2012/8/30

「君が代」不当処分撤回を求める会からの報告A  X日の丸・君が代関連ニュース
 《第3回「日の丸・君が代」裁判全国学習・交流集会・資料(東京)》
 ◆ 2010年卒業式での「停職一ヶ月」処分(岸田・人事委審理)


 「停職一ヶ月」処分の取り消しを求めて、人事委員会に審査請求申立をしたのは、定年退職から約二ヶ月後の2010年5月21日でした。書面のやり取りは二回あり、すったもんだの末、ようやく証人尋問が実現したのは、2011年10月5日になっていました。
 岸田本人、豊成小学校(勤務校)の校長、そして当時の豊島区教育委員会教育指導課長の三人を、半日で、いっぺんに済ませるという証人尋問でした。
 今年に入って人事委員会から、「取り下げて、訴訟に移行することは考えているか?」と問い合わせがありました。10人裁判や都立校裁判のように、人事委員会の裁決を待たずに地裁に移行することも考えましたが、5年前に大河原弁護士によって引き出された、強制異動の不当性を明確に暴露してしまった裁決文が忘れられず、今回も最後まで粘ることにしました。電話の向こうの担当者は、「えっ?!」と困った様子だったということです。

続きを読む

2012/8/30

2012年「8・31都教委包囲行動」へ(16)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「新芽ML」の渡部です。

 『8・31都教委包囲行動』が近づいてきました。
 この間、尖閣諸島をめぐり対立が激化しつつあります。
 しかし、この激化を招き、さらに増幅させている大きな原因は石原都知事にあります。しかし、政治家もマスコミもこのことについては余り述べません。

 そもそも、4月に石原都知事が尖閣諸島購入を表明した時、丹羽中国大使は、「実行された場合、日中関係に極めて深刻な危機をもたらす」と述べていたのです。
 にもかかわらず、野田政権は、その丹羽大使をやめさせることにし、尖閣諸島の国有化を打ち出し(国が自由に使える?)、火に油を注ぐようなことを始めました。
 それに対して、中国の右翼勢力の行動もエスカレートし、一部市民も各地で「反日」の動きを強めています。

続きを読む

2012/8/30

原発がなくても供給力は維持できた:関西電力  
◆ 節電8週間 関電「原発なしでも余力」

 政府の節電要請から今月二十六日まで八週間の関西電力管内の電力需給実績がまとまった。最大需要は大阪市の日中最高気温が三六・七度に達した三日午後二時台の二千六百八十一万キロワット。記録的猛暑だった二〇一〇年夏並みの暑さを想定した八月の需要予測(二千九百八十七万キロワット)を10%下回った。
 関電は七月、夏場の電力不足を理由に大飯原発3、4号機(福井県おおい町、いずれも出力百十八万キロワット)を再稼働させたが、広報室の担当者は本紙の取材に「節電効果があり、現時点では原発がなくても供給力は維持できた」と話している。
クリックすると元のサイズで表示します

 本紙は節電要請が始まった七月二日以降、二週間ごとに関電管内の電力需給を調べ、大飯原発再稼働の妥当性を検証してきた。今回は八月十三日以降の二週間を新たに加えた。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ