2012/6/30

「大阪国際平和センター」(ピースおおさか)にも歴史修正主義者の攻撃  Z国際人権
   『尾形修一の教員免許更新制反対日記』から
 ◇ 「ピースおおさか」は大阪の誇り!


 2009年夏のある日、僕は午前中に大阪人権博物館を見学したあと、続いて「大阪国際平和センター」(ピースおおさか)へと向かった。場所は、広大な大阪城公園の一角である。折しも東京都が保管・公開している「第五福竜丸展」をやっていた。
 「ピースおおさか」も名前は知っていたが、どういう施設かよく知らなかった。見て、ビックリ。「刻(とき)の庭」と名づけられた、大阪空襲のモニュメントが中庭にある。そこに大阪の空襲で亡くなった人の名前を刻しているのである。

 大阪城と言えば、戦前は周りに軍事施設が集中していた。有名な大阪砲兵工廠がここで、つまり「日本三文オペラ」(開高健)、「日本アパッチ族」(小松左京)、「夜を賭けて」(梁石日)などの小説を生んだところも、このあたりなのである。
 戦前の軍事施設が、東京や大阪や広島にあったことを指摘すると、「空襲を正当化」する「自虐史観」などと攻撃する輩が昨今はいるものなのだが、ちゃんとここでは戦前の大阪に触れている。

続きを読む

2012/6/30

ピースおおさかと大阪の平和施策の進展を願う人々  Z国際人権
◇ ピースおおさかの存続を求める声明

 知事 松井一郎 様
 大阪市長 橋下 徹 様
 大阪府・市特別顧問 橋爪紳也 様
≪ 声 明 ≫

 大阪府・市は、世界平和達成へ向けた努力をさらに強めてください。
 ピースおおさかの設置理念を生かすことは大阪府・市の責務です。

 2012年5月に入って、にわかに大阪国際平和センター(ピースおおさか)のあり方および橋下大阪市長・松井大阪府知事の提唱する「近現代史教育館」的な構想をめぐって大きな動きが生じてきています。
 そもそも、ピースおおさかは、大阪府が1981年、平和のための資料館建設を願う広範な府民・市民の声を受けて、平和祈念戦争資料室を開設したところにその出発点を有しています。

続きを読む

2012/6/30

ブラック・プラネットを東電に届けた!  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 原発とめろ!6・27新橋アクション

 ブラック企業の東京電力が27日の株主総会で「2011ブラックプラネット賞」のトロフィーを受け取らなかったため、エテコンのメンバー全員がアクセル会長とともに新橋駅前での”6・28新橋アクション東電関電直撃デモ第10弾”に参加して東電に届けました。
クリックすると元のサイズで表示します

 アクセル会長は出発前の集会で、参加者に東電と政府の犯罪について告発し、フクシマの子どもと人々を避難させ、東電は解体し、東電の持っている財産をすべて福島に寄付し、全ての原発は直ちに止めなければならないと訴えました。
 (全文下記)
 椎名千恵子さん(下段の写真中央)も、29日の女性議員との懇談と首相官邸前集会への参加を呼びかけました。

続きを読む

2012/6/30

最も地球環境を破壊し、人類に最悪の問題を生じさせた企業にブラックプラネット賞  ]Xフクシマ原発震災
   (原発とめろ!新橋アクションのブログ)
 ▼ ドイツのetheconが東電株主総会に出席!


 【アクセル・ケーラー・シュヌーラ会長の東電総会前の記者会見】
 私たち「エテコン」は今回、東京電力に「ブラックプラネット賞」を授与するために訪日しました。
 私たちは2006年から毎年、最も地球環境を破壊し、人類に最悪の問題を生じさせた人間もしくは企業にブラックプラネット賞を授与してきました。
 2011年11月には東電に対する授与式を200人で行いました。対象は、東電の清水前社長と勝俣会長、西沢社長、その他責任者および東電です。

 私たちは24日に訪日し、25〜26日に福島に行きました。そこで、何百万人もの人間を危険にさらす信じられない現場を見ました。放射線量を測ると、どんどん上昇していくのです
 私たちは今日、ブラックプラネット賞を今日、東電に授与します。東電の主要株主は何よりもまず、救済のための金を自分の懐から出すべきです。日本から、そして全世界から原発はなくなるべきです。

続きを読む

2012/6/29

大阪人権博物館(リバティおおさか)は「人権と平和」が嫌いな権力者によってまさに「正しく狙われている」  Z国際人権
   『尾形修一の教員免許更新制反対日記』から
 ◇ 大阪人権博物館が危ない!


 大阪情勢の話がまだ続く。そもそもなぜ「維新の会」というのか、また目玉の「大阪都」構想をどう考えるかなど、考えるべきことはたくさんある。が、その前に「大阪人権博物館」(リバティおおさか)、「大阪国際平和センター」(ピースおおさか)の存続の危機問題について、是非とも紹介したい。

 この二つの優れた社会教育施設は、2009年に訪問して感銘を受けて帰ってきた場所である。2008年1月に、橋下氏が大阪府知事に当選し、以後の「国際児童文学館」や「上方演芸資料館(ワッハ上方)」への対応を見ていて、僕はやがて「リバティおおさか」「ピースおおさか」が狙われる日も近いのではないかという恐れを感じた。「人権」という授業を実施したり、中学教科書問題にも関わっていた僕は、大阪の二つの施設の名前は知っていて是非訪れたいと思っていたのである。早めに訪れておかなくては大変だと思って、総選挙直前の夏休みに猛暑をおして訪問して以来3年、いよいよ、大危機が近づいてきた。

続きを読む

2012/6/29

42年ぶり東京でレンジャー訓練  ]平和
   『週刊新社会』(2012/6/26)から
 ◆ 陸自が市街地で武装行進
クリックすると元のサイズで表示します
疲労困憊で教官に身支度される訓練生

 陸上自衛隊が東京都民が生活する場でレンジャー訓練を6月12日、東京・板橋、練馬両区内で実施した。東京での市街地訓練は42年ぶり。今回は、過酷訓練であるレンジャー訓練の最終段階として、市街地のアスファルト道路の上の歩行訓練という触れ込み。小銃、背嚢、帯剣という重装備に、顔に迷彩を施した疲労困慰した訓練生が往来し、付近住民は抗議・反対の声を上げた。

 ◆ 平和な生活侵害に怒りの抗議
 陸上自衛隊第一普通科連隊(練馬基地)が6月12日、朝9時からレンジャー部隊訓練の最終行程としての市街地徒歩行進訓練を実施した。新社会党東京都本部・北、板橋両総支部は、民主団体とともに現地抗議・監視行動を行った。
 訓練は、小銃・帯剣・背嚢・迷彩装束と戦闘まっただ中の殺人のプロとしての扮装で、埼玉県境の荒川河川敷から三田線西台駅を経由して、練馬自衛隊基地まで約6・8キロの市街地を縦断した。訓練生は17人。それを取り囲むように教官等保安要員などで50人強の一列縦隊だった

続きを読む

2012/6/29

28日「真実もコンプライアンスも無視」都教委糾弾ビラまき!  \増田の部屋
皆様
 こんばんは。犯罪都教委&1・5悪都議と、断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複・長文!? ご容赦を!
 東京都学校ユニオンの月末恒例ビラの一面です。昨日、御紹介しました「6・20都教委要請」に対する回答に明確ですが、「これからも、都教委は『真実も コンプライアンスも 無視 無視 無視』でやっていく!?」と公言しています。こういう公務員不適格者のムレに乗っ取られているの現在の都教委です。
 ま、ボスの慎太郎は「憲法は即座に破棄すべし、破壊的教育改革をやるべし」と公言していますので、慎太郎というホンノ『一部の奉仕者』に成り切って、地公法の『全体の奉仕者』に違反することもい厭わず、違憲違法な教育行政を推進して恥じないのが現在の都教委の幹部たちなのでしょう。未来の主権者である子どもたちには大迷惑!?

************************************
 ◆ <都教委は  真実も コンプライアンスも 無視 無視 無視!?>

 ★都教委は、違法行為を繰り返し「法令遵守している」!?
 当組合は6月20日、都教委要請を行いました。

続きを読む
タグ: 増田都子

2012/6/28

ほんとうの罪状は、卒業生の『君が代不起立』  W板橋高校卒業式
 【書評】『藤田勝久の板橋高校卒業式事件顛末記』
      新社会文化出版会刊 FAX03(3553)0099
 ◎ 裁判所が見抜けなかったこと
若杉 倫(元都立高校教員)

 藤田裁判の記録集が出た。記録集としては異色で、資料は必要最小限で本人による「顛末記」が全体の半分を占める「読み物」になっている。
 巻頭を鎌田慧氏の格調高いメッセージが飾る(藤田氏とは早大文の同窓)。次に加藤文也弁護団長による法律的視点からの鋭い分析。そして藤田氏による『顛末記』が続く。
 これは自分で無罪を立証して見せた書とも言える。裁判が終わったからもう良いだろうとばかりに、筆者しか知りえないことが随所にちりばめられている。裁判所が見抜けなかった、都教委や検察の企てを裏の裏まで解明して見せる洞察力の見事さに引き込まれていく。例えば「何で俺が出るんだオイ」という起訴状にある言葉がICレコーダにはない怪(p82、p192)。また都教委の議事録の誤りを訂正させた伝統文化の話(天照大神の乳房と陰部)には驚かされる。(p104)。

続きを読む

2012/6/28

6・20けんり総行動実行委員会・東京総行動の中の都教委要請  \増田の部屋
 ◆ 滑稽なほどふんぞり返る、都教委指導部高等学校教育指導課

皆様
 こんばんは。犯罪都教委&1・5悪都議と、断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複・超長文!? ご容赦を!
 6月20日、けんり総行動実行委員会(代表:東京全労協議長)による東京総行動の中で、都教委要請を行いました。
http://kenri.labornetjp.org/sites/default/files/news120620.pdf

 実は私は両親の介護の都合で東京にいなかった(※最後を参照)のですが、前もって要請書を提出しておき、当日、東京都学校ユニオン書記長を中心に総行動の仲間たちの協力で、都教委を追及してもらいました。ご協力いただいた皆様、たいへん、ありがとうございました。
 以下が主な質問と回答・・・コメント無しに御紹介・・・ですが、なにしろ、都教委の幹部面々の痴性(笑)を示す、なんとも愚劣な回答ばかりです。
 特に件名「指導部高等学校教育指導課」の3以下の回答ときたら、ふんぞり返りすぎて、ついには地面にひっくりかえるんじゃないかしら(笑)、と心配してあげたくなるほどです。ナニサマのつもりなんでしょうか? こういうのに限って、シンタローなんかを前にしたら、地面に這いつくばらんばかりになるんですよ、きっと・・・

続きを読む
タグ: 増田都子

2012/6/27

累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第99号)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ご意見ご批判ください。
 「日の丸・君が代」累積加重処分取消裁判 原告 近藤順一
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 〜「日の丸・君が代」処分(戒告から停職まで)〜
 平成24年(行コ)第214号 戒告処分取消等請求控訴事件
 ■ 控訴審を前に2つの「職務」について 「職務命令」と「職務専念義務」
   〜職務=教育行為こそ議論されるべき〜


 <最高裁判決:「職務命令」=「儀礼的所作」・「敬意表明」受忍命令>
 「日の丸・君が代」に対する自らの歴史観・社会観、つまり思想、信条、良心から「敬意の表明」を受け入れられない者がいることは最高裁も認めた。にもかかわらず起立等の制約が許容される理由を教育内容との関わりでどう述べているか、2人の最高裁裁判官の見解を取りあげる。いずれも第2小法廷所属。
 竹内裁判官:「国際常識を身につけさせるため自国の国旗・国歌に対する敬意が必要」
 須藤裁判官:「高校生徒が、起立斉唱という国旗、国歌への敬意の表明の要素を含む行為を契機として、日常の意識の中で自国のことに注意を向けるようにする

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ