2013/7/6

152人の弁護士による刑事告訴後の記者会見  ]平和
  《澤藤統一郎の憲法日記》から
 ◆ 新大久保ヘイトスピーチ・デモ参加者による傷害・暴行告訴の記者会見で


 弁護士の澤藤です。
 新大久保のヘイトスピーチ・デモ参加者が、そのヘイトスピーチに対して説得・抗議活動を行っていた方に対して起こした傷害・暴行事件の告訴に関して、梓澤和幸弁護士から詳細な意義の説明がありました。私から、本件告訴の意義に関して、若干の補充をいたします。

新大久保排外デモ暴行事件、刑事告訴後の記者会見(6:43)IWJ

 この事件について、ヘイトスピーチの被害者の側に立つことの名乗りを上げた弁護士は150人にも上りますが、その皆が表現の自由をこの上なく大切に思う立場の者ばかりです。しかし、表現の自由とは、本来公権力や社会的強者を批判する言論の自由を保障するもの。表現の自由の美名に隠れて、弱者の基本権を侵害する自由が認められてよいわけがない。とりわけ人種差別発言や民族差別発言で、マイノリティを貶めることは到底許し難い。

続きを読む

2013/7/6

日本の市民の良心の力が度を超した嫌韓デモに対抗した  ]平和
 ■ 嫌韓デモを市民が封鎖、日本の良心がコリアンタウンを守った=韓国

 東京・新大久保で6月30日、「行動する保守」と呼ばれる団体による「在日外国人犯罪者追放デモ in 新大久保」と題したデモと、それに対抗する市民による抗議行動が行われた。複数の韓国メディアが報じた。
 韓国メディアは、「日本の良心がコリアンタウンを守った、嫌韓デモに対峙(たいじ)」、「日本の度が過ぎる嫌韓デモ、韓国学校にまで脅威」などの見出しで伝えた。
 日本の右翼団体が東京でまた嫌韓デモを行ったが、日本の市民の良心の力が度を超した嫌韓デモに対抗したと紹介した。
 デモの開始前から「帰れ」という声が巻き起こり、デモ隊が路上に出ないよう、市民は町角に立ち、道路を閉鎖していたと伝えた。

続きを読む

2013/7/6

経産省前テントひろば 自民党本部国有地無料使用 土地明け渡し訴訟  ]Xフクシマ原発震災
 ★ 土地明け渡し訴訟 第2回口頭弁論 7月22日〈午後2時〉の傍聴をお願いします

 ■ 衆院事務総長を告発へ 経産省前のテント団体

 自民党本部(東京・永田町)に隣接する衆院保有地を、無料で自民党に使わせているのは違法だ、などとして、経済産業省前でテントを張って脱原発を訴えている市民団体側が近く、背任の疑いで衆院事務総長を東京地検に刑事告発することが二十九日、分かった。
 国は市民団体のメンバーを相手にテントの撤去などを求めて訴訟を起こしており、市民団体側は「テントに対しては不法占拠で訴えたのに、特定政党の利益のために国有地の不正な使用を黙認しているのはおかしい」と主張している。
 自民党に対しての告発も検討しているという。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ