組みによる、今までにない運動の広がりの中で、国・企業・自治体と具体的措置を求める交渉を行い、実効性のある成果をかちとり、少しずつではあるが押し返しつつある。

2009/4/22

第7回小田原近現代史講座のお知らせ  \増田の部屋
 ◆ 第7回小田原近現代史講座のお知らせ

 おはようございます。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお知らせしています。重複・長文、ご容赦を。

 件名講座(テーマは「民族独立運動と大正デモクラシ−」)を4月26日(日)、午後2時〜小田原けやき(小田原市役所隣)で行います。ご近隣でご都合のつかれる方は、どうぞ、ご参加ください。

 以下、前回の感想の一部です。小田原はご高齢の参加の方も多く「国民学校では、こんなこと少しも習わなかった。初めて知ったことばかり」という口頭のご感想もありました。

●第6回「小田原近現代史講座」<「第一次世界大戦と日本」の感想・意見>

*第一次世界大戦の死者・負傷者の数を、数字で示された時、愕然とした。参戦したほとんどの兵士が犠牲となっていた。それは、戦車・戦闘機などの新兵器の発達によるところが大きい。
 こんな無益な戦争だったのかと腹立たしくなった。しかし、その後も同じような戦争が繰り返されていることを考えると、為政者は、いつの時代もなんて愚かなことだろうと思う。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ