2009/4/26

2009年春の闘い(31、最終)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「千葉高教組」・「新芽ML」。 の渡部です。

 本日(4月25日)、東京・九段会館で、『愛国心のおしつけ、「日の丸・君が代」強制、教育の格差、NO! 今こそ声をあげよう!教育を子どもたちのために4・25集会』が開かれ、1200人が参加しました。

 集会では、まず、<現場からの報告Part1>があり、「シングルマザーからの訴え」というのがありました。
 日本の母子家庭は120万世帯あります。
 平均年収は213万円です。
 就労率は84.5%(世界第3位、非正規が多い)
 平日育児時間は46分(二重就労も多い)
 貧困率は約60%です。(OECDの中でも高い)
 しかも、この間、<児童扶養手当の削減>、<生活保護の母子加算の廃止>などが行われています。
 そして、「差別」と「偏見」があり、時間がないにも関わらず、「平等」の名の下に、PTAの会議にも強制参加させられる。
 しかも、「公立(の義務教育)」だけでは、自立出来ない社会になっている。

他には、
 ・改悪教育基本法の具体化と「協力関係」の破壊
 ・新学習指導要領と教科書の問題点

などが報告。

次に、小森陽一(東大教授)さんがコーディネーターとなり、
  藤田英典(国際基督教大学教授)さん、
  本田由紀(東大大学院教授)さん、
  木附千晶(機関紙『子どもの権利モニター』編集長)さん、

による<パネルディスカッション>が行われました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ