2009/4/24

処分撤回を求めて(108)  X日の丸・君が代関連ニュース
 東京・全国の仲間の皆さんへ。(転送・転載歓迎。重複はご容赦下さい。一部報道関係者にも送信しています。)
 被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ●○ 4・25集会の成功へ! ○●

■4・25集会の成功でを東京の教育をチェンジしよう!


 いよいよ「今こそ声をあげよう!教育を子どもたちのために 4・25集会」が明後日に迫りました。
 私たちは東京都・都教委の「日の丸・君が代」強制反対の闘いに勝利するために「裁判と運動は車の両輪」を合い言葉に闘ってきました。
 この集会は、その闘いの結節点となるものです。

 あと残された期間、広く参加を呼び掛けこの集会を成功させましょう!
 東京の異常な教育行政をチェンジするために!
 報道関係者の取材もお願いします。

●○今こそ声をあげよう!教育を子どもたちのために 4・25集会○●
 ―愛国心の押しつけ・「日の丸・君が代」強制・教育の格差NO!―
 4月25日(土)
13時30分開場 14時開会 九段会館

  ★特別講演:益川敏英(ノーベル物理学賞受賞者、科学者9条の会呼びかけ人)
  ★パネルディスカッション(小森陽一、藤田英典、木附千晶、本田由紀)
  ★現場からの報告(被処分者の会・予防訴訟事務局川村佐和さんの発言あり)


2009/4/24

東京都の教育管理職受験者激減  Y暴走する都教委
 ◎ 管理体制崩壊の危機
 〜倍率低下が止まらない東京の主幹級・管理職選考

若杉 倫

 「10・23通達」以降の職場の疲弊は、管理職・主幹職選考の倍率激減に現れている。その驚くべき崩壊の数字を明らかにしよう。

■《主幹級選考》計画倒れ、無惨な未達成
 鳴り物入りで2002年から導入された主幹制度は、7年目の2008年に全校配置が完成する予定であった。ところが、年を追う毎の不人気ぶりで、最近は倍率1倍そこそこの"全入状態"、3年連続"二次募集"でまるで"困難校"の入試並みである。ついに全校配置に遠く及ばない達成率7割で完成年度を迎えてしまった。
 (完成時必要数:5,514、配置実績:3,861、充足率:70.0%)
 未達成数1,653は、このままのペースだと単純計算でも3年かかるし、毎年管理職に300人〜400人抜けるからいつになったら充足できるか全く見通しは立たない。
 この数字が失敗でなくて何であろうか「数値目標」が達成できなかった人事部長と担当者は、PDCA(plan do check action)により、責任を取って辞任すべきである。

<主幹職選考これまでの実施状況>
  年度  受験者数  合格者数   倍率
 ―――――――――――――――――――――――
  14  2,258   1,732   1.30
  15  1,356   1,091   1.24
  16    727     625   1.16
  17    744     680   1.09
  18    577     532   1.08
  19    641     606   1.06
  20    653     614   1.06




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ