2009/6/19

解雇裁判総会のお知らせ  X日の丸・君が代関連ニュース
 お集まりください! 控訴審判決と上告審に向けて
 ○●○ 「君が代」強制解雇裁判 ○●○
 行政におもねる東京地裁「佐村不当判決」をはねのけ
 控訴審での逆転勝訴を勝ち取ろう!


 09年度報告集会・総会

 日時 2009年6月20日(土) 13:30〜16:30
 会場 文京区民センター2A会議室
 (JR水道橋駅下車7分。or都営三田線・大江戸線春日駅下車1分。or地下鉄丸の内線・南北線後楽園駅下車5分。)
 講演 『「日の丸・君が代」関連裁判の全体状況と解雇裁判勝利の展望』(水ロ洋介弁護士)
 (資料代500円ご用意下さい。)

 「日の丸・君が代」不当解雇撤回を求める被解雇者の会
 「君が代」解雇裁判を共にすすめる会

 会員の皆様へ
報告集会・総会のお知らせ

 皆さまお元気でご活躍のことと思います。ご承知のように、4月21日の第6回口頭弁論で、東京高裁第16民事部宗宮裁判長は、次回期日を7月14日に指定し、この日を以って結審とする旨を宣しました。
 判決はこの秋から冬にかけての時期と想定されます。「君が代」強制解雇裁判控訴審はいよいよ最終段階となりました。

続きを読む

2009/6/19

宇都宮健児弁護士が記念講演  ]U格差社会
 年越し派遣村名誉村長 宇都宮健児弁護士が記念講演
 第19回裁判勝利をめざす全国集会(第1日目)6月8日

 ▼ 「現代日本の貧困と反貧困運動」
 現代の貧困の特徴は「関係の貧困」=『ためのない状態』/ 異質の集まりは掛け算で急激に広がる。


 宇都宮賢児弁護士が、貧困を可視化させ、貧困問題を社会的・政治的に解決させた『年越し派遣村』について、「現代日本の貧困と反貧困運動」と題して、名誉村長になった経過から反貧困運動と平和とのかかわりまで1時間の記念講演を行いました。

<昨年暮れから新年にかけて、日本社会に衝撃を与えた『年越し派遣村』から見えてきたものはなにか?>

 昨年12月24日の、全国20箇所の派遣切り電話相談には1700本の電話相談があり、アクセスは2万本。各地で派遣切りされ「寮(や社宅)を追い出され野宿している」「公園にいる」「所持金は30円」「全部なくなった」・・・殺到した。
 彼らの命をつないでいくためにも日比谷公園で、あーいう年越し派遣村/テント村が開かれた。
 そこには、505人の村民が登録し、1692人のボランティアが参加した。高校生や大学生も参加し、現地に届いたカンパは2315万円。
 野宿をしたり帰る家がない、居場所がない、友達がいない人々も、こうしたあたたかい気持ちに触れて、「もう一度やり直そう!」それまで誰も声かけてくれなかった人も、「もう一度がんばろう!」と現在元気にがんばっている様子も交えて報告されました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ