2009/6/30

07年処分取消・人事委員会公開口頭審理傍聴のお願い  X日の丸・君が代関連ニュース
 東京「君が代」裁判原告団の星野です。
 「公務員は憲法遵守の義務がある」と憲法99条に定められているにもかかわらず全く無視し、戦争大好き・暴力的な石原知事は「命がけで憲法を破る」と公言する。知事自身と特異な考えを共にする教育委員を自薦し、「憲法19条、20条、21条」を無視し、「47年教育基本法」の「教育内容への不当な介入は許されない」を、一通の「10・23通達」で暴力的に破壊し続ける。
 教育現場から「自由と民主主義」を守るために、やむなく静かなる40秒間の「不服従」教師を大量に処分し続ける。「通達」が出されて6年目。不当な仕打ちの数々にも決して屈することなく、勇気を持って「不服従」教師は継続されている。「通達撤廃」を目指し、「教育の自由」を取り戻すためにも、多くの皆さんの傍聴支援を呼びかけます。

 ◎ 07年処分取消・人事委員会公開口頭審理始まる!

 7月より07年処分事件(35名)の都人事委員会公開口頭審理が始まります。
 07年処分事件は、06年9月21日の東京地裁難波判決「10・23通達は違憲・違法」「いかなる処分もしてはならない」と判示された直後の周年行事・卒業式・入学式で不当にも処分された仲間が処分取消を求めて都人事委員会で闘っている事件です。
 以下の日程で開催されますので多くの皆さんの傍聴・支援をお願いします。

 ★☆ 第1回07人事委員会公開口頭審理日程 ☆★
  ●時間・場所(共通)  13時30分 傍聴券配布 都庁第1庁舎北棟38F
                13時45分 傍聴抽選 都庁第1庁舎北棟38F
                14時 公開口頭審理開始 都庁第1庁舎北棟39F

2009/6/30

定期大会特別決議  Y暴走する都教委
 【特別決議】
☆ 再雇用・再任用・非常勤教員等の採用拒否に抗議し闘う決議

 2003年の「10.23通達」の発出から6年が過ぎようとしている。この間、東京都および都教育委員会の攻撃はますます強まり、異常な権力的教育行政が学校現場を苫しめている。しかも、こうした都教委の横暴は、2006年9月21日の「東京地裁難波判決」によって「違憲・違法」と断じられた後も変わることなく、今年の卒・入学式の処分によって被処分者の総数は423名に達した。私たちは、司法の判断を無視する都教委の違法行為を断じて許すことはできない。

 「10.23通達」に関連した被処分者の退職後の再雇用採用拒否は今年も7人を数え、2005年以降すでに45人を越えている。2008年度より再雇用制度は嘱託員制度から非常勤教員制度に変更されているが、一般的には希望者のほとんどが採用されている。ところが被処分者は昨年まではすべて採用を拒否され、今年も5年が経過しない被処分者は全員採用を拒否されている。

 2005年度・2006年度に採用を拒否された人たちが「採用拒否撤回・損害賠償」を求めた裁判において、2008年2月7日、東京地裁は、東京都・都教委の「裁量権の逸脱・濫用」「不法行為」を認定し、被告東京都に対して損害賠償を命じる判決を下した。ところが都教委は、この判決を無視して、一昨年の12人、昨年の13人に引き続き、今年も被処分者の7名の採用を拒否したのである。

2009/6/29

定期大会チラシ2  W板橋高校卒業式
 <板橋高校卒業式> 杜撰きわまりない高裁判決!
 ☆☆ 偽証を見抜けない高裁判事は辞職せよ! ☆☆

 ★ 6月3日、最高裁に『署名』第一次集約分2178筆を提出。 ★
 ■ 「最高裁に公正な判決を求める署名用紙」ダウンロード ↓ (PDFファイル)
http://www.sirobara.jp/090303fujita-syomei.pdf


 【定期大会チラシ】
 ◎ 都教委の暴政と闘う、都高教組合員諸氏へ
藤田 勝久

クリックすると元のサイズで表示します
「羊蹄とキビ」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》

 ● 板橋高校刑事弾圧事件への支援に感謝します。そして主幹制度を粉砕しよう。

 美濃部都政下では、「アカハタ」や「社会新報」を読んでいた都職員が、石原都政下ではね回っている。上に気に入られるべく人事考課の羽根車の中で、次々とアホな施策を噴出させている。その状況下で現職は日々まことに大変であると思う。
 ここらで反撃に転ずるべきではなかろうか。都教委の弱点に一撃を与えよう。
 「主幹」は倍率一倍を実質保持しえていない。
 「主幹受験拒否闘争」に撃って出よう!まずは、「主幹制度」を崩壊させることによって局面の展開をはかろう!

タグ: 板橋高校

2009/6/29

定期大会チラシ1  W板橋高校卒業式
 【定期大会チラシ】
 ◎ 板橋高校卒業式 藤田さんは無罪
   最高裁は事実審理を行い無罪判決を

福井 祥

 私たちは、「日の丸・君が代」に関わる唯一の刑事弾圧を蒙った藤田さんへの不当な「威力業務妨害罪」を無罪とすべく活動しています。
 会には、多くの都高教退職者が参加しています。私たちが現場を離れて数年、現役の方から余りにもひどい、変質した都立の現場状況を聞き、忸怩たる思いとともに、激しい怒りを感じます。
 そして大会に参加された都高教組合員のみなさん、そのような厳しい現実にあっても、職場の仲間を信頼し、職場の団結を基礎にがんばっている都高教の仲間たちに敬意を表し、支援に感謝し、可能な連帯の道を今後も探っていきたいと思っています。

 ● 地裁以上に杜撰で政治的な高裁判決を糾弾する
 一審東京地裁は、2006年5月、検察求刑懲役8月に対して、罰金20万円とする有罪判決を決定しました。<量刑の説明>の項では、藤田さんは熱心な教員であり、「式への影響は些少」と述べながら、無罪を回避する不当な政治的判断を行いました。
 東京高裁の控訴審では、刑法学者曽根教授の証言、卒業式を保護者席後方から見た貴重な保護者の証言、弁護団の核心的追求で、検察の恣意的・政治的主張を覆し、具体的論理的に検察を追いつめました。しかし、高裁は<事実>や<憲法論理>を一切無視して、控訴棄却の不当判決を強行しました。

タグ: 板橋高校

2009/6/28

都教委糾弾ビラまき&35年ぶりの再会!  \増田の部屋
 ◆ 都教委糾弾ビラまき & 35年ぶりの再会!

皆様
 おはようございます。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複・長文、ご容赦を。

 月末恒例の件名ビラまきを、30日(火)、午前8時〜9時、都庁第二庁舎前で行います。朝早くて恐縮ですが、ご都合のつく方には、ご参加ご協力いただければありがたいです。ご都合のつかない方にも情報として知っていただければ嬉しいです。

 以下はビラ内容の一部です。
--------------------------------------------------------------------------------------------
 ● 「批判」と「誹謗」(都教委と同様) 区別ができない裁判官たち!?
 ☆増田都子教諭の不当な分限免職を撤回せよ!


 6月11日の「分限免職」撤回請求裁判において、東京地裁民事36部の渡邊弘(裁判長)ほか、三浦隆志、秋武幾代の裁判官は都教委の不義を正さず、都教委の言い分をコピーして貼り付けただけの反動判決を出しました。

2009/6/28

都高教定期大会で通った修正案  Y暴走する都教委
 ◎ 都高教定期大会で通った修正案

 都高教第81回定期大会(2009.6.27) 「2009年度運動方針」


 通った「修正案」を並べてみるだけで、何かが見えてくる。
 採決で多数を得たもの9件(受け入れ修正案13件は省略)。


◆ ☆ 国威発揚を目的とする「2016東京オリンピック招致計画」に断固として反対しよう。

◆ 都高教は教科「奉仕」必修化にひきつづき反対し、

◆ 近年、都教委によって修学旅行の費用の上限が・方的に定められることによって、沖縄修学旅行が実施しにくくなってきています。沖縄での平和学習についても支障が出てきています。その一方で都教委は特定の学校に対しては費用上限を取り払い、「海外修学旅行」を推奨しつつ認めてきています。私たちは各校が生徒・保護者と話し合い、自主的かつ自由に旅行先が選定できるような制度を求めていきます。あわせて、校長の"天下り先"ともいわれる修学旅行協会の透明化を求めていきます。

◆ 6.七生養護学校事件等に見られる都議の「不当な支配」を許さず、学校現場の自主的取り組みを尊重させよう

2009/6/27

多摩市聖ヶ丘市民の会チラシ  ]W電磁波と基地局
 《電磁波研会報》 (2009/5/31 No.58)発行:電磁波問題市民研会

 5基もの携帯基地局が乱立!?
 ☆ 聖ヶ丘を安心して暮らせる街にしようではありませんか ☆
 今からでも遅くありません!
携帯基地局を考える市民の会 2009,5.6

1.連休明けに今度はKDDIが新たな基地局を建します!
 既にソフトバンクの基地局が建ったスーパーいなげや近くの緑地に、今度はKDDIが更に大規模な高さ20mの携帯基地局を建設する予定です。
 これが建つと聖ヶ丘地区に5基もの基地局が乱立し、“癒し”“安らぎ”の場であるはずの公園緑地が、「心配」「不安」の発信地に様変わり。20数年間に渡って守られてきた私たちの健康環境が一方的に壊されていくのは、とても納得できません!!

2,携帯基地局って何が問題なの?
 主な問題点は、
 @電磁波による健康への影響(電磁波の安全性は立証されていません。従って健康リスクがあり得ます。世界的に問題になっていて日本は遅れています。)
 A倒壊の危険性
 B周囲の美観景観の破壊
 C周辺地域の資産価値下落(既にドイツで起きています。〉
 D威圧感・不安感による精神的ストレスの増加
 E落雷の誘発(高い電波塔が雷を呼び家電製品が壊れます。)等々です。

2009/6/27

堀越明男さんは無罪!要請行動と裁判傍聴のお願い  ]平和
 < 国公法弾圧堀越事件の裁判要請行動へのご参加と裁判傍聴のお願い >

 ■7月8日(水)午前11時から、裁判長への『未開示ビデオの証拠開示』と『無罪判決』についての要請を行います。
  ※ あわせて署名の提出も行いますので、署名を持参の方は数の集約をしますので、事前にご連絡をいただくか、10分前までに集合場所にご持参下さい。
 集合時間10時45分
 集合場所 高裁の門を入った右手のところ
 要請の時間 開始11時から 30分間

 ■ 第10回公判は、7月8日(水)午後1時15分から東京高裁102号法廷にて

  前回の晴山一穂教授(専修大学大学院法務研究科)のフランスの公務員法制に続いて、今回はイギリスにおける公務員法制について、榊原秀訓南山大学教授が証言をされます。
  →国連から撤回を勧告された日本の国家公務員法が、諸外国の国公法とはいかに異質なものであるかが証言される予定です。

☆ 前回の公判では、2人の裁判官の交替に伴い、鈴木亜英弁護士が、昨年の国連規約人権委員会から日本政府に対して『国公法を撤回せよ』と勧告されたことに基づいた更新弁論を行い、その証拠申請を行いました。

 しかし検察側は、これを証拠として採用することについて、即「不同意」としました。
 堀越弁護団の弁護士は、即、これに対して次々に抗議し、中山裁判長「(この証拠採用については)次回、水を入れて」と結論を次回にまわして閉廷しました

2009/6/27

扶桑社教科書問題、フジ株主総会で追及!  \増田の部屋
 ◆ 扶桑社教科書問題、フジ株主総会で追及!

皆様
 こんにちは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複・長文、ご容赦を。

 本日はフジ・メディア・ホールディングス(株)の株主総会が、お台場のホテルで午前10時からありました。これはフジTVを中心とするフジ・サンケイグループの事業を統括する持株会社であり、去年「日本で初めての認定放送持株会社」となったというのがウリ!? という会社で、扶桑社は全額出資の子会社となります。

 そこで、扶桑社教科書問題について親会社としての責任を追及するため、産経新聞内に御用組合でない真っ当な労働組合「反リストラ産経労組」を作ったために懲戒解雇され、撤回を求めてこの会社と闘っている松沢弘さんとともに、株主となって総会に乗り込んだわけです!

 私は添付のように総会前日までに到着するようにA4で3枚、合計14の質問を書いた質問状を、配達証明郵便で送っていました。いくらなんでも株主に対して一つくらいは回答するだろうと思っていたんですが・・・なんと、松沢さんの質問状にはいくつかは回答したのに、私の質問は全く無視するのです。もちろん、答えたくはないでしょうが・・・

 そこで、挙手して何度も何度も質問を求めました。フジ・サンケイグループに22年も!? 君臨する議長の日枝会長は、なかなか指名してくれません。やっと、終わりくらいに指名され、怒りをこめて、以下の質問をしました。

2009/6/26

社会新報「今週の人」欄  \増田の部屋
 小田原近現代史講座のお知らせ
  ●日時:6月28日(日)午後2時〜5時
  ●テーマ:「世界大恐慌と日中戦争」
  ●場所:おだわら国際交流ラウンジ

    〒250−0011 小田原市栄町1−15−19
    TEL・FAX:0465−24−7760


皆様
 こんにちは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複、ご容赦を。

 6月24日付社会新報「今週の人」欄に、ジャ−ナリストの林克明さんが「良心ある人々と最後まで闘う」と、私へのインタビュー記事を載せてくれましたので、ご紹介します(添付ファイルは写真入)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 6月11日、東京地裁。渡邉弘裁判長は、傍聴席に聞こえない声で約10秒間主文を読み退席した。都教委による分限免職取り消し請求訴訟の原告・元千代田区立九段中学校教諭の増田都子(59歳)さんの請求が棄却された瞬間だった。

 「私は、故ノ・ムヒョン韓国大統領の05年3月1日演説を題材にして、扶桑社の『歴史教科書』と侵略否定発言をした古賀俊昭都議(自民党)を歴史偽造主義と授業で教えました」(増田さん)。実際、古賀都議「いったいどこの国を(日本は)侵略したのか」と都議会で述べている。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ