2009/6/27

多摩市聖ヶ丘市民の会チラシ  ]W電磁波と基地局
 《電磁波研会報》 (2009/5/31 No.58)発行:電磁波問題市民研会

 5基もの携帯基地局が乱立!?
 ☆ 聖ヶ丘を安心して暮らせる街にしようではありませんか ☆
 今からでも遅くありません!
携帯基地局を考える市民の会 2009,5.6

1.連休明けに今度はKDDIが新たな基地局を建します!
 既にソフトバンクの基地局が建ったスーパーいなげや近くの緑地に、今度はKDDIが更に大規模な高さ20mの携帯基地局を建設する予定です。
 これが建つと聖ヶ丘地区に5基もの基地局が乱立し、“癒し”“安らぎ”の場であるはずの公園緑地が、「心配」「不安」の発信地に様変わり。20数年間に渡って守られてきた私たちの健康環境が一方的に壊されていくのは、とても納得できません!!

2,携帯基地局って何が問題なの?
 主な問題点は、
 @電磁波による健康への影響(電磁波の安全性は立証されていません。従って健康リスクがあり得ます。世界的に問題になっていて日本は遅れています。)
 A倒壊の危険性
 B周囲の美観景観の破壊
 C周辺地域の資産価値下落(既にドイツで起きています。〉
 D威圧感・不安感による精神的ストレスの増加
 E落雷の誘発(高い電波塔が雷を呼び家電製品が壊れます。)等々です。

2009/6/27

堀越明男さんは無罪!要請行動と裁判傍聴のお願い  ]平和
 < 国公法弾圧堀越事件の裁判要請行動へのご参加と裁判傍聴のお願い >

 ■7月8日(水)午前11時から、裁判長への『未開示ビデオの証拠開示』と『無罪判決』についての要請を行います。
  ※ あわせて署名の提出も行いますので、署名を持参の方は数の集約をしますので、事前にご連絡をいただくか、10分前までに集合場所にご持参下さい。
 集合時間10時45分
 集合場所 高裁の門を入った右手のところ
 要請の時間 開始11時から 30分間

 ■ 第10回公判は、7月8日(水)午後1時15分から東京高裁102号法廷にて

  前回の晴山一穂教授(専修大学大学院法務研究科)のフランスの公務員法制に続いて、今回はイギリスにおける公務員法制について、榊原秀訓南山大学教授が証言をされます。
  →国連から撤回を勧告された日本の国家公務員法が、諸外国の国公法とはいかに異質なものであるかが証言される予定です。

☆ 前回の公判では、2人の裁判官の交替に伴い、鈴木亜英弁護士が、昨年の国連規約人権委員会から日本政府に対して『国公法を撤回せよ』と勧告されたことに基づいた更新弁論を行い、その証拠申請を行いました。

 しかし検察側は、これを証拠として採用することについて、即「不同意」としました。
 堀越弁護団の弁護士は、即、これに対して次々に抗議し、中山裁判長「(この証拠採用については)次回、水を入れて」と結論を次回にまわして閉廷しました

2009/6/27

扶桑社教科書問題、フジ株主総会で追及!  \増田の部屋
 ◆ 扶桑社教科書問題、フジ株主総会で追及!

皆様
 こんにちは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複・長文、ご容赦を。

 本日はフジ・メディア・ホールディングス(株)の株主総会が、お台場のホテルで午前10時からありました。これはフジTVを中心とするフジ・サンケイグループの事業を統括する持株会社であり、去年「日本で初めての認定放送持株会社」となったというのがウリ!? という会社で、扶桑社は全額出資の子会社となります。

 そこで、扶桑社教科書問題について親会社としての責任を追及するため、産経新聞内に御用組合でない真っ当な労働組合「反リストラ産経労組」を作ったために懲戒解雇され、撤回を求めてこの会社と闘っている松沢弘さんとともに、株主となって総会に乗り込んだわけです!

 私は添付のように総会前日までに到着するようにA4で3枚、合計14の質問を書いた質問状を、配達証明郵便で送っていました。いくらなんでも株主に対して一つくらいは回答するだろうと思っていたんですが・・・なんと、松沢さんの質問状にはいくつかは回答したのに、私の質問は全く無視するのです。もちろん、答えたくはないでしょうが・・・

 そこで、挙手して何度も何度も質問を求めました。フジ・サンケイグループに22年も!? 君臨する議長の日枝会長は、なかなか指名してくれません。やっと、終わりくらいに指名され、怒りをこめて、以下の質問をしました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ