2012/8/7

授業してたのに処分!?裁判の報告  X日の丸・君が代関連ニュース
 《7月9日 授業してたのに処分!?裁判・第2回口頭弁論》
 ★ “うそつき都教委にびっくり”


 ★ 傍聴人のあふれる527号法廷
 二回目を迎えた“授業してたのに、処分!?事件”の口頭弁論は、前回にひきっづき42名分の傍聴席しかない527号法廷で開かれました。前回の法廷前の大行列を回避するために傍聴抽選をするよう重ねて要請していましたが、裁判所は今回も拒否しましたので、先着順の傍聴となりました。
 今回は11時の開廷でしたが、支援者のみなさんが早めに集まってくださり、開廷30分前には席数を上回る人数に達してしまいました。朝早くから足を運んでくださったのに法廷に入れなかった方々には、お詫びと感謝の意を表したいと思います。

 ★ 今さらながらウソをつく都教委に反論
 前回の弁論に合わせて被告側は「答弁書」を提出してきましたが、その内容は今さらながらのウソが連発されていました。

続きを読む

2012/8/7

登録型派遣は「雇用」の概念を充足していない:ILO  ]U格差社会
 ◆ ILOが日本の労働者派遣は181号条約に不適合と勧告
中野麻美(弁護士・NPO派遣労働ネットワーク)

 全国ユニオンが09年9月にILO憲章24条に基づいて日本が民間職業仲介事業所に関する181号条約(1997年採択。日本は99年に批准)を遵守していないとして申立を行った件について、ILOは、2012年3月、三者構成委員会の調査結果を受け入れ、日本政府に対し「勧告」を行った。

 ◆ 最高裁不当判決を受けて
 申立は、伊予銀行に勤務している正規行員と全く同じ仕事に13年にわたって従事してきた労働者が上司のハラスメントに謝罪を求めたところ雇用を打ち切られた伊予銀行・いよぎんスタッフサービス事件の司法判断に関連して行われたものである。
 第2審高松高裁判決は、「『登録型派遣』であるかぎり、たとえ13年継続して働いてきたとしても雇用継続への期待は客観的に法的保護に値しない」とし、「派遣元と派遣先が締結する労働者派遣契約が終了してしまえば雇用継続はありえない」との不当な判断を下していた。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ