2009/4/23

2009年春の闘い(30)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「千葉高教組」・「新芽ML」。の渡部です。

 本日(4月22日)、東京地裁で、養護学校関係と河原井・根津さん関係の合同の「君が代」裁判の公判がありました。

 去る3月26日にヒドイ判決が出ましたが、これはそれとはまた別の訴訟です。
 (彼女たちはいくつもの「君が代」訴訟を抱えています)
 裁判長は「3・26判決」の中西裁判長ではなく、青野裁判長になりました。
 本日の公判では、弁護士の意見陳述と@養護学校のMiさん、AMaさん(弁護士が代読)、B河原井さん、C根津さんの意見陳述が行われました。
 いずれも素晴らしい内容でしたが、ここではとくに、AとBの意見陳述を紹介します。

 <AMaさんの意見陳述から>
 2003年の「10・23通達」の翌年3月、私は新小1の担任に指名されました。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 入学式が始まりました。体育館へ入ることを嫌がる子。
 入場したものの席に着くや泣き出す子。
 そしてその場から離れようとする子。
 間髪を入れずに司会の号令。「起立。国歌斉唱」。
 さして暑くもないのに、汗だくで他暴れるわが子を抱きかかえる保護者。
 そんな保護者と子どもの姿を目の当たりにした時、私は足元から力が抜けてしまいました。
 「ここはもう学校じゃない。こんなことまでして入学式をする意味があるのか。」
 私は椅子に座っていました。
 私はこの行為により戒告処分を受けました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ