2012/8/24

来年都立高校で使用される日本史教科書選定に妨害  Y暴走する都教委
 ◆ 「君が代強制」に触れた教科書〜都教委が採択を妨害か
永野厚男(教育ライター)

 「公務員への君が代強制問題」を記述した教科書の選定に対して、東京都教育委員会が妨害とも取れる行為をしていることが、都立高校関係者らへの取材でわかった。
 二〇一一年度の文科省の検定に合格し、一三年度の一年生から使用される実教出版『高校日本史A』の国旗国歌法に関する注記は、「日の丸・君が代がアジアに対する侵略戦争ではたした役割とともに、思想・良心の自由、とりわけ内心の自由をどう保障するかが議論となった。政府は、この法律によって国民に国旗掲揚、国歌斉唱などを強制するものではないことを国会審議で明らかにした。しかし、一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述している。
 これに対し三月二八日付『産経新聞』は「不適切記述パス 基準疑問」との見出しで実教出版を名指しし、前記の記述を非難。その後も非難し続けた。

続きを読む

2012/8/24

9・16橋下打倒集会へ 呼びかけ人からの訴え  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◇ 全員解雇・非正規化に絶対反対
   労働組合をつくりかえる闘いに

「君が代」不起立被処分者/大阪市教職員組合 沼田祐子

 ◆ 橋下は労働者の反撃に心底恐怖している
 今年の卒・入学式で橋下市長は大阪府での君が代不起立者をゼロにしようとして君が代起立条例を作り、職務命令を出してきました。
 私を含めて37人の不起立者が職務命令違反で処分を受けましたが、数字に表れない不起立はかなりあったのです。不起立が数として多いのか少ないのかという評価はあまり意味を持たないと思う。むしろ不起立をゼロにできなかった時点で、橋下のもくろみは根底で破産したんだということに核心があります。
 「労働者は処分や解雇で恫喝すれば言うことをきかせられる」とたかをくくっていた橋下には、処分の恫喝に屈しない絶対反対者がいるということはすごいショックで、入学式には会場の外に出るなどの「大人の対応をしてくれ」と泣き言を言った。橋下は本質的に労働者の反撃を恐れているのです。

続きを読む

2012/8/24

強いられた自発性〜日本人特有の集団自決  ]平和
 ◆ 「勝ち組」という名の正義の「狂信者」

 ブラジルの日系人社会では、太平洋戦争で日本が降伏した後も、勝利を信じる「勝ち組」多数派を占めた。敗北を認める「負け組」を襲撃、多数の死傷者を出し、三万人を超える日系人が逮捕されている

 ▼分断された移民社会の悲劇を描くブラジル映画『汚(けが)れた心』が、東京や名古屋などで公開中だ。退役軍人の命令により、心優しい写真館の主人が同胞を殺す狂信者に変貌する。その姿を伊原剛志さんが熱演している

 ▼現実を直視せよ、と言う友人に主人公は吐き捨てるように言う。「日本の勝利を信じられない奴(やつ)は日本人じゃない。お前は心が汚れている。非国民め」

続きを読む

2012/8/23

再発防止研修の中止要請と抗議  X日の丸・君が代関連ニュース
 ■ 8月31日に予定されている再発防止研修中止を求めて お力をお貸しください

 東京の根津公子です。
 いくつかのMLに流します。
 今春の卒・入学式で「君が代」不起立し、処分された田中聡史さんに対し、都教職員研修センター(都教委の機関)に呼び出しての再発防止研修が8月31日に予定されています。
 彼に対する再発防止研修は、8月31日を含め、都教職員研修センターに呼び出しての「研修」が3回都教委が学校に出向いての「研修」が3回、そして校長による「研修」毎週1回(計20回ほど)と、従来とは明らかに目的を異にするもので、看過できません。
 都教委は、不起立を続ける者については、「反省」せず、「研修の成果が見られなかった」として、新たな処分を狙っているのではないかととっても心配です
 田中さんを痛めつけることを通して、東京の、いや全国の「日の丸・君が代」の闘いを根絶させ、子どもたちに「日の丸・君が代」の尊重を刷り込むつもりなのだと思います。
 ■そこで、二つのお願いをさせていただきます。

2012/8/23

宮城から あわてない あきらめない  X日の丸・君が代関連ニュース
  《第3回「日の丸・君が代」裁判全国学習・交流集会・資料(宮城)》
 ◇ あわてない あきらめない 〜みやぎから〜
宮城県公立小学校教員 土屋聡

 1 卒業式の予行でのこと
 昨年度の卒業式の予行でのことです。ある小学校教員が教育委員役としてステージに上がりました。演壇で卒業生に向かって礼をして話して、礼をしてステージを下りました。いわゆる粛々とした振るまいでした。
 放課後、校長がその教員に校長室に来てほしいと声を掛けました。校長は聞きました「ステージに上がったとき国旗に礼をするのを忘れていたわけではないですよね」と。その教員は言いました「いいえ」と。「本番と同じようにする練習ですから、できれば礼をしてほしかったです」校長は言いました。「日の丸に向かって礼をしろとおっしゃるのですか」とその教員は糾しました。すると「いえいえ・・・」と話を終わらせようとする校長。「忘れたわけじゃないと思っていましたが...」と。その教員は「思想信条の問題になりますよ」と話しました。
 私はいつも君が代不起立です。処分・恫喝は今のところありません。けれども、こういう小さい一つひとつが「みんな平等である」「みんな自由な心を持つ」という、日本国憲法の精神を蝕んでいくのだと感じました。

続きを読む

2012/8/23

静岡から わたしたちは 君が代を歌いません 斉唱中はすわります  X日の丸・君が代関連ニュース
  《第3回「日の丸・君が代」裁判全国学習・交流集会・資料(静岡)》
 ◇ わたしたちは
   君が代を 歌いません
   斉唱中は すわります


 教師になって初めて「君が代」がやって来た日
 1978年1月末の職員会議の日のことは鮮明に覚えている。
 卒業式式次第の提案に初めて「君が代」が入っていた。司会の教頭は淡々とそれを伝え、誰も意見を出す気配はなかった。まだ新任4年目の私は、恐る恐る手を挙げた。何を言ったか良く覚えてないが、国民主権の今の時代、天皇をたたえる「君が代」には批判もあるし、式次第には入れない方がいいのではないかというようなことを言ったと思う。教頭は、まともに取りあおうともしなかった。
 当時、掛川にあるその高校の同じ社会科に、私が尊敬し全幅の信頼をしていた二人の教師がいた。

続きを読む

2012/8/22

ホットライン大阪:府教委・市教委宛請願署名  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 大阪「君が代」不起立処分撤回・再任用取り消し撤回署名にご協力を!

 この春の大阪での「君が代」不起立処分に対して、処分された方々が人事委員会に申し立てを行っています。それにあわせてホットライン大阪として、処分の撤回・再任用拒否の取り消しを求めて署名運動を始めました。是非、ご協力お願いします。
 ◆大阪府教育委員会宛
  「君が代」不起立教職員への戒告処分および再任用取り消しの撤回を求める請願署名
 ◆大阪市教育委員会宛
  「君が代」不起立教職員への戒告処分・文書訓告の撤回を求める請願署名

 ◆呼びかけ団体 「日の丸・君が代」強制反対ホットライン大阪
 ◆第1次集約 2012年9月30日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ■ホットライン大阪HPから署名用紙をダウンロードできるようにしました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~hotline-osaka/
 ■また、インターネット署名もできるようにしています。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~hotline-osaka/tekaisyomei.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

続きを読む

2012/8/22

軍隊駐留下でのレイプは構造的暴力である:沖縄特別展  ]平和
 ▲ 軍隊は女性を守らない - 多面体F

 早稲田のwam(アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館)で第10回特別展「軍隊は女性を守らない――沖縄の日本軍慰安所と米軍の性暴力」が6月23日(土)から開催されている。wamは2005年の開館以来、朝鮮、ティモール、中国、フィリピンなどの特別展を開催してきた。そしてやっと沖縄の展示をすることになり、沖縄でも歴史博物館で6月15日から12日間同じ展示がされ1800人が訪れた。
 7月1日午後オープニング・シンポジウムがスコットホールで行われた。
http://www.wam-peace.org/index.php/archives/1378
クリックすると元のサイズで表示します

 ● 『集団自決』とトラウマ――沖縄女性史の視点から
宮城晴美さん
 1990年代の家永教科書訴訟で「集団自決」という言葉が問題になった。国は「崇高なる犠牲的精神」によるものと美化する。これには違和感を感じる。一方「強制集団死」という言葉もある。

続きを読む

2012/8/22

ドキュメンタリー監督・早川由美子よりお知らせ  ]平和
 BCC一斉送信にて失礼いたします、ドキュメンタリー監督の早川由美子です。
 交流のある方々、以前名刺交換をさせていただいた方々にご連絡いたしました。
 ★ 「さようならUR」 ★ ドキュメンタリー・ドリーム・ショー2012にて上映!
 自作「さようならUR」が、昨年の山形ドキュメンタリー映画祭の東京巡回上映「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー2012」にて、オーディトリウム渋谷、ポレポレ東中野で各1回上映されることになりました。既に映画をご覧頂いた方も、まだ映画をご覧になっていない方も、この機会に是非、映画館の大きなスクリーンで「さようならUR」をご覧いただけたらと思います。各上映後、監督舞台挨拶があります。
クリックすると元のサイズで表示します

<上映スケジュール>
 [1] 2012年8月26日(日)15:00〜 会場:オーディトリウム渋谷
 アクセス:http://a-shibuya.jp/auditorium
 [2] 2012年9月14日(金)12:30〜 会場:ポレポレ東中野
 アクセス:http://www.mmjp.or.jp/pole2/

続きを読む

2012/8/21

門真三中「君が代」処分取消裁判  X日の丸・君が代関連ニュース
 『門真三中「君が代」処分取消裁判控訴審』
 第2回ロ頭弁論 8月30日(木)午後4時 大阪高裁81号法廷


 《第3回「日の丸・君が代」裁判全国学習・交流集会・資料(大阪)》
 2012年6月7日
 大阪高等裁判所御中
◇ 意見陳述書(控訴審第1回口頭弁論)
訴訟人 川口精吾

 1 第1審判決文を読んで
 判決文のなかに、「『日の丸・君が代』に対して敬意を表明することは応じ難いと考えるものが、これらに対する敬意の表明の要素を含む行為を求められることは、・・・その者の思想及び良心の自由について間接的な制約となる面があることは否定し難い」という1文がありました。私は、この「間接的な制約」という判決文のとらえかたに、私の思いとの大きな隔たりを感じています。私は「直接的な制約をうけた」と感じているからです。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ