2009/6/3

フランスでは公務員の政治的表現活動は権利!  ]平和
 ◆ フランスでは公務員の政治的表現活動は権利!
 〜晴山一穂教授(専修大学大学院法務研究科)5月13日 控訴審第9回公判で証言


 社会保険庁職員の堀越明男さんの控訴審第9回公判が13日、東京高裁で開かれました。弁護側証人尋問で、晴山一穂教授(専修大学大学院法務研究科)が、フランスにおける公務員の政治活動に対する法的規制について、同国の公務員法制や裁判事例を詳しく示しながら証言しました。

 春山教授は、フランスでの法規制は、官吏の政治活動が権利として保証されており、官吏の政治活動を正面から制限する法律など存在しないこと、フランスでは堀越さんが行ったようなビラ配布行為は一市民として職務時間外に行った正当なものであり、刑事罰を与えることは全く問題にならず懲戒処分にも当たらないと証言。

 裁判官の交替に伴う更新弁論も行われ、鈴木亜英弁護士が陳述。昨年10月に出された国連人権規約委員会の勧告が、国公法や住居侵入罪でのビラ配布弾圧問題を取り上げ、「表現の自由及び選挙運動の自由に対するあらゆる不合理な制限を撤廃しなければならない」としていることを示し、無罪判決を求めました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ