2014/1/11

根津公子の都教委傍聴記(1/9)  X日の丸・君が代関連ニュース
  《根津公子の都教委傍聴記 第12回(2014.1.9)》
 ◆ 「はだしのゲン」に関する請願にまともな論議なく「回答」を決定


 「はだしのゲン」の「教育現場からの撤去」を求める請願が議案になっていたことから、今日の傍聴希望者は、定員20名のところに26人、6人が傍聴できなかった。私も外れだったが、「傍聴記を書くんだろう」とFさんがご自分の当たり券を譲ってくださった(感謝)。
 木村委員長は今日も冒頭、「議事進行を妨害した場合は退場を命じる。法的措置をとる」と言い、さらに、「前回、退場の際に大声を上げたことがあった。これも妨害行為である」と付け加えた。傍聴者を排除する議事運営はますますエスカレートする。
 議題は、上記した「請願に対する回答について」の議案と2件の報告(@平成25年度いじめの実態及び対応状況の把握のための調査結果について A東京都の児童・生徒の体力の状況について)、非公開議案が懲戒処分案件であった。乙武委員は欠席。

続きを読む

2014/1/11

うつけんニュース第6号(2014年1月10日号)  Y暴走する都教委
 ★ 新しい東京を、始めよう。

 みなさん、こんにちは。
 この数日、寒い日が続きましたが今日は寒さも和らぎました。
 明日はいよいよ事務所開き。多くの方の参加をお待ちしています。
 「うつけんNews」第6号(2014年1月10日号)をお届け致します。

 いつも貴重なご意見、そして応援ありがとうございます。
 ※緊急のメッセージは、office@utsunomiyakenji.comまでお送りください。
     ────・○●CONTENTS●○・────
     1.サポーターズ会議で、アイデアぞくぞく!
     2.1月12日(日)宇都宮けんじ希望政策フォーラム開催
     3.いよいよ! 事務所開きのお知らせ!
     4.討論会・メディア出演・USTなど
     5.1/8キックオフ集会での「忘れ物」一覧
     ──────────────────────


続きを読む

2014/1/11

教育と教科書への思想統制が強化されようとしている  ]Vこども危機
  《子どもと教科書全国ネット21ニュース》から
 ◆ 「教科書改革実行プラン」の意味を歴史的に考える
石山久男(子どもと教科書全国ネット21常任運営委員)

 吉田典裕氏の別稿にもあるように、文科省は11月15日、「教科書改革実行プラン」なるものを記者会見で発表し、文科省が企図する教科書検定制度および採択制度の改定の方向を示した。これらの制度改革は国会で審議される法律にもとづく必要はなく、文科省の一存で「検定基準」の改定などとして具体化されることになる。
 その内容全体については、吉田典裕氏の別稿に譲り、私はそのなかでとくに重要と思われる検定基準改定のなかの一項に関して、戦後の教科書制度の歴史をふりかえりつつ、それがどんな意味を持つのかを考えてみたい。

 ◆ 個々の記述の適否とは無関係に不合格
 「教科書改革実行プラン」の記者発表資料のなかの「教科書検定基準等の改正」の項目に次の一項がある。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ