2011/12/21

東京の高校には「事務室」がない  Y暴走する都教委
 『尾形修一の教員免許更新制反対日記』から
 ◆ 東京の高校には「事務室」がない


 東京の教育に関するあれこれを少しまとめて書いて行きたい。
 都教委を相手取った裁判がいろいろあって、それはマスコミにも取り上げられる。例えば、東京高裁で勝訴判決が出た「七生養護学校事件」の裁判、最高裁で相次いで弁論が開かれる「国旗国歌の強制」をめぐる処分取り消し訴訟の行方、さらに職員会議における「挙手禁止」を批判した土肥信雄元三鷹高校校長が嘱託採用を認められなかったことを提訴した裁判(12.22に判決が予定されていたが、1.30に急遽延期された。)これらの問題もいずれ書くこともあると思うが、そういう「問題らしい問題」というか、イデオロギー的というか、都教委が反対者を押しつぶそうと意図的に強権発動をしている問題は、インターネットを検索するといろいろ調べることもできる。都の教員だった者としては、そういう問題もあるけれど、もっと日常的な問題から語りたいと思う。
 で、まずは学校事務の問題を少し考えたい。別にどの問題から書いてもいいんだけど、川内選手のことを書いたから、まず学校事務の問題を書こうかと思うのだが、そもそも今や東京の高校には「事務室」という場所がない。もちろん「学校事務」は必要なので、事務担当者がいる場所はある。そこは「経営企画室」というのである。

2011/12/21

「学校に言論の自由を!」裁判1月30日判決  Y暴走する都教委
 判決日が延期されました。12月22日には判決はありません。
 ★判決 1月30日(月) 東京地裁527号法廷 午後1時30分開廷


 ◎ みんなで東京地裁へ!「学校に言論の自由を!」裁判
 2012年1月30日(月)判決!!
    12時30分日比谷公園霞門前に集合・地裁へ
    集合場所 日比谷公園霞門前(地下鉄・霞ヶ関駅B2.B3a出口すぐ)
    傍聴券は抽選です。抽選締切りは午後1時ころの予定。
    公園集合に間に合わない方は直接地裁正門へ!
  東京地裁527号法廷 ●午後1時30分開廷●


 土肥信雄元三鷹高校校長の「学校に言論の自由を!」裁判が2年半の審理を終え、判決を迎えます
 たくさんの東京都教育委員会のウソが暴かれ、土肥先生の訴えの正しさが明らかになりました。私たちは、かならず勝訴の判決を勝ち取れると確信しています。
 みんなで一緒に東京地裁へ向かいましょう!

2011/12/21

2012年「2・5総決起集会」へ(4)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「千葉高教組」・「新芽ML」渡部です。

 大阪では連日宣伝行動が行われています。
  ・12月15日の「一斉宣伝行動」
  ・本日(12月19日)の「橋下市長の初出勤抗議ビラまき」
の メールも届いていますので以下に紹介します。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 12月15日の一斉宣伝行動は、つかめているもので、22か所、参加97人、ビラ配布6330枚でした
 配布場所が確定してから数日という中で、十分な周知には課題を残したと思いますが、行動に踏み出すことで、手ごたえを感じたり、次の宣伝活動の案が出てきたり、地域から教育基本条例案反対の声を広げる運動にとっては大きなステップになる行動だったと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 12/19橋下市長初出勤抗議「教育基本条例撤回!」ビラ配りの報告です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ