2013/8/10

大阪府人事委員会口頭審理〜山田肇:冒頭陳述〜  X日の丸・君が代関連ニュース
 8.6人事委員会口頭審理における「山田肇さんの冒頭陳述」については既に当日配布プリントを掲載していますが、より読みやすいように記事として貼り付けます。また、そのもようを伝える朝日新聞(8/7付)の記事も掲載します。多くの方々に山田肇さんの陳述を知っていただきたいと思います。

  《グループZAZA》から
 ◎ 冒頭陳述書   2013年8月6日 山田 肇


 私は、1975年4月に大阪府・高槻市の小学校教員として採用され、芥川小学校に始まり南平台小学校まで、合計37年間、教師として子どもたちの教育に携わってきました。
 私は、教師として、教育の根本は、仏教で言う『諸悪莫作(しょあくまくさ)、衆善奉行(しゅぜんぶぎょう)』だと考えてきました。つまり、「悪いことはするな。いいことをしなさい」ということです。また、「悪いことは改める」ということです。
 それが、子どもたちに言ってきたことであり、また、自分の人間としての生き方にしようと考えてきました。また、国のあり方についても、「いいことを行い、悪いことは改めて進む」のが正しいと考えてきました。

続きを読む

2013/8/10

堺市長選で決まる橋下の運命  ]平和
 ◆ 9・29 維新の会は消えてなくなる

 橋下徹・大阪市長率いる「日本維新の会」が“本丸”の大阪で赤っ恥をかいた。維新が9月15日告示、29日投開票の堺市長選への出馬を要請していた読売テレビの清水健アナウンサー(37)が5日、出馬拒否を明言したのである。
 幹事長の松井一郎府知事らが「非常によい人物」などとさんざん持ち上げていたにもかかわらず、袖にされた格好。全国から候補者が殺到した昨年末とはエライ違いだ。裏を返せば、維新の“お膝元”である関西でも勢いが止まったということだ。

 その上、重要なのは、維新にとって今度の堺市長選は単なる首長選ではないということ。堺市は維新の会共同代表の橋下徹・大阪市長がブチ上げた「大阪都構想」の一角を担う。市長選で負ければ都構想そのものが頓挫する。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ