2009/6/22

平成20年度条件付採用教員の任用について  [藤田の部屋
 <板橋高校卒業式> 杜撰きわまりない高裁判決!
 ☆☆ 偽証を見抜けない高裁判事は辞職せよ! ☆☆
 ★ 最高裁に『上告趣意書』を提出。 ★

 ■ 「最高裁に公正な判決を求める署名用紙」ダウンロード ↓ (PDFファイル)
http://www.sirobara.jp/090303fujita-syomei.pdf


 ◎ 都教委は新採教員いじめをやっている!
クリックすると元のサイズで表示します
「クロツグミ」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》


 都教委は、採用権限を振り回して
 新採教員のいじめをやっている。

 誰だって一年目からうまくいくわけないではないか。

 8人を、退職に追い込んでいる。
 高校の免職一名、これは一体なんだ。

 都教委、校長は仮採用の一年間においてはいつでも
 首を切れると錯覚しているのではないか。

 労働基準法の試しの期間は、14日と定められている。
 それ以降は、現在の職員の解雇と同じ厳密なる理由が必要である。

 一年間採用試験が出来るとの妄想を持っていると思われる。


http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr090528j.htm


2009/6/22

校長辞すとも自由は死せず  Y暴走する都教委
 土肥前三鷹高校校長のドキュメンタリー放送予定

 テレビ朝日 テレメンタリー
 6月22日(月)深夜26:40〜27:10

 ★ 校長辞すとも自由は死せず 〜生徒と歩んだ最後の半年間

http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/

 2006年4月 東京都教育委員会の突然の通知により職員会議で「挙手・採決」が禁止された。
 このままでは教育現場から“言論の自由”が無くなると主張し、たった一人で東京都教育委員会に反旗を翻した校長先生がいた。
 都立三鷹高校 校長 土肥信雄さん
 「教育現場に言論の自由がなければ生徒の幸せはない!」
 34年間の教員生活、全てをかけた土肥さんの闘いが始まった。しかし、定年間際に迫った土肥さんにとって残された時間はわずか半年だった…

 制作:テレビ朝日



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ