2012/1/18

2012年「2・5総決起集会」へ(8)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「千葉高教組」・「新芽ML」渡部です。

 昨日(1月16日)の最高裁判決は、基本的には、昨年5月末から7月にかけて連続して出された判決を踏襲したものであったが、戒告以上の処分に対しては一定の歯止めとなる判決であった。
 それは次の判決文によく現れている。
 「職務命令は憲法19条に違反するものではなく、学校の規律や秩序保持の見地から重きに失しない範囲で懲戒処分をすることは裁量の範囲内と解される。他方、戒告を超えてより重い減給以上の処分をするには慎重な考慮が必要だ。」
 そして、減給1月の渡辺厚子さんと、停職1月の河原井純子さんの処分は取り消された。

 しかし他方、停職3月の根津公子さんの処分は取り消されなかった。
 これについて判決文要旨では次のように述べられている。
 「停職1ヶ月となった原告の過去の処分の対象には積極的に式の進行を妨害する内容の違反は含まれていない。過去3回の卒業式などにとどまり、前後の態度に特に処分を加重する根拠もうかがわれないことから、都教委の判断は裁量の範囲を超える。

2012/1/18

寸劇〜「日の丸・君が代」法制化の下で〜「指導」っていじめ?  X日の丸・君が代関連ニュース
生徒への「強制」は、ホラ、そこまで迫っている。

 大阪「君が代」起立斉唱条例と教育基本条例に反対する情報交換ブログから
 ◇ 寸劇〜「日の丸・君が代」法制化の下で〜 (1999年秋制作)
   「指導」っていじめ?


 第1場
ナレーター  卒業式が近づいてきたある日、中学校3年生のAさんがおばあちゃんと話しています。

生徒A  おばあちゃんの時の卒業式ってどんなんやったん?

祖母  戦争のときやったからなあ。「蛍の光」も歌われへんようになって、「海ゆかば」を歌う卒業式やった。

生徒A  「海ゆかば」ってどんな歌なん?

祖母  「海行かば 水漬(みづ)く屍(かばね) 山行かば 草生(む)す屍 大君(おおきみ)の 辺(へ)にこそ死なめ 顧(かへり)みは せじ」って歌う歌や。「天皇陛下の為に死んでも悔いはない」という意味なんやけど、そのころの私らみんな、ほんまにそう思ってたもんな。

生徒A  今度のうちらの卒業式、「君が代」歌わへんかったらあかんねんて。いややなあ。

2012/1/17

「日の丸・君が代」訴訟 最高裁判決要旨  X日の丸・君が代関連ニュース
 『東京新聞』から
 ■ 「日の丸・君が代」訴訟 最高裁判決要旨 ■


 最高裁第1小法廷が、16日言い渡した「日の丸・君が代」訴訟の判決要旨は次の通り。

 【不起立の評価】
 不起立行為は職務命令違反であり、式典の秩序や雰囲気を一定程度損なう。他方、動機や原因は教職員個人の歴史観ないし世界観などに起因するもので、積極的な妨害ではなく、物理的に式次第の進行も妨げない。どの程度の支障や混乱をもたらしたか、客観的な評価も困難だ。

 【処分の妥当性】
 教職員に対する職務命令は合憲であり、その違反に対し、規律違反の責任を確認して将来を戒める「戒告処分」は、直接の職務上ないし給与上の不利益を及ぼすものではない。懲戒処分では最も軽い戒告は裁量権の逸脱乱用に当たらないが、減給以上の処分を選択するには事案の性質を踏まえた慎重な考慮が必要だ
 停職処分は一定期間の職務停止と給与の全額不支給であり、減給処分は本給の一部不支給。両処分ともに将来の昇給にも影響が及ぶ。卒業式、入学式のたびに処分が累積して加重され、短期間で反復継続的に不利益が拡大することも勘案すると、戒告を超えた処分が許容されるには、過去の処分歴や不起立の前後の態度などに鑑み、学校の規律や秩序保持などの必要性と処分による不利益の内容との釣り合いを保つ観点から、停職や減給とする相当性を基礎づける具体的な事情が必要だ。不起立のみでは相当性に足りない。

2012/1/17

東京「日の丸・君が代」処分取消訴訟(一次訴訟)原告団・弁護団声明  
東京「日の丸・君が代」処分取消訴訟(一次訴訟)原告団・弁護団
■□ 声 明 □■

クリックすると元のサイズで表示します
《撮影:平田 泉》

 1 本日,最高裁判所第一小法廷(金築誠志裁判長)は,都立学校の教職員167名(以下,「原告ら教職員」という)が「日の丸・君が代」強制にかかわる懲戒処分(戒告処分,減給処分)の取消しを求めていた事件につき,減給処分については東京都教育委員会(以下,「都教委」という)に裁量権逸脱・濫用があり違法であるとして,これを取消す原告ら教職員一部勝訴の判決を言い渡した。

 原告ら教職員は,各校長による卒業式等の国歌斉唱時に起立斉唱あるいはピアノ伴奏を命じる職務命令に従わなかったとして懲戒処分(1名が減給,166名が戒告)を受けたものであるところ,原審の東京高裁第2民事部2011年3月10日判決は,戒告処分,減給処分のいずれも都教委の裁量権逸脱・濫用に当たり違法であるとして,その取消しを命じた。
 本日,最高裁判決は,これを一部変更し,減給処分については裁量権逸脱・濫用により違法としたものの,戒告処分については裁量権の逸脱濫用はないとした。また本日,同最高裁第一小法廷は,同様の事案において,特別支援学校の教員が停職処分(1ヶ月)を受けた事件について,停職処分の取消しを命じる判決を言い渡している。
 戒告処分を適法としたとはいえ、最高裁が本日の判決によって東京都の教育行政の暴走に歯止めをかけたことにほかならず,わたしたちは,本日の最高裁判決を評価するものである。

2012/1/16

未完の大作『板橋高校卒業式事件』 〈再掲〉16  W板橋高校卒業式
◎ 未完の大作『板橋高校卒業式事件』 藤田勝久〈再掲〉16
クリックすると元のサイズで表示します
「エゾリス」 《撮影:佐久間市太郎(北海道白糠定、札幌南定、数学科教員)》

 ★ 掲示板  卒業生等の声 抜粋
------------------------------------------------------------------------------------------
 ○ 難しいね 投稿者 あき 3月21日(日)  05時ーーーー


 わたしは法律とか告訴とか難しいことはよくわからない。 でも藤田センセをなんとか助けたい!!
 私は2002年卒業なので二十歳。 だから私たちが運動を起こせばなんとかなるの??

------------------------------------------------------------------------------------------
 ○ (無題) 投稿者 元板高 3月21日(日)  07時ーーーー


 メールが回ってきて見たときには、こんなに大変な事になっているなんて思わなかった。
 考えの自由とか、いろんな考え方があるんだって教えてくれた先生が・・・
 無責任だけど、今のわたしは今の自分の生活だけでもせいいっぱいで
 法律とか国の事まで考えが及ばない。
 選挙も行ったことないし、年金も払っていない・・・これはヤバイ

2012/1/16

ジャーナリスト大賞に東京新聞など  ]平和
 ■ 新聞労連大賞に琉球新報など 疋田賞は沖縄タイムス

 新聞労連は13日、平和・民主主義の確立、言論・報道の自由などに貢献した記事を表彰する「第16回新聞労連ジャーナリスト大賞」に、琉球新報「米軍普天間飛行場返還・移設問題をめぐる沖縄防衛局長による不適切発言の報道」と、東京新聞福島第1原発事故をめぐる特報面などの一連の報道」を決定したと発表した。
 優秀賞は、沖縄タイムス平安名純代米国特約記者の「ワシントン発一連の基地報道」毎日新聞さいたま支局の「埼玉県警の虚偽証言強要疑惑」
 疋田桂一郎賞は、沖縄タイムス大野亨恭記者の「不発弾処理問題」に決まった。

『東京新聞』(2012/01/13【共同通信】)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012011301001706.html

2012/1/15

処分撤回を求めて(215)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。(転送・転載歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ◆ 1・16最高裁判決/1・17都教委要請行動へ!

 ◆ 週明け1月16日、東京「君が代」裁判一次訴訟最高裁判決へ!

 1月16日の処分取消訴訟、最高裁判決(第1小法廷・金築誠志裁判長)が目前に迫りました。昨年12月に最高裁弁論が開かれたことで昨年3月に167名全員の処分を取り消し逆転勝訴した東京高裁判決(大橋寛明裁判長)が見直され「逆転敗訴」の可能性もありますが、当日の判決言い渡しまで公正な判決が出ることを期待してがんばります。
 改めて判決日には多くの皆さんが最高裁に駆けつけてくれるよう呼びかけます。
 (当日の時程に遅れないでください。詳細は下記参照)

 ◆ 判決翌日の都教委要請行動に参加して下さい。
 この判決は、3月の卒業式・入学式を控えてのものです。
 早速判決の翌日には都教委要請行動を行います。

2012/1/15

武田邦彦教授「日本で科学は可能なのか?」  ]Xフクシマ原発震災
 《東大駒場連続講演会 最終回》
 ▼ 武田邦彦教授「日本で科学は可能なのか?」

クリックすると元のサイズで表示します
1月13日東大駒場 理想の教育棟にて

 上記の表上段には、「人権」「健康」が入っておらず、「命」の項では医師と医学者となっていたため直接命を守っているのは看護師であり、看護は科学であることから、看護師が人権と健康と命の守り手として表に加えることを提案しました。
 社会権規約委員会からの下記勧告については、ご存じなく、自由権規約委員会第3回日本政府報告書審査の資料などと一緒に資料提供しました。

 社会権規約(経済的、社会的及び文化的権利に関する委員会) 2001年9月24日
 第2回日本政府報告書審査 経済的、社会的及び文化的権利に関する委員会の最終見解
 【勧告】パラグラフ49

 委員会は、原子力施設の安全性に関連する問題に関し、周辺住民に対して、全ての必要な情報の透明性及び公開性を促進することを勧告する。

2012/1/14

日本はアメリカのコメディ映画にもかなわない  X日の丸・君が代関連ニュース
《1・10都高教退職者会による最高裁要請行動から》
最高裁判所第一小法廷裁判官殿
 ◎ 日本はアメリカのコメディ映画にもかなわない
東京都高等学校教職員組合・退職者会
会長 西村昭

 前に見たアメリカのコメディ映画、南軍の末窩の富豪から資金を引き出そうと苦心する商社マンが、彼が星条旗を見ると機嫌が悪くなって話が進まなくなるので、彼が行く先々で星条旗が目に入らないように星条旗を徹底的に排除するという場面があった。
 その後アメリカのオリンピック金メダリストが星条旗の掲揚に抗議するニュース映像もみた。
 アメリカの民主主義もあやしいところがあるが、自由主義的民主主義も実現していない日本からすれば何と言っても大先輩である。なるほど思想の自由の常識とはとはこういうものかと教えられた。
 日の丸、君が代の強制を目の当たりにして、日本はコメディ映画にもかなわないと感ずる。

2012/1/14

「日の丸・君が代」強制に反対!板橋のつどい2012  X日の丸・君が代関連ニュース
 それぞれの立場で考え、おかしいことには声を上げ、行動していきましょう
 ★ 「日の丸・君が代」強制に反対!板橋のつどい2012


 10.23通達より8年。学校は強制と管理強化が進んでいます。教職員は自由な教育実践どころか思考停止寸前で、子どもたちの人権は制限されかねない状況です。今年の「板橋のつどい」は、田原牧さん(東京新聞記者)のお話をうかがい、現在の社会や教育のかかえる問題について認識を深めていきたいと思います。
 〈日時〉2012年1月21日(土)13時30分〜16時30分(開場13時)
 〈場所〉板橋区立グリーンホール2F男女平等推進センター内会議室

      東武東上線大山駅下車4分/地下鉄三田線板橋区役所前駅下車7分
 〈内容〉
 ・講演「転換点としての2011年〜中東・原発・教育〜」 講師 田原牧さん(東京新聞記者)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ