2012/8/10

《累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第110号)》  X日の丸・君が代関連ニュース
 ご意見ご批判ください。
 「日の丸・君が代」累積加重処分取消裁判 控訴人 近藤順一
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 署名828筆、高裁へ要請署名を提出しました。
 ご協力ありがとうございました。引き続きお願いします。
 第2次集約は8月末です。できるだけ集約します。よろしく。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 〜「日の丸・君が代」処分(戒告から停職まで)〜
 累積加重処分取消裁判 高裁第1回口頭弁論 10/9(火)10:30〜 第825号

 ■ 都側「控訴理由書」に反駁する 取りあげられた言動
   高裁一発結審ではなく、再度本人尋問を請求する

 私(近藤)の控訴審では、双方が控訴した。都側は3つの処分(減給1月・減給6月・停職1月)の“取消を取り消す”ために「過去の処分歴等」を主張する。
 都側の苦しい言い分を紹介する。

続きを読む

2012/8/10

障害児学校の現場から あらためて教育の自由を問う<3>  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 教員を2校で30人減らしたので都の人事は大喜び:介護職員導入

介護職員のお話に移りますが、徐々に東京の全部の学校に介護職員を配置していくという方向になっていますね。

C 肢体不自由から始まっていますが、知的も試行的に今年から始まっていますね。教育現場で、特に肢体不自由の重度の子たちは、学校に来たら車いすから降ろされて、体を動かしたりいろんなことをして、リラクゼーションして気持ちも外に向いてきたから授業やろうかということになる。トイレや食事も子どもの障害に応じて、指導として現場ではやってきたことが、介護職員で十分だろうというのが、行政の発想なんです。
 これまでの「摂食指導」というのが「食する時間」になった。食べることは生きるための基本的な力だし、家庭では教育的な食事はできないところを、学校が担ってきた。家庭との連携の中でこういう力をつけてきましたよとやってきたことなんです。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ