2014/1/12

日仏閣僚協議で、フランス外相、靖国参拝問題に言及  ]平和
 ■ 仏外相、日中改善促す (時事ドットコム)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014011000010

 【パリ時事】フランスのファビウス外相は9日、日仏外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)後の共同記者会見で、安倍晋三首相の靖国神社参拝に中国などが反発していることに関し「日中関係の改善が重要で、過去を乗り越える姿勢が必要だ」と述べた。
 ファビウス氏は靖国参拝をめぐる日本と中韓両国の対立解消に向け「民主的議論が必要で、他国の声に耳を傾けなければならない」と指摘。ただ「国家の機微に絡むデリケートな問題だ」と踏み込んだ言及は避けた。
 一方、岸田文雄外相は会見で「平和国家としての日本の歩みに全く変わりはない」と強調した。(2014/01/10)

 ■ 中国が歴史問題で日本批判「日本とドイツの対応に天と地ほどの差」―中国メディア

続きを読む

2014/1/12

教科書統制を強化する検定基準の見直しに反対する共同アピール  ]Vこども危機
大阪の会のIです。 転送・転載大歓迎です。

 ◆ 教科書検定基準見直し反対の共同アピールにさらにご協力を!

 近隣諸国条項を事実上撤廃し、「国定教科書」をめざす教科書検定基準の見直しに反対する共同アピール運動の賛同が広がっています。
 今日の段階で個人賛同が385名、団体賛同が77団体となりました。
 教科書や教育、日本軍「慰安婦」問題、歴史認識に関わる団体・個人に加えて、反原発のグループなどにも広がって来ています。
 現在の賛同団体・個人は以下のアドレスで見ることができます。
http://kyoukashoosaka.blog39.fc2.com/blog-entry-87.html

 締め切りを1月20日としています。是非、まだの方は賛同をお願いします。
 また、様々なところに拡散をお願いします。

続きを読む

2014/1/12

編集、検定、採択の3段階で教科書に対する国の統制を強化  ]Vこども危機
  《子どもと教科書全国ネット21ニュース》から
 ◆ 来年度検定提出の中学校教科書で「検定基準の変更」
吉田典裕(子どもと教科書全国ネット常任運営委員
日本出版労働組合連合会教科書対策部長)

 ◆ 文部科学省「教科書改革実行プラン」を発表…国の統制を強化するもの
 下村博文文部科学大臣は11月15日、「教科書改革実行プラン」(以下「プラン」)を発表し、来年度の検定申請のために現在編集が進められている中学校用教科書(2016年度から使用)から適用すると述べました。紙幅の都合上、詳しい分析をすることはできませんが、きわめて重大な制度変更を含んでいると言わなければなりません。
 「プラン」は、その目的について「バランス良く記載され、採択権者が責任をもって選んだ教科書で子どもたちが学ぶことができるよう、教科書の編集・検定・採択の各段階において必要な措置を講ずるとともに、各手続を積極的に公表していくことによって、より国民全体の理解を得られるような教科書作りを目指す」としています。
 しかしその本当のねらいは、次に見るように、編集、検定、採択の3段階で教科書に対する国の統制をいま以上に強化しようとすることにほかなりません。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ