2010/3/31

2010年春の闘い(22)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「千葉高教組」・「新芽ML」の渡部です。

 昨日(3月29日)、都教委「臨時会」で卒業式の「君が代」処分を決定しました。被処分者数は4名です。
 今回、根津さん、河原井さんはこの中には含まれていません。
 しかし、都教委は不起立者を根絶することが出来ませんでした。

 また、本日(3月30日)、大阪府立東寝屋川高校でも、不起立で4名の「戒告処分」が出ました。
 これまで大阪では、「処分」には当たらないとしてきた「訓告」や「厳重注意」でしたが、今回、「戒告処分」(給与の3ヶ月延伸)を強行してきました。
 「日の丸・君が代」強制反対闘争は、新たな、全国的な段階に入ったと言えるでしょう。

 本日、東京地裁では、和田中「夜スペ」裁判の判決がありました。
 記者席が多く設けられ、傍聴席が少なくなったので、傍聴者の席を作るように原告側が要求すると、おそらく10席以上のイスが傍聴席の後ろに並べられました。こんなことは初めてです。

2010/3/30

処分撤回を求めて(138)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。(転送・転載歓迎。重複はご容赦下さい。)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ★ 卒業式処分抗議総決起集会へ!

 昨日(29日)10時より、都教委は臨時会を開き卒業式の「君が代」処分を決定しました。処分者数は4名です。(内訳は下記参照)
 現職1名・退職者3名に本日30日、都教委が各学校又は自宅に出向き、処分発令をしました。従って明日研修センターでの発令はありませんが、予定どおり、処分発令抗議総決起集会を明日31日、13時より、全水道会館で行います。多くの仲間の参加を訴えます。
 大阪府立東寝屋川高校でも卒業式不起立が「職務命令違反」ということで4名に戒告処分が出ています。それを見るといよいよ東京の異常事態が全国化していると思います。共に処分撤回を求めて闘いましょう!

 <処分者内訳>
 1.高校1名(A高校・現職) 不起立・2回目・減給10分の1・1月の見込み
 2.特別支援学校1名(M特別支援学校) 不起立・4回目・減給10分の1・6月の見込み
 3.中学校1名(H5中夜間中学) 不起立4回目・停職1月の見込み
 4.小学校1名(N立小・音楽専科) ピアノ不伴奏3回+再発防止研修未受講1回・停職1月

2010/3/30

31日「扶桑社教科書問題、都教委の虚偽答弁」糾弾ビラまき!  \増田の部屋
 ◆ 31日「扶桑社教科書問題、都教委の虚偽答弁」糾弾ビラまき!

皆様
 こんばんは。犯罪都教委&1・5悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複・長文、ご容赦を。

 「都教委による不当免職」4周年記念日!?の3月31日、件名ビラまきを8時〜9時、都庁第二庁舎前で行います。3月に入って冬のような日が多く、早朝からで申しわけありませんが、ご都合のつく方は、どうぞ、参加協力お願いします。ご都合のつかない方も情報として受け取っていただけたら幸いです。以下、ビラ内容の一部です。

 <東京都教育委員会 高野指導部長、都議会で虚偽答弁!?>

 ●2月19日文教委員会の高野指導部長答弁は、「真っ赤なウソ」だ!

 この日は、ルポライターの鎌田慧氏が代表となった「扶桑社教科書採択の再審議を求める」請願(09年12月2日提出)の審議がありました。09年、8月14日の臨時教育委員会で審議もせず、扶桑社教科書が採択されましたが、都教委が作成した「教科書調査研究資料」には、ひどいデタラメがあったためです。

タグ: 増田都子

2010/3/30

堀越明男さん逆転無罪!  
 国公法弾圧堀越事件 東京高裁控訴審判決/29日
 ◎ 堀越明男さん逆転無罪!一審破棄
 休日に「公務員が職務とかかわりなく政党機関紙を配布しても行政の中立的運営が損なわれる危険はない」

クリックすると元のサイズで表示します

 << ビラ配布弾圧の弾圧の流れをせき止めて、表現の自由を守った!>>
 << 公安警察の尾行・盗撮こそ犯罪だ!>>


 本日、3月29日東京高裁の中山孝夫裁判長は、2006年6月の東京地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡しました。
 旧社保庁職員の堀越明男さんが、2003年11月の衆議院選挙前に、「憲法を守ろう」という赤旗号外を配布したとして、公安警察が29日間のべ170人の警察官を動員し尾行・盗撮し翌2004年3月3日に逮捕、翌々日釈放と共に起訴され、一審で国家公務員法・人事院規則違反として罰金10万円執行猶予2年の不当判決を受けた事件。

 中山裁判長は「政党機関紙配布が行政の中立的運営を侵害するとは考えられず、罰則適用は国家公務員の政治活動の自由に必要限度を超えた制約を加えるもので、表現の自由を定めた憲法に違反する」と違憲判断を示しました。

2010/3/30

「闘う教師」が生徒の希望  X日の丸・君が代関連ニュース
 《教育が危ない2010》
 都立高校卒業式;日の丸・君が代」不起立で担任外しも
 ★ 「闘う教師」が生徒の希望

樫田秀樹(ルポライター)

 わずか四〇秒。その間、「日の丸・君が代」を拒否する教師は全国にいる。たいていの場合、文書訓告や戒告処分。だか東京都は別格だ。減給や停職、再任用拒否といった、尋常でない処分を科している。それでも自身の信条を守るため、強制に抗う教師が絶えることはない。

 3月2日、都立高校の教師と元教師計五〇人が「日の丸・君が代」に不起立をしたことで都から受けた処分の取り消しと7716万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。
 東京都教育委員会が、都内の公立学校の式典において国旗掲揚と国歌斉唱を義務づけたのは二〇〇三年一〇月二三日。いわゆる「10・23通達」だ。その後、〇四年三月以降、多くの教職員が.不起立をし処分を受け、二回提訴している。今回の第三次提訴は、〇七年三月以降の不起立で処分を受けた教師が起こしたもので、原告数は、二八五人にまで膨らんだ。
 原告団代表の岡山輝明さん(五六歳、社会科)は、昨年の卒業式で初めて不起立をして文書戒告を受けた。
 「不起立で生徒や保護者から批判を浴びたことは一度もないのに都教委の処分は納得できない。裁判所には思想の白由を保障してもらいたい」と裁判前に決意を語った。

2010/3/29

速報:国公法堀越事件高裁逆転無罪判決  ]平和
 公務員にも明白な制約基準を超えなければ基本的人権が保障されるとしたこと、国際社会の人権水準に照らした判断がなされたことなどは、今後の裁判にも生かされることになるだろう。

 ■ 政党機関紙配布、元社保庁職員に逆転無罪 東京高裁

 休日に政党の機関紙を配布したとして、国家公務員法違反(政治的行為の制限)の罪に問われた旧社会保険庁(現日本年金機構)職員・堀越明男被告(56)の控訴審で、東京高裁は29日、罰金10万円、執行猶予2年とした一審・東京地裁判決を破棄し、無罪とする判決を言い渡した。中山隆夫裁判長は「このような配布に同法の罰則規定を適用するのは国家公務員の政治活動に限度を超えた制約を加えることになり、表現の自由を保障した憲法に反する」との判断を示した。

 堀越被告は2003年の衆院選前に共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の号外などを自宅近くのマンションで配ったとして起訴された。国家公務員が同法違反の罪で起訴されたのは、社会党(当時)のポスターを掲示・配布した郵便局職員が1974年の最高裁大法廷判決で有罪(一、二審は無罪)となった「猿払(さるふつ)事件」以来だった。

2010/3/29

第5回最高裁要請文  W板橋高校卒業式
  板橋高校卒業式「君が代」刑事弾圧事件 最高裁に口頭審理を要請中
  ★ 立川、葛飾に続く「言論表現の自由」圧殺を許すな! ★
  最高裁は「表現そのものを処罰すること」の憲法適合性を判断せよ!

  ■ 3月25日第5回最高裁要請行動を行い、下記の要請文を提出しました。 ■

  <板橋高校卒業式「君が代」刑事弾圧事件 第5回最高裁要請行動>
  ◎最高裁宛要請文

クリックすると元のサイズで表示します
「最高裁に隣接する国立劇場前の桜」 《今、言論・表現が危ないHP》

都立板橋高校卒業式の件について
口頭弁論を開き、公正な判断をされるよう要請致します。

 本件は、教育の場における「言論・表現の自由」に対して刑事罰が適用された、憲法が保障する国民の権利に関わる重要な問題です。(略)

 1.実刑(有罪)判決のおかしさ
 藤田さんは、一審で検察官から「威力業務妨害罪」で「懲役8月」を求刑され、実刑(罰金刑)判決を受けました。
 藤田さんは、卒業式開式前に、保護者に短い時間語りかけ、開式の午前10時には校舎からも出ており、卒業式自体はほぼ予定どおり始まり、何時もより早めの時間に終了しております。藤田さんの行為自体、教育活動中の出来事で、生徒や保護者の生命や安全に直接関わることでもありません。それに、「懲役8月」の求刑をし、実刑判決の宣告をするのは異例ではないでしょうか

タグ: 板橋高校

2010/3/29

ドラマ「坂の上の雲」と朝鮮半島  ]平和
 ▲ ドラマ「坂の上の雲」と朝鮮半島

 3月11日(木)夜、練馬区役所会議室で大日方(おびなた)純夫さん(早稲田大学文学部教授)の「ドラマ『坂の上の雲』と朝鮮半島」という講演会が開催された(主催:ねりま日朝女性の会)。ねりま日朝女性の会は韓国併合100年の歴史を3回シリーズで学ぶ学習会を企画し、これが1回目に当たる。
 大日方さんは、司馬が書いたままに読むと朝鮮の歴史の何が見えなくなるか、このテレビドラマを見るとき何に留意すべきかを話された。なお大日方さんは、日本・中国・韓国三カ国の歴史学者が共同編集した「未来をひらく歴史」(高文研 2006年7月 第2版)の日本委員会の代表の一人である。
 6時半スタートでわたしは遅れて参加したため、「はじめに」で語られた「併合」という言葉の意味や併合と国際法などの部分は残念ながら聞けなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

 1 『坂の上の雲』のなかの朝鮮列島
 (1)日清戦争

 司馬遼太郎は、この戦争の原因を地政学に求める。清国が朝鮮を属国視しロシアも朝鮮をねらっていたが、朝鮮を他の強国に取られると日本の防衛は成立しない。「朝鮮の自主性をみとめ、これを完全独立国にせよ」というのが日本の言い分で、多年言い続けてきた。これが司馬の主張である。しかし地理的条件を持ち出すと人間が消えてしまう。民衆や庶民がみえなくなる。

2010/3/28

「扶桑社教科書批判で免職」取り消し請求裁判の傍聴を!  
 ◆ 30日「扶桑社教科書批判で免職」取り消し請求裁判の傍聴を!

皆様
 おはようございます。犯罪都教委&1・5悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複、ご容赦を。

 件名裁判が、30日(火)15:00〜東京高裁822号法廷であります。ご都合のつく方は、どうぞ、傍聴参加をお願いします! 同日14:30〜は「杉並・和田中、夜スペ」裁判判決があるようです。良い判決を得て、その後、822号法廷に来ていただけたら嬉しいですが・・・
 以下、今回の準備書面の一部をご紹介します。

 ◎原判決の公正原則違反
 分限免職処分への公正原則の適用に関しては、苛酷性及び他処分との均衡が問題となるが、それらについては、「任命権者が処分の原因となった事実の軽重を基礎として、これまでの勤務実績の評価を含む本人の情状、さらに他の職員に及ぼす影響や公正な世論の批判などに対する対外的な影響等を考慮して適切に判断する」こととされている(「新版・地方公務員法逐条解説」橋本勇著、学陽書房)。

2010/3/28

映画「“私”を生きる」―完成記念上映会  Y暴走する都教委
 支援者の皆様へ
 私のドキュメント映画「“私”を生きる」(私のほか二人出演)の完成記念上映会のお知らせが土井敏邦さんから来ましたので、転送します。
 土井敏邦さんはずっとパレスチナ問題を撮影し続けてきた人です。
 私(土肥)という人間にとても興味を持って撮影してくださいました。
 土肥信雄
  土肥元校長の裁判を支援する会
  http://dohisaibansien.blogspot.com/
  学校に言論の自由を求めて
  http://blog.goo.ne.jp/ganbaredohi


 【映画「“私”を生きる」―完成記念上映会(4/11)−案内文】
 土井敏邦です。
 2007年2月から取材・撮影を開始した映画「“私”を生きる」がやっと完成しました。
 ドキュメンタリー4部作「届かぬ声ーパレスチナ・占領と生きる人びと」(「沈黙を破る」DVDは3月発売、他の3部は5月にDVD発売予定)と同時平行して制作してきたため、3年を要してしまいました
 国内の異様な右傾化に、ジャーナリストの1人として何かをしなければという思いで続けてきた仕事です。
 舞台は教育現場ですが、大きな社会の流れに個人が抗って生きる、その凛とした“生き様”は、教育現場を超えて人びとの心に届くはずだと信じ、なんとかして伝えたいという思いに突き動かされて制作しました。
 5月にDVD化の予定です。また劇場上映の道も模索しています。

☆ 映画「“私”を生きる」 ☆
―完成記念上映会−




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ