2013/3/26

One for all !  All for one ! (48)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ▲ One for all !  All for one ! (48)

<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「新芽(germinal)ML」の渡部です。
 本日(3月25日)15時、都教委包囲首都圏ネットは、田中聡史さんを懲戒処分・分限処分するな、という申し入れ書(下に貼り付けます)(<木村孟・都教育委員長><比留間英人・都教育長>宛)を都教委に持って行きました。(8人参加)。

 いつもこうした要請書などが、直接教育委員に渡らず事務局どまりであることを踏まえ、今回は直接、都庁第二庁舎30階にある教育長室に出向きました
 すると、同じフロアの教育情報課の係長A氏が、慌てて私たちを遮ろうとしました。
 しかし、「今日はあなたに会いに来たのではない。あなたでは話が進まないから直接教育長に申し入れにきた」として、A氏に構わず教育長室の前まで行きました。

続きを読む

2013/3/26

金融事業にされてしまった日本の奨学金制度  ]Vこども危機
 ◆ 新たに作られる貧困層
   改悪された奨学金制度

中京大学教授 大内裕和

 ◆ 奨学金は金融事業に
 奨学金問題は急速に深刻化している。その原因は第一に、奨学金制度の改悪にある。
 1984年に、日本育英会法の全面改定によって、それまで無利子のみであった奨学金に有利子枠が創設された。
 有利子枠創設後、政府は大学の学費を引き上げる一方、1999年に財政投融資と財政投融資機関債の資金で運用する有利子貸与制度をつくり、一般財源の無利子枠は拡大せずに、有利子枠のみをその後の10年間で約10倍に拡大させた。
クリックすると元のサイズで表示します

 2004年に、奨学金事業が日本育英会から独立行政法人日本学生支援機構へと引き継がれると、奨学金は「金融事業」と位置づけられた。

続きを読む

2013/3/26

安倍晋三の「規範意識」を問う(続々)  ]平和
  《ゲンダイネット》 石原伸晃環境相の「1月4日問題」
 ● 石原ファミリー没落


 石原ファミリーがガタガタだ。父親で、「日本維新の会」共同代表の慎太郎氏(80)は体調を崩し入院中。最近はやる気をなくし、「辞職するのではないか」との見方も浮上しているが、息子たちも大ピンチだ。暴走老人が道を開き、七光の子どもたちまで次々とバッジをつけた政治家一家も終わりか――。

 ● 伸晃環境相 仕事始めはやっぱりゴルフだった?
 「総裁候補」とおだてられたのは今は昔。専門外の環境相ポストをあてがわれ、閣内ですっかり影の薄くなった伸晃大臣(55)だが、唯一注目を集めたのが「1月4日問題」だ。
 朝日新聞が4日1面で、原発周辺の業者の“手抜き除染”をスクープ。監督官庁の環境省は大揺れとなった。
 ところが、この日が仕事始めの伸晃は登庁せず、“行方不明”

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ