2011/12/27

東京都の「日の丸・君が代」強制は、権力を利用した「心の支配」です  X日の丸・君が代関連ニュース
 《12・21予防訴訟をすすめる会による最高裁要請行動から》
 最高裁判所第一小法廷裁判官殿
 ◎ 基本的人権を尊重した、公正な判決を要請します
   〜東京都の「日の丸・君が代」強制は、権力を利用した「心の支配」です
キリスト者人権ネットワーク 森田麻里子(日本聖公会信徒)

 2003年10月23日に東京都教育委員会が出した通達に対して、「思想・良心の自由」「信教の自由」を理由に教員が提訴しました。教員の「思想・良心の自由」「信教の自由」を尊重した、公正な判決を出して下さる様に要請します。
 2011年は「大逆事件刑死100年」になります。戦後の研究で大逆事件は社会主義弾圧を施策にした、桂内閣が主導したことが明らかになっています。刑死させられた12人の方の多くの無実が立証されています。
 刑死させられた中にクリスチャンの医師大石誠之助さんがいました。大石誠之助さんは日露戦争に反対し、部落問題についての研究会を開き、公娼制度に異議を唱えるなどの言論活動をされました。社会主義に関心を持ち、幸徳秋水さんと交流があったことで、国家による思想弾圧の犠牲になりました。

2011/12/27

大阪職員基本条例(案)批判=労働条件改悪が必至  ]U格差社会
 =大阪職員基本条例(案)批判=
 ◇ 労働条件改悪が必至
  〜エセ民意が導く独裁

大阪・堺市議会議員 田中丈悦

 大阪維新の会が現在、府議会に「大阪府教育基本条例案」とあわせて提案しているのが「大阪府職員基本条例案」です。「職員基本条例」について、橋下徹元知事と「維新の会」はどういった役所と職員をつくろうとしているのか、この条例が今の社会にどのような意味を持つのか明らかにします。

 ■ 制定趣旨は「大阪都」
 大阪府職員基本条例(以下、条例案)は現在、都市競争が行われており、それに勝つためには「新たな地域経営モデル」が必要であり、そのために公務員制度改革を行って、特権的な人事運用から決別した「民」のための行政機関をつくる、ことが条例制定の趣旨ということです。
 ところが、この「新たな地域経営モデル」は「維新の会」の「大阪都構想」そのものであり、大阪市と堺市などを大阪府に吸収し「大阪都」をつくる、行政改革を行うことをさしているのです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ