2010/4/30

現代の「踏み絵」、「日の丸君が代」  X日の丸・君が代関連ニュース
 もし「踏み絵」を、現代の裁判所に訴えたらどう判定するだろう。
 「幕府が命じているのは『絵を踏め』という外形的行為であって、原告にとっては内面のキリシタン信仰に関わることであっても、一般的にはこれと不可分に結びつくものということは出来ず、憲法19条に何ら反することとなると言えないことは明らかである。」
 と、「踏み絵」は合憲という判決が出てしまいそうだ。


 《時評自評》
 ◎ 現代の「踏み絵」、「日の丸君が代」

永井栄俊(本誌編集委員)

 遠藤周作の小説で「沈黙」と言う作品がある。隠れキリシタンを題材にしたものだ。その中で、長崎奉行の役人が「踏み絵」を迫る場面がある。「形だけ踏めばよいことだ」「さあ、勇気をだして」と。形だけでも踏む行為を「転ぶ」と言う。なぜならば人間である以上、たとえ形だけの行為といえども内心と切り離すことができないからである。
 2003年から始まった都教委による「日の丸・君が代」への弾圧。既に427名の処分者が出ている。起立斉唱等が強制された時、私たちはこれが「踏み絵である」ことを感じ取った。そして401名の原告で「国歌斉唱義務不存在確認等請求訴訟」(略称「予防訴訟」)を起こした。憲法に「踏み絵の絶対的禁止」の大原則があることを知っていたからである。そしてその趣旨通り、2006年に違憲違法の勝訴判決を獲得したのである。
 ところがこの地裁判決に危機を感じとった最高裁は2007年2月の「ピアノ伴奏拒否事件」で逆転判決させたのである。

2010/4/30

「子どもの本・九条の会」二周年の集い  ]平和
 ☆ もっと夢見よう 戦争のない世界を!
  「子どもの本・九条の会」二周年の集い

クリックすると元のサイズで表示します

 5月1日(土) 14:00〜16:30 
 13:00開場 13:30客席開場
 場所:国立オリンピック記念青少年総合センター 大ホール
 参加費:チケット おとな 前売り 1000円 当日1200円
          こども(中学生以下)前売り当日共 500円

 第一部 ひのき屋ライブ 〜 一本の木からはじまる物語
 第二部 アーサー・ビナード講演 「ミイラ憲法の作り方教えます」

 ● ロビー開催 ●
  戦争と平和をめぐる子どもの本展
  「9ゾウくんげんきかるた」原画展


 実行委員長:西山利佳メッセージ
 夢見ることは、世界を変える初めの一歩。<子どもの本・九条の会>も二周年を迎え、「夢見力」をパワーアップさせる集いを企画しました。

2010/4/29

卒業生のいない卒業式  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◎ 小さな職場の「日の丸・君が代」闘争
会坂 収(元・都立大島高校定時制南分教場)

 卒業生が毎年1、2名という特殊な状況の学校での出来事なので、果たして読者にどんな意味があるかどうか。私の「日記」のメモをそのまま引用し、わずかに解説をつけるのみとする。

 ◆ 2002年3月 卒業式 卒業生(1名M君40歳代)K校長
 2月27日 職員会議

 校長は「日の丸・君が代を前提とした卒業式」以外認めないと言明。
 もし、卒業生が出席を拒否するなら、卒業式そのものができない。出席できるように説得してくれ、明日までにはっきりさせてくれ、など。
 論理的にも崩壊しつつ、追い込まれている。生徒の姿など無関心そのもの。
 3月4日 校長来校 M君と会談(本人出席拒否)。校長卒業式実施せずを表明。卒業式中止!!
 追い込まれた校長は本人に意志を確認したいと来校。しかし、本人が出席を拒否。
 校長なす術なく、卒業式を中止すると表明。証書授与も拒否したので、職員から猛反発。
 3月5日 卒業式
 卒業式もなく、校長・教頭も不在のまま、実に和やかな送別式が行なわれた。

2010/4/29

普天間問題、第二の声明、ご賛同のお願い  ]平和
 3月20日には、普天間移設問題に関する法政大学シンポジウムにご参加いただき、ありがとうございました。
 その後の推移を見て、呼びかけ人は第二の声明を出すべきだと考えました。そして今回は沖縄の人たちとも共同して声を挙げようと考えました。
 沖縄にも、本土にも、代替基地を受け入れることはもはや無理であり、それは米海兵隊の撤退を求める以外にありません。今回は、その主張をはっきりと打ち出しました。
 4月23日、東京と那覇で同時に発表しました。
 下記のフォームにアクセスし、署名して返信してください。また出来るだけ多くの方々に転送してください(目途として5月20日を考えております)。英訳したものもあり、国際的な署名も求めていきます。
 いま、日米安保と米軍基地を変えていく、決定的に重要な時点に来ています。よろしくお願いします。
声明呼びかけ人(世話人)岡本厚 

☆ 米海兵隊は撤収を ☆
――普天間基地問題についての第二の声明――

 下記声明に賛同される方は最下段に署名をお願いします。
 なお、この賛同署名は総数公表とし、個々のお名前は公開しないものと致します。
−−−−−−(2010年5月20日 第一次集約)−−−−−−−−−−−−−−−

 米海兵隊普天間飛行場は、住宅密集地の中にある世界でもっとも危険な基地として、すみやかな閉鎖、撤去が求められてきた。

2010/4/29

4・25県民大会(2)  ]平和
 『後から決める。』(2010/4/24)
http://blogs.yahoo.co.jp/cabiunirainejp/13017291.html
 沖縄県宜野湾市在住、那覇市の高校に通う、高校二年生です。趣味はブログ、ニュースを見る事。100均で買った辞書で、韓国語を勉強していますが、なかなか覚えられません。

 ☆ 4・25県民大会 (2)


 先日、学校行事「遠足」で西原町のビーチに行ってきた。
 まさか高校二年生になってまで「遠足」なる行事があるとは思ってもいなかったし、さらに旅行先が宜野湾市の近隣自治体である西原町とあって、さすがに遠足独特の「ワクワク感」というのは感じられなかった。西原と宜野湾では全く町の雰囲気も違うし、写真のように、東シナ海沿いの宜野湾ほど開発の進んでいない美しいビーチもあるのだけれど、やはり、どうせ行くなら遠出の方が良かった。しかし那覇の高校生にしてみれば、西原でも十分に遠出なのだろう。

 太平洋沿いの西原町と東シナ海沿いの宜野湾市では、近隣にあっても全く町の雰囲気が違うと言ったが、それはある場面においては例外でもある。それは、米軍基地のヘリコプターを一日に何度も目にするという事だ。

2010/4/28

沖縄の声(政府要請団と連帯する東京集会)  ]平和
 ▼ 沖縄の声(政府要請団と連帯する東京集会)

<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「千葉高教組」・「新芽ML」の渡部です。

 本日(4月26日)、昨日の沖縄県民大会の<決議>を持って、沖縄から100人以上の政府要請団が東京にやって来ました。
 そして夜、<沖縄県民大会政府要請団と連帯する4・26東京集会>が、全電通労働会館で開かれました。(主催:沖縄。一坪反戦地主会関東ブロック)
 本日も、会場からあふれるほど参加者が集まりました。(主催者発表600人)
 集会に先立ち参加者に県民大会の様子が大きなカラー写真入りで紹介された<琉球新報・号外>が配布されました。
 集会はまさに熱気溢れるものとなりました。
 以下、集会での発言などを紹介します。

 <在京沖縄出身者(上原成信さん)>
 これまでもいろんな盛り上がりがあったが、握り潰されてきた。
 今回の県民の盛り上がりは、決して元に戻されるようなことがあってはならない。

2010/4/28

4・25県民大会 高校生代表のスピーチ  ]平和
 =高校生代表の発言より=
 ☆ 普天間高校「厚さ6センチの窓」
  4・25県民大会 ≪みんなが自分の問題として≫


 ☆ 岡本かなさん(普天間高校)


 厚さ6センチの窓。その窓いっぱいに見える飛行機の胴体。
 これが私たち普天間高校の日常の光景です。

 私は2年前、あこがれの普天間高校に入学しました。
 とてもわくわくして登校したことを今でも覚えています。
 しかし、グラウンドに出れば、騒音とともにやってくる低く黒い影。
 授業中でも、テスト中でも、容赦なく全てを中断させる音。
 低空飛行する機体に向かって思わず「うるさい」と叫んだこともあります。

 学校までの通学路は、どこまでも長い基地のフェンスが続きます。
 早朝講座の始まる頃には、基地から上がる星条旗が見えます。
 「あれ、ここって日本だよね、いったいフェンスで囲まれているのは、基地なの、私たちなの?」。
 一瞬、考えてしまいました。

2010/4/28

4・25沖縄県民大会 決議文  ]平和
 4・25沖縄県民大会 決議文

 ▽ 大会決議文

 普天間飛行場の返還は平成8年日米特別行動委員会(SACO)合意から13年経過した今なお実現を見ることはなく、その危険性は放置されたままです。
 しかも、平成16年(2004年)8月13日に発生した沖縄国際大学構内への米軍海兵隊所属CH53D大型輸送機ヘリコプターの墜落事故は、市街地に位置し、住宅や学校等が密集する普天間飛行場の危険極まりない現実を明らかにしました。
 一歩間違えば大惨事を引き起こしかねず「世界一危険な飛行場」の存在を改めて内外に明らかにしています。
 しかも、平成18年(2006年)の在日米軍再編協議では同飛行場の全面返還を合意しており、県民や宜野湾市民は、最も危険な普天間飛行場を早期に全面返還し、政府の責任において跡地利用等課題解決を求めているのです。

2010/4/28

「扶桑社教科書採択その他」デタラメ・違法行為の都教委糾弾ビラまき  \増田の部屋
 ◆ 「扶桑社教科書採択その他」デタラメ・違法行為の都教委糾弾ビラまき

皆様
 こんにちは。犯罪都教委&1.5悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお知らせしています。重複・長文、ご容赦を。
 月末恒例の件名ビラまきを今月は30日(金)8:00〜9:00、都庁第二庁舎前で行います。ご都合のつく方は朝早くて、かつ連休の谷間となり恐縮ですが、どうぞご参加ください。ご都合のつかない方も情報として知っておいていただければ幸いです。
 以下、ビラの一部をご紹介します。

 <都教委「今後も違法行為・デタラメ、やりたい放題やる」!?>

 ● 扶桑社歴史教科書「調査研究資料」の誤り情報が伝わらなくとも、問題ない!?

 本年2月19日の都議会文教委員会において、扶桑社歴史教科書資料がデタラメであったことについて、高野指導部長は「01年資料のデータを削除し忘れていたため」「請願(12月2日付)が出て初めて(この資料のデタラメさを)知った」「あってはならない誤り」と答弁しました。

タグ: 増田都子

2010/4/27

小田原近現代史講座「高度経済成長と世界」の感想・意見  \増田の部屋
 ◆ 小田原近現代史講座「高度経済成長と世界」の感想・意見

皆様
 こんにちは。犯罪都教委&1.5悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお知らせしています。重複・長文、ご容赦を。
 25日は、沖縄県民大会と連帯する大集会などあり、気がひけて!? お知らせしなかったのですが・・・以前より決まっていたので、申し訳ありません・・・小田原近現代史講座もありました。以下は前回の感想です。皆様と(たぶん)同時代の方々の感想・意見をご紹介します。

 <第17回 小田原近現代史講座 「高度経済成長と世界」感想・意見>

*高度経済成長期は、まさに自分が育った時代なので、オリンピックや万博やオイルショックを含め、非常に時代の空気が良く分かりました。
 ベトナム戦争時、各国で起こったベトナム反戦運動が、結果としてアメリカ社会全体を変えることができなかったことは、残念でなりません。学生運動終息後に育った私たちは、今後、どのように「バラの花の象徴」・・・アメリカの州兵の銃に対し一輪のバラを持ったベトナム反戦運動の女学生の写真・・・「武力」対「花=人間的な価値の象徴」を社会問題解決の方に近づけていけばいいのか、試行錯誤の日々です。

タグ: 増田都子


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ