2014/1/26

「日の丸・君が代」問題等全国ネットの形成へ<その2>(25)  X日の丸・君が代関連ニュース
 <転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「新芽ML」の渡部です。
 スイスの▲ ダボス会議(1月22〜25日)での、安倍首相の発言が国際的に問題になっています。二つの発言を紹介し、批判したいと思います。

 (1)靖国問題について
 ・「大変な誤解がある」
 ・「いわゆるA級戦犯を称揚するためではない。そこには戦争のヒーローがいるのではなく、戦争に倒れた人々の魂があるだけ。憎しみもないし敵意もないし、人を辱めようというつもりはない。」
 ・「二度と再び戦争の戦禍で人々が苦しむことのない世界を作りたいという思いだ。」

 全く手前勝手な論理です。
 どこに彼の靖国参拝について「大変な誤解がある」というのでしょうか。
 まるで、橋下氏の「従軍慰安婦問題」に対する言い方と同じです。
 間違っているのは自分ではなく、誤解している方だというのです。

続きを読む

2014/1/26

誕生日会見で憲法を遵守する立場を強調した天皇の思い  ]平和
  <週刊文春2014年1月16日号『THIS WEEK 社会』より>
 ◆ 天皇の憲法発言に秘められた 安倍政権への強いメッセージ 


 「わが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」
 恒例の新年一般参賀でこう述べられた天皇のご表情は、とてもにこやかで新春にふさわしい晴れやかなものだった。
 だが、80歳の傘寿を迎えられた昨年 12月の誕生日会見 に臨まれた際のお顔は、少し趣が違うものだったという。

 宮内庁担当記者が語る。
 「会見での陛下のお言葉からは何かを伝えようという強いご意志が感じられました。ご発言には、安倍政権を意識されているのでは、と思われる部分が随所にありました」
 会見で天皇は、人生で特に印象に残ることとして「先の戦争」を挙げ、「日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました」と指摘。

続きを読む

2014/1/26

中高一貫校問題E  Y暴走する都教委
  《尾形修一の教員免許更新制反対日記から》
 ■ 「中高一貫」と「定時制」−中高一貫校問題E


 中高一貫校問題が大分長くなってきたが、一応直接の問題としては今回で終わり。ただし「スピンオフ」(派生)があるので、若干続けて書くと思う。最後に書いておきたいのは、中高一貫校と夜間定時制課程の問題である。かつて東京のかなり多くの高校で、夜に定時制課程の授業があった。(昼間に学習する高校は全日制課程という。)今、進学指導推進校や中高一貫校には、一つも定時制課程が置かれていない。

 もっと言えば、山手線内の都立高校には一つも定時制課程がない。そうなったのは、中高一貫校を(都立大附属高校に加えて)あらたに9校をつくることを打ち出した、2002年の「新たな実施計画」(第三次高校改革。前回の「都立高校の教科書問題」を参照。)で、多くの定時制課程を閉課程すると決められたからである。つまり「中高一貫校大量設置」「夜間定時制大量閉課程」は、同じ計画で決められた「コインの裏表」である。しかし、そのことの意味は今まで紹介してきた3冊の新書のどこにも書かれていない。そういう問題があるということもほとんど意識されていないと思う。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ