2009/4/30

「ビラ配りは表現の自由だ」  ]平和
 ◎ 「ビラ配りは表現の自由だ」最高裁に求め総会
三上英次

 ふつうのマンションにビラを配るのは、配る側の表現の自由や思想・良心の自由の観点から、また受け取る側にとっては知る権利の観点からも認められるべきだ。
 都内で開かれた「ビラ配布の自由を守る会」総会では、住居侵入などで逮捕された事例や現職市議への圧力の事例も報告され、警察・司法のありかたが改めて浮き彫りにされた。

 ことの発端は、2004年12月に、東京都葛飾区在住の荒川庸生氏が、区内マンションのドアポストに都政、区政に関する資料やアンケートを配布していたところ、住民からの通報で亀有警察署刑事課、警視庁公安部の警察官らによって現行犯逮捕されたことに始まる。正月をはさんで23日間の拘留の後、住居侵入罪で起訴、東京地裁(無罪)、東京高裁(有罪)を経て、現在最高裁で審理が続いている。

 「ビラ配布の自由を守る会」主催の第5回総会が、17日午後、亀有駅前の地区センターで開かれた。同じような「言論弾圧」事件として注目を集める堀越明男氏(国公法堀越事件)、宇治橋眞一氏(国公法世田谷事件)らにまじって、国分寺市議会議員・幸野おさむ氏も演檀に立ち、自らの経験を語った。
 幸野氏によれば、2008年5月、国分寺市内マンションの集合ポストに市議会報告を配布するため敷地内にいたところ、住民から注意を受けた。その後、マンション管理組合からの被害届を受けて6月に警察が書類送検したが不起訴処分となったという。

2009/4/30

和田中「夜スペ」裁判の原告の方から  ]平和
 ◆ 和田中「夜スペ」裁判の原告の方から

<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「千葉高教組」・「新芽ML」。の渡部です。

 4月28日に、和田中「夜スペ」裁判のことを報告しましたが、その後、原告の方から以下のようなメールが入りました。
 これを読めば、マスコミがあれほど持ち上げた藤原校長と和田中の教育が、実は、いかにひどいものであったかがわかると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 本日はわざわざ傍聴に来てくださり、有難うございます。
 いろんな方に和田中のいい加減な商業主義と和田中地域本部のいかがわしい事実を知っていただきたいと思っております。
 この事実は何度マスコミに警告しても、藤原ちょうちん記事の垂れ流しが続いています。
 和田中はまともな先生方はみんな異動してしまいました。
 抜け殻のような学校です。
 夕方になると塾の人間なのか、サポーターと称する得体の知れない人間が校内をうろうろする異様な雰囲気の中学校だそうです。
 和田中を希望する先生など皆無です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ