2013/6/30

あたかも都教委の暴走を最高裁が容認したかのごとく描き出す破廉恥な態度  X日の丸・君が代関連ニュース
  《澤藤統一郎の憲法日記》から
 ◆ 東京都教育委員諸氏よ、恥を知りたまえ


 またまた、都教委の暴挙。私は怒りが治まらない。
 昨日(6月27日)の都教委定例会は、下記の議決を採択した。少し長いが、全文をお読みいただきたい。
 これが、「委員の総意の下の議決」と発表されている。傍聴者の報告では、司会者の木村孟委員長を除いて、誰の発言もないままの議決だったとのこと。

標題「平成26年度使用都立高等学校(都立中等教育学校の後期課程及び都立特別支援学校の高等部を含む。)用教科書についての見解」
 本文「都教育委員会は、各学校において、最も有益かつ適切な教科書が使用されるようにしなければならない責任を有しており、教科書の採択に当たっては、採択権者である都教育委員会がその責任と権限において適正かつ公正に行う必要がある。

2013/6/30

子どもと教科書全国ネット・都教委抗議文  Y暴走する都教委
2013年6月28日
 東京都教育委員会
 委員長 木村 孟 殿
子どもと教科書全国ネット21
代表委員:石川康宏・尾山宏・小森陽一・高嶋伸欣・田代美江子・
田港朝昭・鶴田敦子・西野瑠美子・山田朗・渡辺和恵
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-6-1 小宮山ビル201
пF03-3265-7606 Fax:03-3239-8590

★ 東京都教育委員会の特定の教科書排除の見解の議決に抗議し、撤回を求める

 東京都教育委員会は、2013年6月27日の教育委員会会議において「平成26年度使用都立高等学校(都立中等教育学校の後期課程及び都立特別支援学校の高等部を含む。)用教科書についての見解」(以下、「見解」)を、何らの議論もなく「委員総意の下」で議決した。

続きを読む

2013/6/30

OECD2010年教育支出調査  ]Vこども危機
 ■ 日本は4年連続最下位、教育支出 10年のOECD調査

 経済協力開発機構(OECD)は25日、2010年の加盟各国の国内総生産(GDP)に占める学校など教育機関への公的支出の割合を発表した。日本は前年並みの3・6%で、データが比較可能な30カ国中、4年連続で最下位だった。
 OECD平均は5・4%。日本政府は、「教育振興基本計画」の中に、この平均値を「参考にする」との記述を盛り込んだものの、具体的な数値目標の設定を見送っている。
 OECDは「日本は幼稚園と大学で私費負担の割合が高い。教育への投資は、個人と社会の双方に利益になる」として、公的支出の拡大を勧めている。
(共同)

続きを読む

2013/6/30

安倍内閣の国際人権無視の閣議決定に抗議  Z国際人権
  【東京】 緊急院内集会
 ◆ 国連勧告「従う義務なし」に異議あり!国際人権基準に背を向ける国・日本


 ********<転送歓迎>********

 -------------------------------------------------------------------
 7月1日(月) 14:00〜15:30 参議院議員会館101会議室
 -------------------------------------------------------------------


 ここ最近、社会権規約、拷問禁止委員会による日本審査、その席上での上田人権人道大使による「シャラップ」発言、橋下大阪市長の発言に端を発した日本軍「慰安婦」制度に関する国際認識とのズレなど、国際人権条約と日本の人権政策を巡ってさまざまな問題が注目されています。
 そんな中、政府は6月18日、「慰安婦」問題に関する国連拷問禁止委員会の勧告について、「法的拘束力はない」「従う義務なし」という答弁書を閣議で決定しました。

続きを読む

2013/6/29

2013年「8・25全国学習交流会」へ(7)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ▲ 2013年「8・25全国学習交流会」へ(7)

<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「新芽(germinal)ML」の渡部です。
 昨日(6月27日)都教委は、定例会で、特定の日本史教科書を使わないようにとする「見解」を議決した。
 まず、以下にその「見解」全文を掲げる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ■「平成26年度使用都立学校用教科書についての見解」■

 都教育委員会は、各学校において、最も有益かつ適切な教科書が使用されるようにしなければならない責任を有しており、教科書の採択に当たっては、採択権者である都教育委員会がその責任と権限において適正かつ公正に行う必要がある。

2013/6/29

処分撤回を求めて(268)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
(転送・転載歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ◆ 都教委、実教出版日本史教科書を使うな通知/2つの行動の報告

 ◆ 都教委、実教出版日本史教科書を使うな通知
 本日6月27日、都議会議員選挙後初の会議として注目されていた東京都教育委員会定例会が開催されました。その会議で都教委は、とんでもないことに実教出版の日本史A、日本史Bの教科書(もちろん文科省検定に合格済み)について「国旗国歌法に関して不適切な記述がある」などとして「使用は適切でない」とする見解を議決し、各校長に通知しました。教科書採択に係わって各学校の選定に介入する前代未聞の暴挙であり、強く抗議します。まずは、下記をお読みください。

続きを読む

2013/6/29

都教育委員会定例会報告  
  根津公子です。
 今日の都教育委員会定例会で、「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述した実教出版の「日本史A」「日本史B」を採択しないよう「見解」を出すことを決定したニュースはご存じかと思います。
 私たち、河原井・根津らの「君が代」解雇をさせない会の3名で傍聴したので、その報告をお送りします。

 ◆ 6月27日東京都教育委員会定例会報告

 ● 都教委の考えと異なる教科書は採択させない「見解」を決定
 今日も都庁前チラシ配りをした後、定例会を傍聴しました。
 きょうの定例会は教育委員6名と事務方(都教育庁)が一体となり、都教委の独裁的権力性、暴力性をはばかることなく見せつけるものでした。
 一昨日の東京新聞が、都教委事務方は都民から寄せられた請願の6割を握りつぶしてきた実態を明らかにしてくれたばかり。多少は反省(いや、体面を繕うか)が見られるかと思いながら傍聴に臨んだのですが、いやはや。

続きを読む

2013/6/29

実教出版高校日本史 学校の選択排除  Y暴走する都教委
 ◆ 都教委が「不適切」議決:社会 (TOKYO Web)
   国旗・国歌「見解合わぬ」教科書


 国旗掲揚と国歌斉唱について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記した実教出版(東京)の高校日本史教科書について、東京都教育委員会は二十七日に開いた定例会で「使用は適切でない」とする見解を議決した。
 都教委はこれまで、都立各校に非公式に「記述は都教委の考え方と相いれない」などと伝えていたが、公の場で教科書の使用適否に踏み込むのは前例がなく、反発が広がりそうだ。 (中山高志)
クリックすると元のサイズで表示します
27日、都庁で(東京新聞)

 見解は、今年の教科書採択の対象となる同社教科書「高校日本史A」と「高校日本史B」に国旗国歌をめぐり「自治体で強制の動き」という記述があると指摘。「『国旗掲揚と国歌斉唱の指導を適正に実施することが教員の責務である』とする都教委の考え方と異なる」と問題視した。

続きを読む

2013/6/28

「従軍慰安婦」問題 隠せぬ明白な事実  ]平和
 ◆ 元衛生兵が語る−「慰安婦」とは戦争遂行の具
永野厚男(教育ライター)

 日本維新の会共同代表の橋下徹・大阪市長が5月13日、「日本軍だけじゃなく、いろんな軍で慰安婦制度を活用していた。慰安婦の必要性は誰だってわかる」と放言し、安倍晋三首相も、第1次政権時の2007年3月5日「慰安婦問題で狭義の強制性を裏付ける証言はなかった」と国会答弁。
 第二次世界大戦時、衛生兵の任務として組織的に慰安婦の身体検査をさせられていた引退牧師・松本栄好(まさよし)さん(91歳)に、真相を語ってもらった。

 ◆ 命令された性病検査
 日本基督教会東京告白教会(世田谷)が2月8日、都内で開いた講演会で「戦争犯罪人としての責務」と、自らの体験を語った松本好栄さんに、筆者は取材を続けてきた。

続きを読む

2013/6/28

懲りない橋下、沖縄でレイプ防波堤必要論  ]平和
 ■ 橋下代表 「他国の歴史の指摘も必要」

 慰霊の日に沖縄を訪れた日本維新の会の橋下代表は23日、浦添市で講演会に臨み「戦後、沖縄の女性が防波堤となり進駐軍のレイプを食い止めてくれていた」と発言しました。
 23日に開かれたそうぞう主催の講演会で橋下代表は、米軍に風俗業利用をすすめた発言は「行き過ぎだった」と釈明。
 一方、慰安婦の問題では「日本だけを一方的に批判するのは違う」として戦後、国の指導で作られた慰安所をアメリカ軍も利用していたことなどを指摘。日米地位協定の抜本的な改定を進めるために、交渉で指摘すべきだと次のように述べました。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ